お盆のお墓参りの仕方?知っているようで知らなかったその意味とは!?

スポンサードリンク

8月になると待ちに待ったお盆休みがありますね。

お盆といえば、なんとなくお墓参りにいらっしゃっている方も多いのではないでしょうか?

いざ「なんでお墓参りするの?」なんてお子さんに聞かれても、なかなか答えに窮しちゃいますよね。

今回は、そもそもお盆って何?

お盆にお墓参りするのはなぜ?

といった疑問にお答えしていきます!

そもそもお盆って何なの!?

スポンサードリンク
そもそも、お墓参りはいつだってしていいもの。

ご先祖様を供養して、感謝の気持ちを伝えたり、近況を報告して見守っていただいたりするためにしますよね。

ではなぜお盆は特別な期間なのでしょうか?

それは、お盆とは、ご先祖様があの世(浄土といいます)からこちらの世界に戻ってこられる期間をいうからなんです。

そのため、この期間にお墓参りをするのは、ご先祖様をお迎えしに行ったり、改めて今の自分をあらしめてくれたご縁について感謝したり、またご先祖様をお見送りするためなのです!

お盆は仏教のもの、と一般的に考えられていますが、日本では古くから先祖供養としてお盆のような行事があったようです。

最近でも宗教にかかわらず、お盆には親族があつまったり、お墓参りしたりしますよね。

ご先祖様が戻ってこられて、一緒に過ごす、このことに意味があるのですね!

では、お盆の期間について詳しくみていくことにしましょう!

本当のお盆のお墓参りの意味その1:盆の入り

まず、一般的にお盆の期間は8月(地域によっては7月)の13日から16日まで、とされています。

そこで、初日である13日を「盆の入り」、「迎え盆」といって、まずこの日にお墓参りをして、ご先祖様をお迎えにいくことが良いんですね。

盆の入りである13日の夕方には、「迎え火」というものをします。これには、ご先祖様が迷わずにお家に戻ってこられるように、という意味があるんですよ。

本来はお墓参りをしたときのローソクの火を提灯にうつし、さらに麦わらなどにうつして焚く、というものなのですが、最近では迎え火セットなどが売られていたりもするので、手軽に迎え火をすることができますね。

本当のお盆のお墓参りの意味その2:中日

14日、15日の中日は、法要などが行われることが多いですね。親戚が集まる貴重な機会であることも多いと思いますから、この日にも是非皆さんでお墓参りに行きましょう。

ちなみに、ご先祖様がお家に戻られたなら、お墓参りをする意味が無いのでは?なんて思っている方もいるかも。

実はそんなことはありません!

そもそも、ご先祖様はいつもお墓にいらっしゃるわけではないんです。

ご先祖様は浄土にいらっしゃるので、私たちはお墓の前で手を合わせることで、本尊様にご先祖様の供養をお願いしているのですね。

だから、お盆の期間であってももちろんお墓参りをする意味があるのですよ〜!

本当のお盆のお墓参りの意味その3:盆明け

16日の最終日は、「盆明け」、「送り盆」といって、この日にご先祖様はふたたびあの世へ戻られます。

だからこの日にもまた、ご先祖様のお見送りの意味を込めて、お墓参りをするのが良いですね。

この日には、「送り火」といって、ご先祖様が迷わずに戻れるように、「迎え火」と同様に火を焚きます。

ちなみに、地域によっては送り火の意味で「灯籠流し」をすることもあるみたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

なんとなく過ごしていたお盆の期間。

なにげなくこの期間内にお墓参りに行こう、なんて思っていた方も多いかもしれませんね。

日にちの意味を知ると、今までのお墓参りとは違って、より気持ちのこもったお墓参りができるのではないでしょうか。

今年の夏はぜひ、盆の入りから盆明けまで、本来の作法にしたがってお墓参りして過ごしてみてください!

そうはいっても、忙しくてなかなか時間がとれない方は、もちろん日にちに関わらず、お盆に一度でもお墓参りに行ってご先祖様に感謝の気持ちを伝えるのが良いと思いますよ。

大切なのはお墓参りに行って手を合わせ、今のご縁を感謝する気持ちですね!

お墓参りのお供えに関する正しいマナー!その場で食べるのもアリ?

墓参りの服装で抑えるべきポイントやマナーを大公開!

お墓参りの代行バイトとは?やりたい・やってもらいたいあなた必見情報

スポンサードリンク