喜ばれるお供え物は?実際送ってとても喜ばれたお供え物を教えます!

スポンサードリンク

お盆の季節が近づいてきました。

地域によって決まりが違うこともあり、お盆はなかなか面倒、かつ気を使う…と言う方も多いのではないでしょうか。

中でも、お供え物は特別気を使いますよね。

一体何を送れば失礼にならないのか、どうせ送るなら喜んでもらえるものの方が良い…などなど、悩みの尽きないお盆のお供えものについて、まとめてみました!

喜ばれるお供え物あれこれ!

スポンサードリンク

お供え物は、お線香、お花、蝋燭などの灯明、浄水、飲料といった、「五供(ごく)」という精神のもとに成り立っているそうです。

また、「お供え物を送るほど生活にゆとりがあり、そのゆとりをもたらす周囲に感謝をする」という仏教の教えも、お供え物の中には含まれています。

つまり、お線香、お花、蝋燭、浄水、飲料などを基本とし、かつ感謝を表し喜んでもらえるもの、というのが正しい「お供え物」というわけです。

…と、理屈が分かったところで、五供にのっとり、喜ばれるお供え物をご紹介します!

焼き菓子

老若男女、間違いなく喜ばれるのが焼き菓子のセットです!

日持ちがして、小分けにできるというお供え物の条件をクリアーしていて、かつ小さい子供も喜んでくれるので、まさにマストバイ!

果物

お供え物の定番、果物です!

喜ばれることも多いですが、夏場は傷みやすいので、賞味期限などしっかり確認してから購入しましょう。

水ようかんやゼリー

夏に喜ばれる水菓子は、見た目も涼しげで好感度大です!

ゼリーを選ぶ場合は、色が派手すぎないものを選ぶように気をつけてくださいね。

カステラ

お供え物の中でも定番!

切っていないカステラもありますので、お供え物に選ぶときは、分けやすい小包装のものを購入するのがオススメです。

かりんとう

お年寄りが喜んでくれる上、子供も食べられて、かつ小分け包装というかりんとうも人気のお供え物です。

最近はちょっと変わった味のついたものも発売されているので、一度さがしてみてください♪

落雁

優しい色合い、可愛い形でお供えするには抜群の落雁。

味はただただ甘いだけ…というイメージですが、最近は驚く程美味しいものがたくさんあります。

お下がりをみんなで食べながら、落雁なのに美味しい!と感動を分かち合うのもいいかも?

お線香

食べ物は賞味期限や、好みが難しくてなかなか決められない…と言う方におすすめなのがお線香のお供えです。

普段はあまり使わないような、高級なものを送ってみると、案外喜ばれることが多いようです。

「小包装」「分けやすい」「日持ちがする」という三つのポイントを守れば、喜んでもらえるお供え物が絞りやすくなるのではないでしょうか。

逆に、お供え物としてNGなキーワードもありますのでご紹介します。

★肉や魚など

★トゲや毒のある花

★生もの

★昆布や鰹節など

肉や魚は殺生に関わるもの、殺生をイメージさせるものであるため、お供え物としては相応しくありません。

トゲや毒のあるお花もお供え物には不向きです。

生ものは、夏の時期であるため避けたほうがいいでしょう。

そして、昆布や鰹節などは慶事に通じるイメージがあるため、故人を偲ぶお盆には不適切です。

お供え物の相場は幾らぐらい?

さて、人気のお供え物がわかったところで、最も気になるのが「お供え物の相場」ですよね。

お盆のお供え物の相場は、3000円から5000円くらいです。

のしは郵送の場合は内のしにしましょう。

のし紙に記入する表書きは「御供」「御供物」とするのが一般的です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ただの手土産ではなく、お盆というデリケートな場でのお供え物は、失敗してしまったら…という気持ちが強くてつい身構えがちです。

ですが、喜ばれる三つのポイントと、NGポイントさえしっかり抑えておけば、あとは「これならみんな喜んでもらえそう!」という気持ちで選んでしまっても大丈夫!

みんなで揃って故人を偲ぶお盆。

一生懸命選んだお供え物で、故人も、みんなも喜んでもらえると嬉しいですね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする