ゲームのやりすぎで視力低下するの!?関係性を徹底調査!

スポンサードリンク

最近、子供がテレビゲームで遊ぶようになったけど視力が低下しそう・・・

っと、とても心配になっちゃいますよね!

ところで、テレビゲームって視力低下の原因になるのでしょうか?

今回は、ゲームと視力低下の関係性についてのお話です。

ゲームのやりすぎで視力低下するの!?

スポンサードリンク

ゲームをすると、本当に視力が低下するのでしょうか?

実はこれ、なかなかに答えづらい回答になります。

「視力低下の一因とはなるが、スマホを使うことが原因ではない」

はい、何だかよく分かりませんね。

結論から言ってしまうと、長時間ずっと同じ距離でものを見続ける。

それが視力低下の原因となります。

スマホでも長時間画面を見続ければ、当然視力低下を招きます。

スマホ使用が悪いのではなく、長時間の連続使用が問題なのです。

視力低下は、つまり目のピントを合わせる力の低下です。

また、目を酷使することによって視力は更に落ちます。

眼精疲労は目の健康の大敵です。

過労でダウンする前に適度な休憩を取りましょう。

テレビゲームやパソコンは視力が落ちる!?

テレビゲームやパソコンも同じ事が言えます。

つまり、長時間の連続使用は視力低下を招く訳です。

また、画面との距離が不適切だと、目の疲労が格段に溜まります。

更に、部屋の灯りが暗いのも作業中の目には良くありません。

以下は、視力低下を防ぐポイントとなります。

長時間、画面を見続けながらの作業は避ける

1時間画面を見たら、10分の休憩を取るのが理想です。

ブルーライトカットの眼鏡をかけて作業を行う

また、パソコンモニタ画面の初期設定を適正化するのも効果的です。

画面の明るさだけでなく、フォントも自分に合ったサイズにします。

部屋や机の手元を明るくする。

一般的に勉強や読書で必要な光量は500~1000ルクスです。

専用の電気スタンドを側に置けば、大体は解決します。

気になる方は、無料スマホアプリでも輝度を測定できるようです。

時々目を休ませる。まぶたを閉じてアイケアを行う。

個人的に、蒸気タイプのホットアイマスクは効果的でした。

香り付きのものは、リラックス効果も高いです。

また、目を閉じたまま眼球を動かしてのストレッチも良いでしょう。

眼球は、出来るだけこすったり弄ったりを避ける。

目の付近はデリケートなので、ダメージを与えないようにします。

弄りすぎるとクマや眼病の原因となる場合もあります。

可能なら、時々遠くに視線を移して目を休める。

窓の外の景色を眺めるだけでも効果があります。

読書や勉強の際の姿勢を正しくする。

机や椅子の高さを調節することで正しい姿勢を保てます。

パソコン画面なら、やや見下ろし気味の高さに調節します。

電車内や、寝転んでの読書、ゲームは避ける。

必要な光量が足りない上、不適切な距離で目を酷使します。

その分、眼精疲労が激しくなります。

他にも、眼精疲労を回復する食べ物を積極的に取り入れる。

視力回復に有効と言われるステレオグラムを行う。

などなど、視力低下を防ぐ手段を普段から心がけましょう。

もちろん、ゲームはプレイ時間の上限を決めて守らせます。

眼鏡やコンタクトレンズは管理維持の手間も費用もかかります。

そして、いったん近視になると完治は難しいです。

難しいかもしれませんが、お子さんの視力を守ってください。

まとめ

結局のところは、同じ距離でものを見続ける。

それが、視力低下の最大要因のようです。

目に負担を掛けない姿勢で本や画面を眺める習慣を付けさせる。

ゲームは明るい部屋で行い、適度な休憩を挟んで疲労回復を促す。

そんな小まめな対応で、眼精疲労を溜めさせないようにしましょう。

それが、お子さんを視力低下から守ることになります。

スポンサードリンク