子供の好き嫌いを克服させるには!?好き嫌いが多い大人になる前に!

スポンサードリンク

子供と毎日ごはんを食べていて、できれば遭遇したくないこと。

そう…好き嫌い問題です。

いくらせっせと作っても、とあるものだけ食べないというのは深刻な問題ですよね。

小さく切って混ぜても、すぐに見つけ出して端に寄せたり、吐き出してしまったりと

子供のそういう感知の鋭さには本当に驚きます。

かといって、それを注意しても結局は食べないし、機嫌が悪くなったりと、なかなか対応は難しいもの。

しつけとは言えど、いったいどういう対応をしたらいいのか気になるところ。

では、子供の好き嫌いにどういうしつけをしていけばいいのかご紹介します!

子供の好き嫌いが多いとわがままになる!?

スポンサードリンク

なんとなくイメージ通りというかなんというか。

実際に、好き嫌いが多い子供はわがままな子供が多いというのはよく言われています。

確かに、あれも嫌いこれも嫌いと言っている他人の子供を見ると、とわがままに見えてしまいますよね。

大人でも、あまりにも好き嫌いが激しいと「あれ?」と思いますよね。

ご飯に行くにしてもお店を選ぶのが大変なので、一緒にご飯に行きたくないなと思うことも…。

子供は、嫌いなものを避けてご飯を食べることを注意されないと、

「これでも大丈夫なんだ!」

思ってしまします。

子供はとても素直ですからね。大人みたいに複雑な考え方はしません。

好き嫌い激しさが他の人に知られると「あの家は甘やかしすぎだ」なんて言われることもあります。

「うちの勝手だろ!」と思っても言えませんよね。

実際わがままではなくとも、そうみえてしまうのが世間というもの。

そういうのを避けるためにも、子供の好き嫌いはある程度しつけていく必要があるとも言えます。

あくまでも、親の世間体ではなく、子供の今後のためにです。

子供の好き嫌いを無理やり克服するのはNG!

子育て疲れ切った状態で好き嫌いに遭遇すると、「もうイライラが半端ない!きぃぃぃ!!」となりますよね。

大丈夫です、そういう人はたくさんいます。私もです。

だからと言って、頭ごなしに

「いいから食べなさい!」

と無理やり食べさせるのは逆効果です!

それが子供の嫌な記憶となって、嫌いな食べ物から食べたくない食べ物に晴れて昇格してしましまいます。

これは困りますよね。

今後のためにも。

では具体的にどうしたらいいのか解説しますね!

子供の好き嫌いを克服させるには

お願い作戦「一口食べてみて」

その名の通りです!

「やだ!これ嫌い!」

となってしまった場合、

「とにかく一口だけ食べてみよう?」

とお願いしてみましょう。

「一緒に食べてみよう」と誘ってみるのもいいですね。

無理だった場合は諦めましょう。

無理強いはせずにすぐに引いてください。

そしてまた次の日にお願いしましょう。

もちろん、無理だった場合はすぐに引く。

何回か繰り返していくうちに、ほんの少しずつですが食べてくれるようになりますよ。

根気のいる作戦ですが、焦りは禁物です。

ごはんは楽しく食べよう!

その通りですね。

楽しく食べるのは本来は当たり前のことですが、いつの間にか、子供にご飯を食べさせることがやらされている行為になっていませんか?

子育てで疲れたり仕事が忙しかったり、余裕がない状態になってしまうと

「子供にご飯を食べさせなきゃ…」

という考えになってしまいます。

そんな状態でご飯を一緒に食べても、全然楽しくないし美味しくもないですよね。

食べさせられる子供側にとっても楽しいわけがないです。

難しくいっていますが、発想の逆転。

「きょうは何を食べようか??」など子供に聞いてみると少しは気が楽になるかもしれませんよ。

好きな味や食感を大事に!

子供の舌って意外と敏感です。

好きな味や食感というのはどんな食材に変えたとしてもしっかりと受け入れてくれます。

例えば、ニンジンが嫌いだけど、ぱりぱり食感が好きなら人参チップスみたいに調理することでバクバク食べてくれます。

うちの子供が好きなのはパリパリ食感なので、苦手な野菜類も焼き目をつけてパリパリに仕上げると食べてくれるようになりました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

しつけってどこまで行っていいかわからないですよね。

でも、焦らず行っていけば大丈夫ですよ。

ムキにならず、子供の好き嫌いを治していきましょう!

水分を取りすぎるとこんな症状が!?子供は水中毒に気を付けて!

幼児の便秘解消法!便秘の原因や対策、対処法を徹底解説!

子供のフッ素塗布は危険?幼児がフッ素を塗る必要性を解説!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする