子供や親戚のお年玉は何歳からあげる?いくらあげる?相場は?

スポンサードリンク

お正月の到来!!

親戚で集まって新年を祝いにぎやかな一時となりますね。

さてお正月といえば子供が楽しみにしているのが「お年玉」

しかし逆に大人は親戚に子供が多いと結構な出費になりますよね。

そこで考えるのはいったい子供にいくらあげればいいのか?

また何歳からあげればよいか?

今回はその点を紹介しますのでみなさんもぜひ参考になさってください。

お年玉をあげる時考えることとは?

スポンサードリンク
お年玉を何歳からあげるかという点で、まず初めに考えるべきことは子供がお金の価値がわかるのか?ということです。

私たちにとっては貴重なお金でも価値がわからなければそれはただの紙切れにすぎません。

それでは本当に子供がお金の価値がわかるのかどうか?考える必要があります。

もし価値がわからないのであれば好きな物を与えるのも一つの方法です。

親戚との関係を考えよう

もう一つ考えるべき点は親戚との関係です。

親戚の人がお年玉を用意しているのに自分だけ用意していなければ決まりが悪いですよね。

ですから子供に何歳からお年玉をあげるのかを考える際に参考にすべきなのは親戚の人たちは何歳からお年玉をあげているかという点です。

はっきりしない場合は念のためお正月に親族たちが集まる時、もしもに備えてお年玉を用意し自分のバッグの中にしのばせて様子見で他の方々がお年玉をだしたら自分も出すという方法を取りましょうね。

物を与えるか?

それともお金を与えるか?

という点も親族のやり方を参考にすると良いでしょう。

いずれにせよ普段から親族のしきたりをよく観察することが大切だといえます。

もし、あなたの子供が赤ちゃんの時お年玉をもらったのであれば、礼儀として親戚の子供が小さくてもお返しとしてお年玉をあげましょう。

年齢別・・・何歳からお年玉を子供に上げる?

実はお年玉を何歳から与えるかについては明確な決まりはありません。

考えるべき点は子供がお金の価値がわかるかという点と親族間のしきたりです。

ただ世間一般では何歳から子供にお年玉をあげているのでしょうか?

世間の平均的なデータを見ていきましょう!

0歳から2歳の場合

一般的には必要ないと考える方が多いです。

なぜならこの年齢の子供にお年玉をあげても価値がわからないので、あげるとしてもおもちゃなどが良いでしょう。

3歳の場合

この頃になるとお金の価値が少しずつわかるようになるのでお年玉をあげる親も少しずつ増えてきます。

ただお金としての価値はわかりませんので、あげる・もらうという行為が面白いようです。

4歳から5歳

この頃になるとお金特の価値もはっきりとわかります。

この年代からお年玉をあげる親が多いです。

ただし、上げた・もらったとしてもお金の管理は親がしっかりとしてあげましょうね!

結論としては3歳からもしくは幼稚園に入学した頃から与えるのが一般的です。

お年玉の相場はいくらぐらい?

もう一つ頭を悩ませるのがお年玉はいくらあげれば良いか?という金額の問題です。

ここでも参考にすべきなのは親族の方々です。

親族の方々はいくらあげているでしょうか?

それを参考にするのが一番確実な方法です。

また世間一般的な金額の相場ですが、

・赤ちゃんから3歳は500円もしくはお菓子やおもちゃ

・幼稚園か小学校入学までは1000円から2000円

・小学校低学年は2000円から3000円

・小学校高学年は3000円から5000円

・中学生は5000円から10000円

・高校生5000円から10000円

となっています。

重要な点としてお年玉は多く与えればよいというものではありません。

あくまでも年相応の金額をあげましょう。

お年玉はいつまであげる?

これも考えるべき重要な点です。

はたしていつまででしょうか?

一般的には高校卒業までです。

なぜなら高校を卒業すると多くの子供が働き始めるからです。

ただ高校を卒業して大学や専門学校に進学する方もいます。

その場合は高校の延長でお年玉をあげる方も多いです。

ここらへんは付き合い方によって変わってきますよね!

ちなみに私は高校卒業くらいまではもらっていましたよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

最終的には親族間での意見を参考にしてください。

お年玉多くの子供が楽しみにしています。

子供達が喜ぶ瞬間って、こちらもうれしいですよね!

お年賀(お年玉)どうしよう!?金額別相場が知りたい!!

お年玉はいつあげるのが正しいの!?何日までに渡すのが正解!?

スポンサードリンク