専業主婦でパートで働くのは不安!家事や育児の対処法とは!?

スポンサードリンク

今は専業主婦だけど、少しでも家計の助けになるなら働きたい。

フルタイムは時間的に無理だから、パートを希望。

でも、いざ働くとなったら家事との両立など不安がいっぱい。

子供だって、まだ小さいし……

そんな専業主婦のママさんは多いと思います。

そんな方の参考に少しでもなってくれればと思います。

専業主婦がパートで働くなら家の事はどうする?

スポンサードリンク

働く時間にもよりますが、今まで通りの家事は無理でしょう。

ある程度は、どんな形であろうと手を抜く事をせざるを得ません。

料理の作り置きや時短レシピ、掃除の簡略化などで対応しましょう。

今は便利な家電も数多くあります。

自動掃除ロボットや調理家電は家事を楽にしてくれますね。

洗濯機も乾燥まで行えるものなら干す時間を省けます。

購入費や電気代もかかりますがうまく活用するのも手でしょう。

日々の買い物もネットなどを活用すると時間を有効に使えます。

でも、人にもよりますが、家事がおろそかになるストレスは深刻です。

それが我慢ならないのでしたら、残念ながら仕事は諦めましょう。

また、仕事時間中に子供をどうするかの計画を立てることが必要です。

小さいなら預ける先が必要ですし、周囲に頼るのも限界があります。

専業主婦のママさんは、家事や育児だけに時間を割ける存在です。

その時間を、一日何時間かでも社会に出て労働にあてるわけです。

余程体力があって要領の良いママさんでなければ両立出来ません。

ましてや、完璧などは望めないでしょう。

とは言え現実的なハードルを全てクリアできるなら、メリットもあります。

お金が稼げる、社会との接点を保てる、仕事への誇りが自信に繋がる。

どれを取っても、社会人としては大切な要素です。

専業主婦は家庭のことが優先で社会から取り残されているような感覚に陥ることがありますが少しでも外に出て働くことがいい気分転換になることもありますね。

また、そうやって懸命に働くママさんは素敵な存在だと思います。

専業主婦がパートするならおすすめのお仕事!

専業主婦のママさんが働くとなると、いくつか確認事項があります。

まず、仕事を扶養内に収めるか収めないか。

前者であれば、年収103万以内に給与を抑えるのが賢明ですね。

それを越えると、独自に所得税を払う義務が発生します。

更に仕事を考える場合、まず自分に何が出来るかを確認して下さい。

特技や資格だけでなく、人と接する、簡単な計算などは得意ですか?

それによって、選ぶべき職種も変わってきます。

職場を選ぶ場合にポイントとなるのは、給金と働きやすさですね。

つまり、以下の条件がチェック項目となります。

・時給が良い

働く以上は、もちろん沢山稼げるに越したことはありません。

ただ、条件の良い職場は採用の競争率も高いです。

更に、高時給の分だけ仕事も大変だと考えるべきです。

どこまで折り合えるのかは重要な問題になります。

・就業場所

通勤に掛かる時間が長いと、その分使える時間も減ります。

パートを知り合いに知られたくない場合以外は近所を選びましょう。

・シフトの融通が効く

家の用事や子供の急病など、突発事に休みが取れるかは重要です。

いざという時のために、最初に確認しておきたいですね。

小さい職場でかわりに働ける人が見つからず迷惑をかけてしまうより大きな職場で変わりの人が見つかりやすい職場の方がいいでしょう。

・短時間勤務

フルで働ける時間的余裕がない場合、短時間勤務募集もあります。

金額は稼げませんが、負担は少ないです。

資格や特技を持たない場合、未経験者歓迎の仕事がおすすめです。

仕事内容を一から教えて貰えるうちに、仕事のスキルも身につきます。

なお、最近は在宅で出来る様々な仕事も増えてきています。

ただし、それらの仕事は高度なスキルや経験が必要なものも多いです。

また、主婦でも出来る仕事は基本的にお小遣い程度しか稼げません。

大きな声では言えませんが、詐欺などのトラブルもあると聞きます。

システムがしっかりとしているお仕事を探しましょう。

子供を預けられない方は内職をしている方も意外と多いです。

外に出るよりは稼げないですが少しでもないよりは全然いいですよ。

結局、楽をして稼げる仕事は存在しないと言うことでしょうか。

主婦でも働きやすい条件を満たしやすいお仕事をご紹介

・ファミレスなどのホールスタッフ

ランチタイムだけなどの短時間のパートで働いている主婦の方も多いです。

シフト制ですが働いている人数も多いので多少の融通はききやすいでしょう。

同じような環境の方も多いのでお互いに助け合えるといいですね。

・スーパーなどのレジスタッフ

こちらも短時間働くことが可能です。

近くの店舗を選べば通勤時間もかからず働けます。

ついでに普段の買い物もできちゃいますよ。

・コールセンター

・工場での軽作業

どちらもシフト制で無理なく働くことができます。

コールセンターは話すことが得意でないと難しいと思いますが、工場はあまり人と関わりたくない人にも向いているかもしれませんね。

まとめ

結局、専業主婦のママさんが働くのは様々なハードルがあります。

また、働き始めても独身時代のようには稼げません。

でも、本来は自分が使える筈の時間をパート勤務で働くママさん。

そして、稼いだお金を自分や家族のために使うママさん。

頑張るママさんの姿は、どんな形であろうと、とても素敵な存在です。

主婦のお小遣いの平均額とは?!皆はどのくらい貰ってる?

旦那の給料って平均でどれくらいなの?低すぎでイライラしてる人へ!

子育て夫婦に喧嘩が絶えない原因とは!?夫婦仲や関係を改善する方法!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする