節分の豆まきで落花生をまくって本当!?落花生をまく理由は?

スポンサードリンク

「鬼は外!福は内!」

節分の日にこの掛け声と共に豆をまく風習、

皆さんご存知ですよね。

季節の変わり目である節分の日には邪気が入りやすく、

豆は「魔滅(まめ)」の語呂合わせにもつながることから、

豆を投げて邪を払う風習が広まりました。

豆は一般的に「炒り豆」を使いますが、

地域によっては落花生をまくところもあります。

その理由について探ってみました。

節分の豆まきで落花生をまくのは事実!?

スポンサードリンク
落花生の生産地として有名な千葉県。

この辺りが落花生を使うのかな・・・

と思いきや違いました。

落花生を使って豆まきをするのは

・北海道

・上信越地方(特に新潟県)

・東北地方

・宮崎県

・鹿児島県

と言われています。

もちろん、そのほかの地域でもご先祖に上の地域に住んでいた人がいて、

その風習が受け継がれるなどして落花生をまく家庭もあるでしょう。

実際、私の知り合いの実家がそうでした。

では、なぜ豆まきに落花生を使用するのでしょうか。

冒頭でもお伝えしたように豆は「魔滅(まめ)」の語呂合わせから、

邪を払うのに適しているからです。

また、穀物は生命力の塊で、

邪を払う力を持っているともされています。

豆は「魔滅(まめ)」でもあり、

穀物でもあるので、邪を払うのにぴったりなんですね。

以上の理由から実はお祓いをした豆であれば

小豆でも枝豆でも問題ないようです。

つまり、落花生を使っても問題ないということですね。

で、この落花生を使用する理由としては諸説ありますが、

やはり一番の理由は後片付けが楽だから!というところでしょう。

落花生をまく地域の特徴として、

北海道、上信越地方、東北地方は雪が積もりやすくなっています。

雪の上に大豆・・・考えただけで後片付けが大変そうですが、

雪の上に落花生・・・簡単ですね!

宮崎県や鹿児島県で落花生をまく理由は、

落花生が特産品だからと言われています。

同じく生産地として有名な千葉県では

落花生を使わないのに不思議なものです。

これは私個人の見解ですが、

南九州地方は桜島の火山灰が積もることがあります。

雪ほどではないでしょうが、

やはり掃除がしにくいということもあるのでしょうか。

興味深いところです。

また、落花生をまく理由として豆まきをした後も

拾って食べられるという利点もあるからでしょう。

落花生は殻付きなので拾った後も

食べることができ片付けにもなるので一石二鳥です。

豆まき以外の節分の風習

炒り豆にせよ、落花生にせよ「鬼は外、福は内」の豆まきは

多くの人が経験していたり認知度の高い風習でしょう。

節分の日の風習として、

豆まき以外で他にも何かないか調べてみました。

<恵方巻き>

大阪にある伝統ですが、全国的にある昔からの

伝統というわけではないようです。

この恵方巻きとは何か簡単にご説明しますね。

その年の吉兆方位と言われる方角を向いて途中で

しゃべることなく太巻き寿司1本を食べきると

願い事がかなうと言われています。

太巻き1本ってけっこうな量ですよ!

我が家では納豆の細巻きでごまかしています。

もはやルール無視ですね。

願い事なんてかなうのでしょうか。笑

お寿司業界が販促目的で広めているようで、

西日本には浸透しつつありますが、

東日本ではまだ知られていないこともあるようです。

<柊鰯(ひいらぎいわし)>

焼いた鰯の頭を柊の小枝に刺して玄関に飾る風習です。

「鰯の匂いは鬼が嫌いな匂い」

「柊の葉は鬼の目を刺す」

ということから鬼を寄せ付けないと言われています。

でもこの風習を知らない人が見たらびっくりしますよね?

猫のエサかと思われるのでは!?

<節分そば>

節分の日にそばを食べるという風習です。

意味としては年越しそばと同じようですね。

節分も年越しも、節目です。

やはり節目にそばを食べるのは縁起が良いのでしょうね。

まとめ

どのような風習であれ、邪(鬼)を払い

福を呼ぶという目的は同じです。

私は小さい頃から豆まきをした後に、

年の数だけ豆を食べていました。

さすがに成人してからは年の数だけ豆を食べる、

というのはやめました。

だって、今食べたら・・・すごい数ですよ!?

もう豆だけでおなかいっぱいになる上に、

恵方巻きを食べるなんて、おなかが大変なことになりますよ。笑

みなさんもそれぞれの地域や家庭の風習を

大事に福を内に招いてくださいね。

恵方巻きの方角って誰が決める?恵方巻きの方角の決め方とルールを解説!

豆まきっていつやるの!?正しいルールや由来を解説!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする