結婚式の服装マナーとして男性はビジネススーツはNG?

スポンサーリンク

社会人になって、初めて招待された結婚式。

まず、どうしようかと考えるのが、

 

「何を着ていこう?」と服装のことかと思います。

 

「普段来ているビジネススーツでもいいのかな?」

 

なんて考える人は多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、結婚式にビジネススーツで出席するのは

マナー違反なのかどうかを調べてみました!

 

 

結婚式の服装マナー!男性のビジネススーツはあり?

スポンサーリンク
「ビジネススーツ」とは、吸汗速乾性に優れていたり、しわがつきにくい、動きやすいなどの作りになっていたりします。

主に仕事用に着用するのによいと位置づけられているスーツですが、実は結婚式に着用するのは、問題ありません。

 

なので、答えはアリです!

 

ただし、黒の無地・濃紺・ダークグレイなどの落ち着いた色のもの、目立たないストライプ柄のものに限ります。

 

 

ライトグレーや明るい色・派手な色のスーツは、新郎とかぶってしまう可能性があり、かつカジュアル感もありますので、結婚式には向きません。

 

 

あくまでも、主役は新郎・新婦です。

 

結婚式は、新郎・新婦にとって、一生心に残る大切な思い出となりますので、しっかりとマナーをまもり、新郎・新婦を引き立てましょう。

 

結婚式でどんな服装ならマナー違反にならない?

 

いつものビジネススーツをいつもとは違うフォーマル感を出すように、ネクタイやシャツ

小物で差をつけるようにします。

 

ネクタイ

白、シルバーグレー、白地に黒い柄がよいでしょう。

ピンクや水色などの明るい色のネクタイも着用OKです。

 

※不幸を連想する「黒」や、殺生を連想させるアニマル柄はNGです!

また、蝶ネクタイは、夜の式や披露宴に限定したほうがよいでしょう。

 

 

シャツ

「無地の白」がおすすめです。

 

ただし、比較的カジュアルな式の場合は、淡い色合いのカラーシャツを着用し

ても問題ありません。

 

襟は、レギュラーカラー、ワイドカラーを選びましょう。

 

結婚式に着用しない方がよいカラーは、「ボタンダウンシャツ」や、

襟が短い「ショートポイントカラー」になります。

 

カジュアルなイメージになり、結婚式にはむきません。

 

 

ベスト

ベストを着る場合は、ジャケットと同じ色か、

グレーを選びましょう。

 

 

スーツやシャツと同様にマナーがあります。

 

ひも付きの「黒い靴」がフォーマルですが、カジュアルな式の場合は

ブラウンでもよいでしょう。

 

靴の形は、「ストレートチップ」か、

何もデザインが入っていない「プレーントゥ」の紐靴がふさわしいです。

 

※動物柄のものや、ブーツやハイカットのものはさけたほうがよいでしょう。

また、靴の先に小さい穴のあいた「メダリオン」デザインの靴は

カジュアルなので避けましょう。

 

 

靴下:ミドル丈の「黒」が基本です。

 

カジュアルな式の場合は、多少の柄はOKです。

※白いソックスはカジュアルなので避けましょう。

 

 

カフスボタン

お好みで着用して構いません。

 

 

ポケットチーフ

お好みで着用して構いませんが、

よりフォーマル感がでて華やかな印象になります。

 

まとめ

結婚式の服装には、いろいろなマナーがあり、

気を付けなくてはいけない点がたくさんありましたね。

 

 

また、落ち着いた色のビジネススーツは着用OKとはいっても、

クタクタにくたびれているスーツで、いつものネクタイ、

そして、くたびれた靴に、いつもの大きなビジネスバッグ・・・

 

これでは、マナー違反というか、仕事帰りについでによった感じになり、

新郎・新婦やそのほかの招待客に、

不快な思いをさせてしまうかもしれませんね。

 

 

結婚式当日にあなた自身が恥をかかないためにも、

服装のマナーはしっかりと守り、すてきな結婚式を引き立てましょう。

 

結婚式はスーツと礼服どちらで出席する?笑われる前にチェックすべき!

結婚式のご祝儀が払えないときに試したい解決方法とは!?

結婚式の受付マナー!依頼されたら挨拶方法や受付の流れは覚えるべき!

スポンサーリンク