小学校の卒業式の祝電は手作りで感動的に!例文や作り方を徹底解説!

スポンサードリンク

卒業式といえば、感謝の気持ちを伝える日として特別なものです。

今は、思いを込めた黒板アートなども大変人気で、生徒から先生、親へ贈り物をすることも多くなってきました。

逆に先生や親からお祝いを伝えるのに今注目を浴びているのが手作りの祝電(祝辞)です!

しかし、「どう作ったらいいのか?」「どのように郵送したらいいのか?」と悩んでしまいますよね…

そこで“手作りの祝電”について詳しく調べてみました。

小学校の卒業用の祝電の手作り方法!

スポンサードリンク
「難しそう…」と思われがちですが、意外にも工作を作るような感覚で簡単にできます!

まずは準備するものから一緒に確認していきましょう。

【準備するもの】

・台紙となる色紙や画用紙

・ハサミやカッター

・のりや両面テープ

・飾りに使いたい物

まるで図工の時間のようですが(笑)

これだけで十分作れます。

つづいて、どのようにして祝電を作っていくのかタイプ別に3つご紹介します。

【祝電の作り方】

パソコン

通常、電話で依頼するものと同じように、台紙を半分に折り、メッセージカードのように作っていきます。

パソコンのイラスト素材サイトなどを利用すると簡単で華やかなものが作れます。

こんな感じのイラストを挿入するだけで華やかさが全然違ってきますよ!

イラストサイトはこちらのサイトが種類豊富でよく使われていますのでぜひ見てみてくださいね!

もちろん著作権フリーで商用利用も可能なイラストですので、安心してください。

いらすとや

他には子供たちとの思いでの写真を入れたりするのもいいですよ!

さらにマスキングテープや祝電の表紙をうまく飾り付ける方法も注目されています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね!

シールやフェルト

先ほど言ったように台紙をメッセージカードのようにしていきます。

ぷっくりシールやフェルトを花の形に切ったものなど、ボリューム(厚み)のあるものを貼ることで、お祝いの華やかさをだす方法もあります。

100均などでもフェルトやかわいいデザインのシールがたくさんありますよ。

ポップアップカード

表紙を開くと立体物が飛び出す仕掛けがついているものです。

よくカードや絵本でも見かけますよね。

ポップアップカードはさすがに買わないとダメだと思われがちですが、実は手作りでできます!

むしろ、手作りができないと思われていることが多いので、手作りで作成したら相手の感動はかなりUPです!

しかも、作り方さえ知ってしまえば、難しい事はなにもありません。

少し細かい作業もありますが、紙を切って貼り付けていくだけなので、ぜひ挑戦してみて下さいね!

手順をわかりやすくまとめている動画がありますので参考にしてください!

上記の動画で使われている桜の花びらの型紙はこちらでダウンロードできます。

是非パソコンでプリントアウトして使ってくださいね!

桜の型紙はこちら

大きく3つに分けてご紹介しましたが、全部の要素を合わせながら祝電を作るのもOKです!

好きなようにアレンジできるのが手作りの良い所ですよね。

祝電・メッセージを書く時のポイントは!?

卒業式は今までの子供たちの成長を喜び、これから明るい未来への旅立ちを祝う場です。

そのことを意識しながら5つのポイントを抑えると書きやすいです。

  • 小学生でも理解できる言葉
  • 子供たちの活躍を期待する内容
  • 生徒、子供との思い出
  • 保護者へのお祝いの言葉(必須ではありません)
  • 受けもった時の学年や担任名

親からの場合は少し大人な扱いをする文章の書き方をすると自覚も芽生え、伝わりやすいです。

また、今からご紹介する例文にポイントを入れながら、自分流の言葉にしていくのもいいですよ!

小学校の卒業用の例文をご紹介!

【親から子供へ】

(例1)

○○へ

卒業おめでとう。

6年間本当によく頑張りました。

4月から中学生になって、新しい生活が始まりますが頑張り屋さんの○○なら大丈夫!

お父さんお母さんはいつも○○を応援しています。

(例2)

○○へ

小学校卒業おめでとう。

6年間あっという間でしたね。

嬉しかったこと、楽しかったこと、いっぱいあったと思います。

小学校でたくさん学んだことを胸に、中学生になっても勉強に運動に頑張ってください。

(例3)

○○へ

卒業おめでとう。

小さかった〇〇が春からは中学生ですね。

たくさん学んで成長してくれたことを嬉しく思います。

これからも○○らしく笑顔で元気に過ごしてください。

新しい中学校生活を楽しんでね。

【先生から生徒へ】

(例1)

ご卒業おめでとうございます。

保護者の皆さまにも心よりお祝い申し上げます。

4月からいよいよ中学生ですね。

勉強にスポーツに思いっきり頑張ってください。

皆さんの活躍を期待しています。

(例2)

ご卒業おめでとうございます。

たくさんの思い出が詰まった6年間でしたね。

泣いたり笑ったり、楽しいクラスでした。

いざという時の団結力がすごくて驚かされました。

思い返すと、先生も皆さんから教えてもらうことも多かったように思います。

この学校で学んだことを忘れずに、夢に向かって羽ばたいていってください。

(例3)

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

初めて先生になって受けもった生徒が皆さんでとても心に残っています。

これからも人に優しく、感謝の気持ちを忘れずに頑張ってください。

皆さんの輝く未来が幸せいっぱいでありますようにお祈りいたします。

他にもこちらで記事にしていますのでご覧くださいね!

手作りの祝電を郵送する時に気をつけることとは!?

電話でお願いするのとは違って、自分で学校へ持っていくか郵送しなければいけません。

その時に気をつけること2つをご紹介します。

  • 卒業式午前中に届くようにきちんと確認しておく
  • 祝電であることがわかるように封筒に記しておく

『○○学校 御中 卒業生への祝辞在中』のように郵送する場合は、この2つのことに忘れないようにしてくださいね。

もし事前に知り合いの先生などがいたら送ることを一言伝えておくのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新しい門出のお祝いは思い出に残るものにしたいですよね。

手作りの祝電は子供たちの記憶に残っていくと思いますよ。

今春、卒業を迎えるお子さま、生徒がいる親御さんや先生おめでとうございます!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする