ウッドチップはドッグランに一番適しているって本当!?愛犬家必見

スポンサードリンク

かわいい愛犬のために、庭にドッグランを作ってあげたい。

犬が元気に走り回るためには、どんな素材を使ったらいいのだろう?

今回はそんなお悩みをお持ちの皆さんに、ドッグランにおすすめの素材、「ウッドチップ」についてご紹介していきたいと思います。

その他のおすすめ素材などもご紹介していますので、ドッグランを作る際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

ドッグランに敷くのはウッドチップが一番いいのか!?

スポンサードリンク

ウッドチップとは、木材を細かく砕きチップ状にしたもののことです。

素材は杉やヒノキなどの針葉樹や、桜などの広葉樹が使われています。

様々な種類の木材が使用されており、中には防虫効果などが期待できるものもあります。

ドッグランにウッドチップを敷くことのメリットとしては、

走り回るわんちゃんの足への負担軽減

比較的安く購入でき、ほぼメンテナンスは必要ない

消臭効果や防虫効果が期待できる

雑草の発生を抑えることができる

足が汚れにくい

などが挙げられます。

ウッドチップは種類が豊富なため、求める効果や価格に合わせて購入することができます。

またウッドチップは元々白アリの発生しづらい素材であるのですが、販売されているものの中には、さらに防虫加工を行っているものもあります。

そんなドッグランに最適かと思われるウッドチップですが、使用する際のデメリットもあります。

劣化するので1~2年ごとに交換が必要

わんちゃんが食べてしまうことがある

トゲのあるものが混ざっていると、わんちゃんが怪我をする恐れがある

人が直に歩いたり座ったりできない

などのデメリットがあります。

価格の安いウッドチップの中には、トゲのあるものなどが混ざっている粗悪な商品もあります。

購入の際には価格だけで決めるのではなく、信頼できるお店か、商品の質は良いかなど、よく下調べをしてから購入することをおすすめします。

ウッドチップ以外にはどんな素材がおすすめなの?

ドッグランにおすすめな素材として、ウッドチップをご紹介してきましたが、他にもドッグランに適している素材はあります。

こちらではそれぞれの素材の特徴や、メリットとデメリットも合わせてご紹介していきたいと思います。

天然芝

天然芝とは、生きた植物を使って作られている芝生のことです。

芝生を作る際は、使う植物を1種類で統一する場合と、いくつかの種類を混ぜて作る場合があります。

基本的には、高温で湿気の多い環境に強い日本芝を使用することが多いようです。

こちらの天然芝のメリットとしては、

導入費用が安い

景観の変化を楽しむことができる

手入れ次第では数十年持つ

などが挙げられます。

デメリットは、

定期的にメンテナンスの費用がかかる

冬は景観が悪くなる

日当たりの良い場所にしか適さない

などがあります。

お庭の景観を楽しみたいという方には良いかもしれませんが、メンテナンスに時間や費用をかけられないという方には不向きかもしれません。

人工芝

ポリエチレンなどの合成樹脂を使用し、天然芝に似せて作られた芝生のことです。

種類が豊富で、芝の短いものから長いものまで色々選ぶことができます。

メリットは、

どこでも施工が可能で基本メンテナンスは不要

クッション性が高い

景観が変化しない

泥汚れが付きづらい

などが上げられます。

デメリットは、

丈夫だが劣化はする

交換が必要

などが上げられます。

天然芝に比べると、人工芝の方が手軽で取り入れやすいと思われます。

またドッグラン用の人工芝なども販売されているので、そちらを使用するとより飼っているわんちゃんに適したものが見つかるかもしれません。

バークチップ

こちらはウッドチップの一種で、ウッドチップよりも1つ1つが大きく、丸みをおびた形が特徴です。

薄茶色のウッドチップに比べ、バークチップは赤や茶色などの色味が多く、ガーデニングなどでも使用されています。

メリットとしては、

サイズが豊富

トゲができにくい

広い面積に敷くことができる

などがあります。

デメリットは、

飼っているわんちゃんの足のサイズに合うものを選ぶ必要がある

劣化するので交換が必要

などが挙げられます。

バークチップはわんちゃんの足のサイズに合ったものでないと、走りにくくて足の負担となったり、怪我の原因となったりする恐れがあります。

そのため小型犬や大型犬などを多種飼いされている方には、あまり適した素材とは言えないかもしれません。

まとめ

飼っている犬種や環境、ドッグランを設置する場所やメンテナンスにかけられる時間や費用によって、適している素材も変わってくると思います。

それぞれのメリットとデメリットを比較し、わんちゃんにピッタリの素材を選んであげてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする