靴の乾燥剤なら100均で!プチプラ便利グッズの実力を検証!

スポンサードリンク

靴の臭いが気になったことはありませんか?

特に一日中靴を履くビジネスマンの靴は、意外と臭いが付くもの。

マナーやエチケットの観点でも、臭いは取り去ってしまいたいですよね。

また、臭いがするということは菌の繁殖も考えられるので、衛生面でも気をつけないといけません。

100均で売っている靴の乾燥剤はにわかに注目を集めていますが、その効果のほどはどうなのでしょうか。

100均の靴の乾燥剤をピックアップしてみました。

靴の乾燥剤の100均商品を実力とともにご紹介!

スポンサードリンク

そもそも何故靴が臭うかということですが、足の裏にかいた汗と共に、足の裏の角質が剥がれ落ちて靴にたまり、汗による湿気で細菌が繁殖。

簡単に書くとこんな感じです。

ということは、足に汗をかくたびに綺麗に洗えば臭いは防げますが、現実的ではないですよね。

そこで登場するのが100均に売っている乾燥剤です。

「靴の脱臭除湿剤」(DAISO(ダイソー))

以前は違う名前で販売されていた、ロングセラー商品です。

実際使用したことがありますが、効果は絶大です。

しかも4足分(8個)入っているので、プチプラ便利グッズと呼ぶにふさわしいと思います。

購入するまでは、ビジネスシューズを天日干し、ドライヤーで乾かすなどしていましたが、臭いが完全に取り切れずにいました。

この商品を使ったところ、何と一晩で臭いが無くなったのです。

これは感動しました!

その日を境に毎日入れるようにしたのですが、1週間くらいで気が付いたことがあります。

1日履いただけでは臭わなくなったことです。

その日に付いた湿気や臭いを取り除くだけではなく、靴の中に臭いが付きづらくなったのです。

臭いの予防が出来るという点で考えてもよい商品だと思いました。

「bamboo charcoal(脱臭・防湿 靴・下駄箱用)」(Seria(セリア))

おしゃれなパッケージに入っていて、パッと見ただけでは乾燥剤とは分かりづらいです。

この商品の優れている点は、乾燥・消臭・脱臭に絶大な効果を発揮するのはもちろんですが、繰り返し使えるという点。

使用後に天日干しをするだけで何度も使えます。

名前の通り、材料には「竹炭」が使われています。

竹炭は有害物質を撲滅する力に優れ、臭いの吸収にも優れています。

また、カビや害虫の繁殖を防ぐ効果もあって、靴には嬉しい効能がたくさん詰まっています。

ちなみに、この商品で靴を一足分乾燥させるには2個必要なので、購入の際には注意しましょう。

靴の乾燥剤としてシリカゲルも使える!

乾燥剤としてポピュラーなものとしては「シリカゲル」があります。

お菓子の中などに入っていて、皆さんにもお馴染みでしょう。

湿気を防ぐものであることに間違いはありませんが、単独で使用しても効果には限界があります。

合わせ技で使用すると「シリカゲル」はその効果を発揮します。

湿気の強い状態や完全に濡れてしまった靴は、「シリカゲル」を入れる前に新聞紙やキッチンペーパーなどで大まかな水分を取り除きます。

新聞紙は昔から伝わっている方法ですが、筆者としてはキッチンペーパーを使うのがお勧めですね。

新聞に比べて吸水力が強いですし、破れにくいことがメリットです。

そのキッチンペーパーなどで取り切れない水分を取ってくれるのが「シリカゲル」です。

少し湿っているような状態の靴に一晩入れておくと、その水分はシリカゲルが綺麗に取ってくれます。

シリカゲルは繰り返し使えるので、経済的にも嬉しいですね。

繰り返し使うには、天日干しをするか電子レンジで温めるなどの方法があります。

熱を加えることでシリカゲルは水分を放出するので、温めると繰り返し使うことが出来ると覚えておくのがよいでしょう。

ただ、消臭効果はほとんどありませんので、臭いが気になる人は、完全な消臭は期待できませんが、レモン水などをあらかじめ吹き付けた上で、シリカゲルを使うとよいと思います。

まとめ

100均の乾燥剤はとても効果的で、コストパフォーマンスもとても高いと思います。

靴での使用方法を記載しましたが、食器棚などにも使えるので、購入してみる価値はあるでしょう。

また、シリカゲルは合わせ技で使うとより効果を発揮します。

お手軽に試すことが出来るので、ぜひやってみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする