湿気で広がる髪にはトリートメントを!ひと手間加えて目指せ美髪!

スポンサードリンク

湿気が多い梅雨の時期など、「髪が広がってしまう…」という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そのお悩み、トリートメントの仕方を替えてみると改善するかも!

今回は、髪が広がるのを防ぐトリートメントの方法や、おすすめのトリートメントを紹介します。

湿気で広がる髪を抑えるトリートメントの方法って?

スポンサードリンク

おでかけ前にしっかりヘアセットしたのに、湿気で髪が広がってしまったり、うねりが発生したりすると、せっかく頑張ったのに…ってがっくりしてしまいますね。

湿気で髪が広がったりうねったりするのには、理由があります。

カラーリングやブロー、アイロンなど、普段行っているヘアセットが原因で、髪の表面に傷が付いてしまうことがあります。

「キューティクルが壊れる」という言葉を聞いたことがあると思いますが、そうなると、髪の毛の内部の水分が抜けてしまいます。

髪が水分不足のままだと、いくら綺麗に整えても、キューティクルが壊れている部分から空気中の湿気を吸収することで、髪全体が広がってしまったり、うねりが発生したりするのです。

キューティクルを保護するために、上手にトリートメントを使いましょう。

正しい方法で髪をコーティングすることで、湿気から髪を守ることができます。

髪を洗うときは、あらかじめしっかりとお湯で汚れを洗い流しましょう。

髪の汚れをある程度落とすことで、少量のシャンプーでもしっかりと泡立てることができます。

シャンプーをたくさん使うのも、髪にダメージを与えることになってしまいます。

シャンプーを1プッシュ手にとったら、しっかりと泡立ててから頭皮を洗うイメージで洗いましょう。

このとき、爪を立てて洗うと頭皮や髪を傷つけてしまいますので、指の腹でやさしく洗うよう気をつけましょう。

シャンプーを十分に洗い流したら、トリートメントがしっかり髪に行き渡るよう、一度タオルで余分な水気を切ります。

トリートメントは傷みやすい毛先から、中心、根元の順に付けていきましょう。

なるべく頭皮には付けないようにするのがポイントです。

髪全体になじませたら10分放置しますが、このとき蒸しタオルなどで包むと、より効果的です。

最後に洗い流して終了です。

この手順で髪を洗えば、トリートメントの成分が髪の奥まで浸透し、髪の毛をしっかりコーティングすることができます。

今使っているトリートメントも、さらに効果がアップしますよ!

さらに髪の広がりが気になる人には、湿気で広がりがちな髪にぴったりのトリートメントを紹介します。

湿気で広がる髪におすすめのトリートメントを紹介!

雨のち、さらり。トリートメントジェル

こちらは洗い流さなくていいタイプのトリートメントです。

外出前や、タオルドライのあとになじませ、乾かすだけでしっかりと効果をもたらしてくれます。

普段忙しい人や、自分が使っているトリートメントの香りが好きだから買い替えたくない!という人にもおすすめです。

雨のち、さらり。ヘアトリートメントジェル | うれしいコトうれしいモノ | うれしいコトうれしいモノ
https://fan.liberta.net/item/nonplex/other/576/

ベネゼル 湿気ブロックミスト

こちらはスプレータイプのトリートメントです。

なんといっても洗い流さないのが魅力的!

スプレータイプなので、外出先で天気が急変したときも、シュー!とスプレーするだけでOK!

1本常備しておきたいですね。

湿気ブロックミスト | ヘア関連商品 | ダリヤ
http://www.dariyacosme.com/hair_line/venezel/straight/haircare02/

CUTI FIX 形状記憶トリートメント

こちらは形状記憶してくれるというすぐれもの!

これを使ったあとにドライヤーで乾かすと、その熱によって形状記憶され、翌日になってもしっかりとキープしてくれます。

これなら夜のうちにケアしておけば、時間がない朝も安心ですね。

ヘアケア|ビアント(Buoyant)(画像をクリックすると説明が出ます)
http://www.cosmetic-aida.jp/buoyant-hair-care.php

まとめ

いかがでしょうか。

湿気が多い日に髪が広がってしまうと、気分も落ちてしまいますよね。

最近は機能性に優れたヘアトリートメントも揃っているので、自分に合うものを使って、天気を気にせず外出を楽しみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする