服の収納の仕方がうまくいくルール!知って得するマル秘テク!

スポンサードリンク

みなさん、クローゼットはスッキリと片付いていますか?

服がたくさんあってごちゃごちゃ・・、取り出しにくくてすぐに散らかる・・

なんて方はいらっしゃいませんか?

今回はそんな方々にぜひおすすめしたい、服がすっきりとしまえる収納のルールについてご紹介したいと思います。

ポイントをおさえるとうまくいく服の収納の仕方のルール

スポンサードリンク

それでは早速、収納のルールについてご説明していきたいと思います。

ルール1 服はハンガーにかけて収納する

服は基本的に、ハンガーにかけて収納することをおすすめします。

ハンガーにかけることによって、服がしわになったり型崩れしたりするのを防ぐことができます。

また、クローゼットを開けた時に服が探しやすく、しまう時には、ハンガーにかけるだけでサッとしまうことができます。

この時ポイントとなるのが、空間に余裕をもって収納することです。

あまりギュウギュウにかけてしまうと、服にしわがついてしまったり、服同士が密着して取り出しにくくなったりします。

服をかけて収納する場合には、少し隙間をあけるようにしましょう。

ルール2 分けて収納する

服を見やすく探しやすく収納するためには、種類別に分けて収納するのがおすすめです。

ただかけて収納するよりも、どこになにがあるか把握しやすくなり、よりいっそう使いやすくなります。

ざっくりと色別に分けるのも良いですし、色で分けてさらに素材で分けるなど細かく分類するのも良いと思います。

空間をしっかり区切りたい方は、丈の長さ別に分けるのもおすすめです。

色々試してみて、あなたが使いやすいと思う分け方で収納しましょう。

ルール3 引き出しは立てて収納する

ニットやしわになりにくい素材の服は、たたんで収納するのもおすすめです。

この時のポイントは「重ねる」のではなく、「立てて」収納するということです。

引き出しの中に重ねて収納してしまうと、下の服が見えづらかったり、無理に重なった服を取り出そうとして、引き出しの中がぐちゃぐちゃになってしまったりなど、使いづらくなってしまいます。

服を立てて収納すれば、探しているものが上から見て一目でわかり、スッと引き抜くだけで簡単に取り出すことができます。

そのため引き出しに収納する際は、衣類を立てて収納するようにしましょう。

服のたたみ方のポイントにつきましては、次の項目で詳しく説明しておりますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

さらに収納ケースをうまく活用する方法はこちらを参考にしてください。

服の収納の仕方はたたみ方がポイント

引き出しの空間をうまく活用するためには、服のたたみ方がポイントになってきます。

それでは引き出しにすっきりとおさめるための、2つのポイントをご紹介したいと思います。

ポイント1 四角くたたむ

服をたたむ際には、引き出しの深さに合わせて四角くなるようにたたみましょう。

引き出しの深さに合わせることで、スペースを無駄なく使うことができます。

同じ場所にしまう服は、同じ大きさになるようにたたむと見た目もスッキリと見やすくなります。

また柔らかい素材や倒れやすい服をしまう場合には、仕切り付きの収納ケースを使うか、ブックエンドなどを活用すると取り出しやすくなります。

ポイント2 かさばる物は丸めて

ニットなどのかさばる服は、くるくると丸めて収納するのもおすすめです。

丸めて立てて収納することで、上から服が見やすくなり、片手でも簡単に取り出すことができます。

かさばる服だけでなく、タイツやストッキングなどの小物類も丸めて収納すれば、引き出しの中で迷子になってしまうこともありません。

丸めて収納する際にも、引き出しの高さを意識しながら丸めるようにするとぴったりと収まり、空間をフルに活用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したルールや、ポイントに気を付けながら収納していけば、今まで散らかりやすく使いづらかったクローゼットも、きっと使いやすく大変身するはずです!

スッキリと片付いたクローゼットで、朝の洋服選びをもっと楽に、おしゃれをもっと楽しんでいきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする