幸せな家庭とは?幸せな家庭を築きたい人必見です!

スポンサードリンク

幸せな家庭とは?

いったいどういう風な状況であれば幸せというのでしょうか。

人それぞれの価値観に違いはあるものの、幸せになりたいと願うのは人間としての本能みたいなものです。

では幸せな家庭にあるものとないものを探ってみましょう。

幸せの家庭の特徴とは?

スポンサードリンク
家庭というのは男女が結婚して子供が生まれて・・・という風に家庭が作られます。

経済的に裕福というような物質面も非常に大事な部分ではありますが、何よりも「安心感がある」「安らげる」といったような精神面での満足度が高い方がより幸せと思えるように思います。

では、幸せな家庭の特徴とはなにかをあげていきますね!

・いつも家族が笑顔で過ごしている。

・子供の成長が喜ばしい。

・夫や妻のお互いの信頼関係が成り立っている。

・経済的にも困らない水準で生活している。

・安心感がある。

・常に安らげる場所がある。

・家族で協力して時には団結力がある。

などなど、あげればいろいろと出てきます。

経済的に裕福でなくても家庭に帰ると家族がいつも笑顔で生活しているので幸せと思える人もいれば、逆に経済的に裕福ではあるが家族のつながりが薄くバラバラな生活をしていて信頼関係も薄いという人もいます。

どれが幸せな家庭と思えるかと言えばそれこそ人それぞれの価値観となるのです。

物質面と精神面の両方が満たされていれば、人は幸せと感じることができると思います。

幸せな家庭の逆!不幸な家庭とは!

では、不幸な家庭とはどんな家庭なのでしょうか?

・家族との会話がない。

・家族間の信頼関係がくずれている。

・家庭に帰ってきてもなんだか落ち着かない。

・家族間の価値観を押し付ける。

・経済的にも余裕がない。

・個人が尊重されていない。

などなど、こちらもあげればたくさん出てきますね。

つまり、不幸な家庭とは幸せな家庭の反対なのです。

ここにいくつか挙げているないものをなくす努力をしないと、あるものに到達することができません。

幸せな家庭という定義があるわけでもなく、決まったスタイルがあるわけではないのですが心ある人間が意図的に作ろうと思えば作ることもできますし、あるものを崩して行くことだってできます。

例をあげますとこの人となら幸せな家庭が築けそうと思って、ある女性が結婚をします。

結婚したばかりは、お互いの遠慮もあってかズバズバはっきりした物の言い方はしませんでした。

ところが、5年、10年と年数を重ねるごとにお互いが相手に対してはっきりとした言い方に変わってきました。

ちょっと、あんまりじゃない?その言い方。

と思えるようなことが頻繁に起きるようになりました。

といった具合にこのように年数がたてばお互いの遠慮はどこへやらといった感じに変化していきますね。

この時点で、夫婦お互いが今の家庭の状況に満足しているのか、いないのかはわかりませんが、決定的な原因がない限りは仕方ないと思うかもしれません。

もしくは我慢しながらも家庭の中での他の点で、満足感を得るようにしているのかもしれませんね。

まとめ

幸せな家庭にあるものとないものについて見てみましたが、いかがでしたか?

どういう風な状況であれば家庭が幸せなのか?

人それぞれの価値観に違いはあるものの、幸せになりたいと願うのは人間としての本能なのです。

物質的に満たされたいのか、精神的に満たされたいのかというのも人間は選択の自由があるので自分自身で選択することもできます。

でもそれで幸せになれるのでしょうか?

幸せを掴むという言葉があるくらいですから幸せ家庭は、やはり自動販売機から出てくるものではないので、自分や家族となる人たちと一緒に作り上げて努力を怠らないことが大事なポイントになると思いますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする