寝返り返りで頭からぶつけるのは平気?いつも頭を打つのが心配!

スポンサードリンク

人間は起きている間に体を動かすことで発生した歪みを治します。

眠っている間には寝返りを打ったりしながら治すのだそうです。

子どもの寝相が悪いのは日中に激しく身体を動かした結果なのだと聞いたことがあります。

だから、赤ちゃんだって実は寝返りをうつことで体が楽になるのですね。

とりあえず、赤ちゃんにとって寝返りを打つ、つまり、あおむけの状態からうつぶせになるのは、それほど難しいことではありません。

けれど、育児用語で寝返り返りと呼ばれる、うつぶせの状態からあおむけに戻る動作は、まだ自分の体をうまく動かせない赤ちゃんにとってはとても難しいことなのです。

さらに、赤ちゃんが寝返り返りのたびに頭をあちこちにぶつけるのを見てしまっては、ママだって、本当に大丈夫なのかと心配になって当たり前です。

そこで今回は、寝返り返りについてお話ししましょう。

寝返り返りで頭から打つのは平気?

スポンサードリンク

実際のところ調べてみると、寝返り返りに対して同じような心配をしたママに、先輩ママの

みなさんや小児科のお医者さまは、寝返り返りで床に頭をぶつける位なら問題はない

答えています。

赤ちゃんは寝返り返りで頭をぶつけて火が付いたように泣くことがあります。

でも頭をぶつけて痛過ぎて泣いているというよりも思っていたような動きができず頭もゴツンとしてしまって驚きが大きくて泣いていたりします。

寝返りは新しい視界が開けて楽しかったのにまた回ってみたら思ったのと違う・・・という感じでしょう。

または回る気はあまりなかったのに頭が重く支える力もまだ弱いので気づいたら頭をゴツン・・・。

まだまだ思い通りに動くことができない赤ちゃん。

手はかかりますがかわいいですね。

むしろ赤ちゃんにとっては、高い場所からの落下、ストーブなど熱いものとの接触、または家具など固いものに激突することの方がはるかに危険だとの回答が目立ちました。

ただし、寝返り返りをする場所の近くに固いもの、例えば机の脚や柱などがある場合は、そのような場所自体が元から赤ちゃんにとっては危険な場所なので、充分な注意が必要ですね。

寝返りができるようになってきた赤ちゃんを寝かせる場所の周りは広めに安全にしてあげましょう。

いくら多少頭を打ったくらいは大丈夫と聞いてもあまりに頭を打ったら見ている親もヒヤヒヤです。

まずは柱などのないところにあまりゴツンとしないように布団などを広めに敷いといてあげましょう。

また、寝返りができたら移動もできるので赤ちゃんが手にしたら危ないものもないようにしっかり注意しましょう!

正しい寝返り返りの練習方法は?

さて、寝返り返りは赤ちゃんが自分の体を楽な状態にするために行うものですので、うまく出来ないままだと赤ちゃんのストレスがたまり、夜泣きやぐずりの原因にもなりかねません。

寝返りだけして戻れないと苦しくて泣く・・・でも何度戻してもまた楽しいから寝返りをする。

そしてまた泣く・・・。

寝返りを覚えたばかりの赤ちゃんとママのエンドレスな戦いは続きます。

戻れないと赤ちゃんもストレスですが実はママも大変なんですよね。

だから、どうしても寝返り返りがうまく出来ない赤ちゃんには、ママが、ちょっとだけお手伝いすることで、きちんとマスターさせてあげましょう。

まずは周囲の小さなものを片付け、柔らかすぎない清潔な布団を用意して赤ちゃんをうつぶせに寝かせます。

やがて、赤ちゃんがもじもじと動き出したら、頭を右か左のどちらかに向かって最大限にそらした時を狙い、そっと、そらした方向に押してあげます。

この時、赤ちゃんの腕はまっすぐな状態を保って下さい。曲がった状態だと、そこで動きが止まって寝返り返りがうまく行きません。

そして、さらに積極的な訓練を行いたい場合は、同じようにうつぶせ状態で寝かせた赤ちゃんの腰のあたりに手をやり、左右にゆっくりと揺らしてあげます。

やがて赤ちゃんが最大限に体をそらした時に、そっと、赤ちゃんが体をそらした方向に、倒すように押してあげます。

その際は力を入れず、あくまで赤ちゃんの動きの補助として手をそえる感じで行うと、赤ちゃんが怪我をする心配もありませんね。

赤ちゃんは、自分が産まれてきたこの世界で、とても短い間で本当にたくさんのことを覚えなければいけません。

けれど、そうやって覚えながらいろいろなことが出来るようになれば、さらに赤ちゃんの世界は広がり、成長していくのです。

だから、赤ちゃんのママも、そんな赤ちゃんを優しく見守りながら、どうしてもうまく出来ないことには、そっと手助けをしてあげて欲しいものです。

まとめ

ずっと昔は、カメラで撮った写真を分厚いアルバムに収納しておくのが、子どもの成長の記録でした。

やがてホームビデオが登場し、画像だけでなく動画も保存できるようになり、さらに現在はそんな画像や動画をインターネットで世界中に配信できるようになりました。

今回の寝返り返りについて調べている際も、結構な数の可愛らしい赤ちゃん画像を閲覧しながら、この赤ちゃんが大人になって、もしも自分の動画を閲覧する機会があったらどんな反応を示すのだろうか、などと一瞬だけ考えてしまいました。

幼児の歯磨きは何回が正解?実は回数よりも質が大事だった!?

ハイハイ赤ちゃんの遊べるおススメの場所!都内で子連れでも行けるお店5選

歯を磨かないで寝ると大変な結果に!?危険すぎる虫歯菌とは!?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする