ペットのために暖房つけっぱなしにする?留守はどうする? 電気代のかからない暖房器具もご紹介

スポンサーリンク

冬の間の、ペットのお留守番。

寒くないように暖房をつけてあげたいけれど、24時間暖房つけっぱなしは電気代が…。

長時間の留守番になると、ストーブは換気ができなし、安全面も心配!

 

そもそも、ペットのために、留守の間も暖房をつけっぱなしにする必要があるの…?

今回は、犬・猫の飼い主さんに向けて、暖房の必要性や、おすすめの暖房器具をご紹介していきます!

 

ペットのために暖房つけっぱなしにするべき?

スポンサーリンク
ずばり犬・猫の種類や、おうちの環境によります!

 

寒さに強い犬・猫もいれば、そうでない子もいるんですね。

日本でよく飼われている犬・猫でいえば、このように分けられます。

 

 

寒さに強い犬寒さに弱い犬
ハスキー

日本スピッツ

柴犬

秋田犬

ゴールデンレトリバー

ラブラドールレトリバー

チワワ

トイ・プードル

ミニチュア・ピンシャー

ヨークシャー・テリア

イタリアングレーハウンド

 

寒さに強い猫寒さに弱い猫
ロシアンブルー

ノルウェージャンフォレストキャット

スコティッシュフォールド

サイベリアン

ベンガル

スフィンクス

アビシニアン

シャム

 

基本的に、寒い地方で生まれた犬・猫や、ロングコート(毛の長い)の犬・猫、体の大きい犬・猫は比較的寒さに強いと言われています。

 

特に犬でいえば、室内犬として飼われていることの多い小型犬は、寒さに弱い場合が多いようです。

しかし、おうちの環境やその個体によっても体質があるので、一概には言えません。

 

ペットの気持ちが知りたい…!言葉を話せたらいいのに…。

私もよく、そう思ってました!

 

では、ペットは寒いとき、どのようなサインをみせるのでしょうか?

 

冬のペットの寒いというサイン

ペットが寒いときには、どのような反応を見せるのでしょうか?

 

縮こまって動かない

体をきゅっと丸めて、外気に触れる面積をできるだけ小さくして、体の熱が逃げないようにするためです。布団の中など、温かい場所をみつけて、縮こまっていることもありますよね。

 

ぶるぶる震える

体の筋肉に力をいれて、筋肉で熱を作ろうとする動きです。

小さい犬種ほど、このサインが見られることが多いようです。

 

水の飲む量が減る

冷たい水を飲むと体が冷えてしまうので、水を飲みたがらなくなることがあります。

ペットがしっかり水を飲めているか、確認しておく必要がありますね。

 

このようなサインがみられたら、ペットは寒さを感じているのかもしれません!

 

安全で省エネなペット暖房器具をご紹介

ここからは、安全で省エネなペット暖房器具をご紹介していきます!

 

ペット用ヒーター

ペット用品店で販売されている小型のヒーターや、ホットカーペットです。エアコンなどの暖房器具に比べ、電気代は比較的安くすむようです。

 

 

こちらを使用する場合は、ペットが暑くなったら涼める場所も確保しておく必要があります。ペットのゲージいっぱいのサイズのヒーターを敷くといったことはやめましょう。

 

湯たんぽ

ペットベッドの近くに湯たんぽをおいて、温めるという方法です。

 

 

湯たんぽを使用する場合は、ペットが火傷してしまわないように、カバーをしたりタオルを巻いたりしましょう。

また、長時間の使用になるとお湯が冷めてしまい、逆に冷やしてしまうことになりかねないので、使用時間に注意しましょう。

 

冬用のペットベット

比較的暖かいおうちにお住まいの方であれば、これだけでも暖かく過ごせるようです。

 

 

ドーム型になっているベッドに、断熱材やブランケットなどを敷いてあげるといいですね。ベッドを嫌がって入ってくれないという場合は、ゲージに布をかぶせだけでも防寒対策になりますよ!

 

エアコン

エアコンはつけっぱなしだと電気代が心配…という方も多いですよね。

でも、エアコンは起動時にたくさんの電力を使い、電気代がたくさんかかるんです。

お留守番の時間が短い場合は、つけっぱなしでもそれほど電気代には影響しません。

 

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

 

まとめ

スポンサーリンク
大切な家族の一員であるペット。

できるだけ快適に過ごさせてあげたいですよね。

 

電気代よりも、暖かさを優先してあげたいという方は、ペットがいる家庭でも使用できるストーブも販売されていますので、チェックしてみてくださいね。

安全に、快適に、でも電気代はお安く!色々工夫してみるのもいいかもしれませんね。