一人暮らしの生活費はいくら?社会人女性なら知っておきたい費用!

スポンサードリンク

社会人となって「いよいよ1人暮らし!」と言う女性は多いと思います。

ですが、「1人暮らしをするのに生活費って毎月いくらかかるんだろう……」と悩む声も多いです。

家賃を抜いても水道代や光熱費、他にも食費などを考えると頭が混乱するかと思います。

なので今回は社会人女性ならばぜひとも知っておきたい、1人暮らしの生活費はいくらなのかについて、とことん迫っていきます。

一人暮らしの生活費は?社会人女性のシミュレーション!

スポンサードリンク
まず社会人女性として一体「1ヶ月の生活費はどれぐらいかかるのか?」これは大きな問題です。

あらかじめ知っておくのは非常に良い事ですが、実は1ヶ月の生活は社会人女性だとかなりかかります。

一体どのぐらいかかるかと言うと、1カ月あたりでなんと19万円程かかるのが平均で、いくら節約したところでも15万円以内におさめるのが精いっぱいだと言います。

では一体何にそこまでお金がかかってしまうのか、詳しく調べたところ、こう言った事で月に19万円近くかかってしまうそうです。

・家賃 40,000~70,000円

・食費 20,000~40,000円

・水道光熱費 10.000円前後

・通信費 10,000円前後

・被服費、美容費 10,000~25,000円

・医療費 8000円前後

・交通費 10,000円前後

・他(雑費、娯楽費など) 40,000円前後

被服費や美容費の他にも娯楽費などを削ればいくぶんか安く済みますが、光熱費や水道代、食費に家賃の他に通信費や医療費と言うのはどうしてもお金がかかってしまいます。

交際費なども考えると、月々の出費もまたゆらいできます。

こればかりは社会人女性だからかかるものであって、削る事は中々難しいです。

また食費も外食をするかしないかによっても関わってきますし、通信費もスマホやパソコンの使いようによってはさらに違ってきます。

なので月々状況によっては、どこをどう削るかが生活費のやりくりをする上で非常に重要で、「今月はどれぐらいお金がかかるかな…」と常に頭にいれておく事が必要です。

社会人女性がすべき一人暮らしの生活費の節約術!

ではまず生活費を節約する前に大事なのは、社会人として出費と収入の比例です。

いくら貯金があったとしても、収入に見合わない生活をしていれば、いつか破産する事は目に見えている事です。

なので節約術を知る前に大事な事は「自分は収入に見合った生活をしているか?」と言う事を重点に置きましょう。

ではそれを踏まえて、世の中の社会人女性は一体どんな節約術をしているのか5つ程紹介します。

家賃だけでも大きな節約に!

社会人女性の1ヶ月収入の20パーセントから25パーセントを占めているのは家賃で、平均的には4万円から7万円が妥当になります。

ですが、職場からどれぐらいかかるのか?

交通の便はいいのか?

スーパーや病院などは近くにあるのか?

と考えていくだけで、交通費などは確実に削れます。

なので、事前に上手く物件を選んでいくのも生活費を削るのに大きな効果があります。

食事は自炊で節約!

社会人になると忙しくて、仕事でクタクタ……となると、料理は極力したくないと言うのが多くの女性の本音だと思います。

しかしコンビニ弁当や外食よりもスーパーで食材を買って自炊すれば、いくぶんかですが節約にはなります。

なので「面倒くさい…」で済ますのではなく、節約のためならば常日頃から自炊する癖をつけるべきです。

通信料も節約できる分は節約を!

最近の女性はスマホをいじる傾向が強いです。

SNSの他にもアプリの利用は今私たちの生活にはかかせませんが、この通信費を抑える事で、これも大きな節約になります。

目安としてはスマートフォン代は2000円、パソコン代は4000円に抑えると大きく変わってきます。

小まめに電気は消すべき!

食費や通信費の他に節約できると言ったら光熱費や水道代です。

病院の通院費や交際費というのは中々削れないので、自分の生活の中で上手くやりくりするのが節約上手というものです。

なので常に電気はこまめに消す、お風呂の残り湯は洗濯に回すなどの知恵を使いましょう。

雑費も上手く削れば節約に繋がる

「趣味に関してなどにお金を使いたい!」と言う人は多いと思います。

しかし、やはり社会人として出費と収入を見合うのは大事な事です。

なのであまりにも高価な買い物や日々の無駄遣いをしていては、せっかく別の面で節約をしていても、それでは意味がありません。

物を買うとしてもたまにご褒美で買ったり、カラオケに通ったりするのもほどほどにしましょう

まとめ

社会人となって1人暮らしをするとなると非常に大変ですが、慣れてくると「1人暮らしでも十分に趣味も満喫できる」などとの声もあります。

出費と収入を考えていくのは最初はひどくストレスになりますが、何事も慣れが大事です。

毎日きちんと考えていけば、その生活にも慣れてきます。

社会人となった以上、大人としてしっかりお金の自己管理が出来るようになると見えてくる世界も違ってくると思います。

スポンサードリンク