クローゼットの湿気は開けっ放しにすれば解消されるって本当?

スポンサードリンク

室内の湿気に悩んでいる家庭はかなり多いですよね。

特に梅雨の時期などはさらに湿気が増して、室内の衣類や湿気のたまりやすい場所のカビも心配になります。

特に密閉されがちのクローゼットなどは、湿気も溜まりやすく中の衣類が心配になりますよね。

ですがエアコンをフル稼働させると電気代が心配。

よってお財布に優しい湿気対策をまとめてみました。

クローゼットの湿気対策にはお財布にやさしい開けっ放しが有効!?

スポンサードリンク

湿気がたまる要因は「空気の流れが悪い」が一つとして挙げられます。

部屋の隅々の空気の流れをよくする方法としては、エアコンや扇風機を動かすのが手っ取り早いですが、経済的でしかも手間いらずの方法があります。

それが「クローゼットの開けっ放し」です。

基本的にクローゼットは、衣類を保管する場所として使われているので、扉を閉めていることが普通だと思います。

タンスや押し入れを開けっ放しにしないことと同じです。

扉を開けっ放しにすることで空気の流れがよくなり、湿気が逃げやすくなります。

来客の目につかないクローゼットであれば、常に開けっ放しでもいいと思いますよ。

ただクロ-ゼットを開けっ放しにしていれば解決する問題ではありません。

問題は家そのものの空気も重要になります。

晴れた日などは、1日に2回程度窓を開けて外の空気を取り込み、家の空気もリフレッシュさせることが必要です。

その空気をクローゼットにも取り込むことで、湿気を逃がすことが出来ます。

ここで注意して欲しいのが、クローゼット内の衣類のかけ方・置き方。

衣類が平積みになっているとか、ハンガーにかかっているものの、隙間なくかけられているようでは、空気が衣類の隙間を抜けることが出来ず、その部分の湿気が取り除かれません。

結果としてカビの発生要因にもつながります。

平積みは極力止めると同時に、ハンガーにかける際は衣類の間は保つようにしましょう。

スペースを節約するため、一つのハンガーに2枚・3枚と衣類をかける場合もありますが、このかけ方も止めた方がいいでしょう。

すぐに着るものであればそのようなかけ方もありですが、長期間保管する場合は、湿気の溜まる場所を作ることにつながります。

私の家は、クローゼットを開けっ放しですが、ホコリの心配もあったので、昔使っていたレースのカーテンをぶら下げています

全てを覆ってはいませんが、ホコリが気になったことはありません。

また木造の建物と鉄筋コンクリートの建物では、湿気の発生度合いが違います。

コンクリートには水分が含まれていて、そこから水分が染み出ます。

それが湿気の原因となるので、鉄筋コンクリートの家に住んでいる人は窓を開ける以外にも、扇風機などを適宜回すことをお勧めます。

クローゼットの開けっ放しの他にも!経済的な湿気対策をご紹介

経済的な湿気対策は数多くあると思いますが、筆者の家で実際に実践し、効果が出ているものをご紹介したいと思います。

それは「重曹」を使います。

その「重曹」には種類があって“医薬用” “食用“ ”工業(掃除)用”が主な種類です。

使い方はいたって簡単。

口(重曹が出ている面)の広い容器に重曹を200グラム程度いれて、湿気の溜まりやすい場所へ置く。

ただこれだけです(笑)

当初は掃除用のものを使っていましたが、猫を飼うようになってから、食用の重層に切り替えました(誤って口にしても安心)。

さらに面にキッチンペーパーをかぶせるようにもしました。

猫が手をかけないようにするためです

キッチンペーパーをかぶせても効果に差は出ません。

キッチンペーパー自体空気を通すので。

調べると重曹を除湿に使うことを紹介している人が結構いますが、おしゃれな皿や小鉢などを使っていました。

私の家ではお菓子を食べ終わった後のプラスチック容器や、総菜が入っているような容器などを使っています。

来客の目に触れるような場所ではないので、その程度の入れ物で済ませています。

湿気の度合いにもよりますが、2週間程度を目途にして重曹を入替しています(水分を吸っているのが見た目で分かります)。

その重層はそのまま生ごみに捨てています。

重曹は消臭効果も持っているので、嫌なゴミの匂いも消してくれます。

重曹だけで完璧に除湿をしてくれるというわけではありません。

除湿器と併用していますが、重曹を置くようになってからは、除湿器を使う回数はグッと減りました。

 

あくまでも「経済的」という観点で書きました。

もう少しお金をかけると様々な手法がありますが、これが一番効果を期待できると思います。

「新聞紙を置く」「凍らせたペットボトルを置く」と言った手法もあり実践してみましたが、効果を実感したことはありません。

1か月300円程度の出費ならば、経済的と言えるのではないでしょうか。

こちらの記事も参考にしてくださいね!

まとめ

湿気が多いということは、人にとってももの(衣類)にとっても決して良いものではありません。

最近のエアコンは性能もよく、消費電力も抑えられているものが多いですが、それでも電気代は気になりますよね。

経済的に除湿できるのなら、それに越したことはないでしょう。

スポンサードリンク