色つきリップの人気ランキング!高校生マストアイテム一覧を大公開!

スポンサードリンク

学校ではメイクは禁止!

だけど、放課後くらいはちょっとでもメイクして可愛くなりたい!

そんなオシャレ女子高生のマストアイテムには色つきリップがおすすめです。

口紅ほど色が濃くなくて、ナチュラルに仕上がる色つきリップ。

ドラックストアなどに行くとたなに並ぶリップの種類の多さに迷ってしまいますよね。

いざ買ってみると、ほとんど色がつかなかったり、発色はいいのに香りが強かったり・・・。

そこで今回は「色つきリップの高校生人気ランキング」と「色つきリップの香りもチェック」をご紹介します。

色つきリップの高校生人気ランキングは?

スポンサードリンク
それでは、色つきリップの女子高生に人気の商品をご紹介!

制服に合う色つきリップとなると、あまり色の濃い派手なものは合いませんよね。

プチプラでほんのりと発色するタイプが人気です。

1位~ニベア ナチュラルカラーリップ ブライトアップスウィートピンク~

堂々の第1位はニベア!

光拡散パウダーを配合し、荒れた唇や縦ジワをカバーしてくれます。

発色はナチュラルな仕上がりなので、校則の厳しい女子高生も安心して使えます。

さらにさらに!

UVカット成分や保湿成分も配合されているので、毎日ぷるるん唇で過ごせるから嬉しいですね!

2位~キュレル リップケアクリーム ほんのり色づくタイプ~

2位は、敏感肌の方にもおすすめなキュレル!

香料を使用していないアルコールフリーですので、唇が荒れる心配はありません。

やわらかいテクスチャーなのでぬりやすく、うるっとした唇になれます。

ほんのり色つく程度なので、ナチュラルメイクにぴたりです。

3位~バーツビーズティンテッドリップバーム~

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バーツビーズ ティンテッド リップバーム ハイビスカス 4.25g
価格:1404円(税込、送料別) (2018/3/11時点)

3位は、唇が荒れにくいと評判のティンテッドリップバームがランクイン!

シアバターやヒマワリ種油などが配合された保湿性抜群のリップなんです。

1度の塗りでは軽く色つく程度ですが、何度か塗り重ねると徐々に色ついてきます。

シーンに合わせて色味を調節できるので、幅広い世代の方に人気があります。

色つきリップを選ぶポイントは!?

プチプラで気軽に楽しめる色つきリップですが、何をポイントに選べばいいのでしょうか。

色つきリップといっても様々なものがあります。

発色の良いもの

色つきリップは、ナチュラルな仕上がりを目指しすぎたあまり、何度縫っても色がつきにくいタイプのものもあります。

発色しないと、ただのリップクリームですよね(笑)

テイスターがあればテイストし、色の付き具合をチェックしましょう。

保湿成分が配合されているもの

蜂蜜やワセリン・シアバターまどの成分が入っていると、唇の保湿に一役買ってくれます。

しっかり保湿をして、ぷるっぷるの唇を維持しましょう。

テクスチャーが柔らかく塗りやすいもの

リップクリーム自体が固いと、塗る際に唇に負担がかかってしまうこともあります。

柔らかく塗りやすい、唇に優しいタイプを選ぶといいですね。

UVカット成分が配合され紫外線対策になるもの

意外と忘れがちな唇の紫外線対策。

ケアを怠ると日焼けをして、荒れる原因になってしまいます。

スティックタイプかチューブタイプか

スティックタイプの方が種類が多いですし、塗りやすいです。

チューブタイプは、つやっぽくプルンとした唇になります。

こちらは使ってみて、好みのタイプを選んでもいいですね。

色つきリップの香りもチェック!

発色も大切ですが、塗った時の香りも重要ですよね。

甘すぎたり、強すぎるような香りでは、せっかくの自然なメイクも台無しです。

そこで人気を集めているのは、チェリーの香り。

ほのかに香る甘酸っぱい香りは、メイベリンやニベア、キャンメイクなどの人気メーカーでも上位にきています。

強すぎないナチュラルな香りは、女子高生にピッタリですね。

さらに、色付きリップで唇が荒れてしまう方にはこちらの記事がおすすめです!

まとめ

校則が厳しい高校生だって、放課後くらいは女性らしさをアップして、ちょっとでも可愛く過ごしたいですよね。

色々試してみて、自分に合った色つきリップを見つけてください。

くれぐれも、色つきリップをつけたら唇が荒れた!なんてことにならないように。

配合されている成分をチェックしてから塗ってくださいね。

塗るだけで華やかな気分になる、とっておきの色つきリップがみつかりますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする