ハイブランドジュエリーでワンランク上を目指そう!一覧を大公開!

スポンサードリンク

女性であれば一度は憧れてしまうハイブランドはたくさんあります。

ルイヴィトンやグッチ、ハリーウィンストンなどの海外ブランドから、ミキモトなどの日本で有名なハイブランドは「持ってみたい!」と言う気持ちがあると思います。

特にハイブランドジュエリーは、女性にとっては憧れの的ですが、なにせハイブランドなため、かなり高価なのが難点です。

なので今回、ハイブランドで少しワンランクな感じを目指す女性のために、ハイブランドのジュエリーをとことん紹介していきます。

人気のハイブランドジュエリー一覧!

スポンサードリンク

ハイブランドと一言に言っても、その種類はかなり多く、ブティックなどで働く人でも覚えるのが大変な程です。

なので、今回はその中でも人気のあるハイブランドジュエリーを3つ紹介します。

 ハイブランドジュエリーと言えばこれ!ダイヤモンドの王様で有名なブランド

まず紹介したいのは「ハリーウィンストン」です。

これは海外だけでなく日本でも人気なハイブランドの1つで、「ダイヤモンドの王様」と呼ばれる程、セレブな人からも支持を受けています。

最高質のダイヤモンドを使っているだけあって、指輪などはセンターに埋め込まれたダイヤモンドだけではなく、サイドにもテーパード・バゲットカットのダイヤモンドを使用すると言う高級感あふれるジュエリーブランドです。

30代、40代から大人気のハイブランド!

ハイブランドジュエリーは20代で持っている人もいますが、大半の人は30代から持つ人が多いのが現状です。

そんな30代から40代の女性から人気を集めているのが、「カルティエ」です。

「宝石商の王」と呼ばれるフランス生まれのハイブランドで、今では財布やバッグなども扱っていますが、やはりジュエリーも気品が良い物が多く、ハリーウィンストンやグッチに比べると、落ちついた雰囲気のジュエリーが多いのがまた人気を集めている理由でもあります。

可愛らしく決めたいハイブランドジュエリーはこれ!

ハイブランドジュエリーは上品なデザインや少し角ばったデザインが多いので、偏見も少し強いと思います。

可愛らしいデザインのジュエリーを探している若い人には「ティファニー」がおすすめです。

ハートマークやエレガントに決めた星空を連想させるようなネックレスなどはとっても可愛らしいです。

指輪などもとても色鮮やかで、高級感だけでなく、可愛らしさも引きだしてくれます。

パーティーにふさわしいハイブランドジュエリーは?

突然「友達の婚約パーティーに出席する事になった!」と言う時にジュエリーは一体どんなのをつけていけばいいのか迷ってしまうと思います。

なので、パーティーなどにでもつけていっても大丈夫なハイブランドジュエリーも3つ程紹介します。

 パールジュエリーが上品ながらもシンプルに決めてくれる。

パーティーなどにつけていっても大丈夫だと思えるハイジュエリーブランドは「ミキモト」です。

ミキモトと言えばパールがとても有名で、どれも上品な仕上がりでありながらも可愛さやシンプルさを演出してくれます。

やはりパーティーには目立ちすぎるジュエリーはあまりよくないので、パールで自然な仕上がりを出してくれるミキモトのパールネックレスなどはおすすめです。

 上質感を与えるのが非常にポイントなハイブランドジュエリー

次におすすめしたいハイブランドジュエリーは「ジョージ・ジェンセン」です。

元々は銀食器や高級腕時計を扱っていた事で有名なハイブランドですが、そのせいもあってか、非常に上質な仕上がりのハイブランドジュエリーの種類が豊富です。

シンプルさと芸術性の高いデザインが豊富で、これをつけていれば控えめでありながらも上品な女性に見えると言う所が非常にポイントが高めです。

 世界各国の皇室が御用達の高級感あふれるジュエリー

最後に紹介するのは世界の皇室が御用達と言われる「メレリオ・ディ・メレー」です。

最近では、雅子様ご愛用の時計ブランドとして話題ともなったブランドでロシアやヨーロッパの皇室の方々がひいきにしているブランドです。

高級感があふれるだけでなく、装飾が細かいので、よくよく見ると美しさや可愛さなどを演出しているのが特徴でもあります。

ワンポイント系が多いですが、ネックレスであれば少し装飾が派手な物もあるので、種類の多さでもぜひとも1度は見てもらいたいブランドでもあります。

まとめ

ハイブランドジュエリーと言えば世界各国の女性が気になってしまう物ですし、「死ぬ前に1度でもいいからつけてみたい!」と言う人も多いと思います。

高いのがやはり難点ではありますが、高価な物なだけあって、一生物としても使えるので、ぜひとも購入の前に自分の好むデザインを探してみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする