スニーカーでつま先が痛い人へ!究極のフィッティング術を大公開!

スポンサードリンク

誰もが一足は持っているスニーカー。

デザインもおしゃれなものが多く、何足も持っている方も多いのではないでしょうか。

新しいスニーカーで出かけよう!

と思い歩いていると・・・

「あれ?つま先が痛い…?」

こんな状況になった方は多いはず。

かくいう私もその一人。

こんな痛い思いをしなくても、お気に入りのスニーカーが履けたらいいですよね。

今回はつま先が痛い理由や痛みを感じた時にできる対処法をご紹介します。

スニーカーでなぜ痛い?つま先が痛い原因

スポンサードリンク

せっかく買ったスニーカー・・・。

なんでこんなに痛いのでしょうか・・・?

実はほとんどの原因は「サイズが合わない」ということ。

いやいやいや!!

買う時にちゃんと試着してピッタリ合っているものを買ってるよ!

と思っているでしょう。

でも実際に試着して大丈夫と思っても、本当に足のサイズが合っていないことの方が多いんです。

「ちょっとぐらい緩いけど大丈夫!」

「いずれ伸びるから大丈夫!」

なんて思って選んだら完全にアウト!

足のサイズは足の全長と足幅、それと足囲で決まります。

例えば、足幅を優先するとつま先側に隙間ができます。

そうすると、足の縦方向に隙間ができて縦に動く状態なので、動くたびにつま先がぶつかり痛い目に・・・。

逆に足の縦の大きさを優先すると、幅がきつくなっちゃいます。

足の全長を優先すると足幅がぎゅっとされるので、指の付け根や足全体が痛くなります。

そしてあまり気にしている人が多くない足囲!!

これは親指の付け根と小指の付け根を結ぶ足一周の長さのことです。

ここにも注意しないとピッタリくる靴に巡り合う事はできません。

Eとか2Eとかの表記で表す部分ですね!

どちらにしても痛い思いをするので、スニーカーを選ぶ際は、足の長さと足幅、それと足囲すべてのサイズを考慮することが大切なんです。

スニーカーでつま先が痛くならないサイズとは?

覚えておいてほしいおすすめのサイズは、

『実際のサイズよりも0.5~1センチ大きめ!』

ちょっとだけ余裕があるサイズがいいんです。

これぐらいの隙間であれば靴下やむくみで多少の誤差がうまれても大丈夫でしょう。

さらに箇所別のポイントをご紹介します。

かかと

ここはしっかりと押さえておきたいポイントです。

特にかかとは足の大黒柱のような存在です。

履いた時にガパガパの靴はダメです!

適度な隙間がありながらも、少し硬めの靴が理想です。

足幅

日本人は足幅が広いといわれています。

あなたも聞いたことがあるのではないですか?

でもそれを鵜のみにして足幅が広い靴を履いている人が多いのも事実。

足幅が広い靴を選んでしまうと足にタコができたり怪我をしやすくなります。

理想は立った時に親指と小指の付け根が靴に軽く触れること!

ガッツリ当たっていると痛くなってしまいますし、まったく当たらないと幅が広すぎるという事です。

足囲

靴を選ぶときにあまり意識している人がいないのですが、ここは重要なポイントです。

足の甲高できるだけピッタリしたものを選ぶのがポイントです。

ただ、そうは言っても市販品で自分にピッタリな靴を見つけるのはなかなか難しいですよね・・・。

そこで、靴ひもがついているスニーカーがベストです。

それでいて足の甲の素材がそこまで固くない素材が使われているもの。

靴紐で自分の好みの状態に調整することでピッタリとしたフィッティングにすることが可能です。

さらに、足の全長が大きめのサイズを選んだとしても、靴紐で足甲を締め付けることによって、足が前に行かなくなりますので、そういった調整もできるメリットがあります。

足の全長

最初にも言いましたが0.5~1センチほど大きいサイズがお勧めです。

ただ、サイズ表記は各シューメーカーによって微妙な誤差があるので、目安としてください。

実際に中敷きを出してみて、自分の足のサイズの実寸値と比較するのがお勧めです。

中敷きの全長を測ってみて決めてくださいね!

以上の事を意識しながら試着をしてみてくださいね!

今はネット通販が普及していて試着をせずに、

注文→届く→サイズが合わない→そのまま履く

という流れが多いです。

返品交換の作業がめんどくさいですからね。

もしネット通販で買いたいスニーカーがあれば、実際の店舗に置いていないか探してみましょう。

サイズの詳細が記載されていても実際履いてみると感覚が違います。

気に入ればそのまま購入しても良いですし、履いてみて大丈夫だったサイズを覚えておいて、ネット通販で購入してもいいかもしれませんね。

足幅が合わない!つま先の隙間はどうしたらいい?

ちなみに私は足幅が広いのでサイズが合わないスニーカーが多いです。

スニーカー選びは本当に大変なんですよね。

いつもつま先がぶかぶか…。

そんなときは、つま先用のクッションが大活躍!

ティッシュなどで詰め物をしてもいいのですが、やはり滑ってしまって当たるととても痛いんです。

つま先用のクッションであれば衝撃も吸収されますし、当たっても全然痛くありません。

つま先の隙間に悩む際はぜひこちらを試してみてください。

つま先用クッションは色々売られていますが、どれも低反発で小さくなりすぎるといったデメリットがあります。

クッションが小さくなりすぎてしまうと空間をうまく埋めることが出来ませんので結局痛いままなんです。でも、こちらの商品はしっかりとつま先を包み込むことが出来ますので、つま先が痛いときにはお勧めのグッズです。

スニーカー、パンプス、革靴となんにでも使えるので持っておいて安心のつま先用クッションです。

なによりコストパフォーマンスに優れていますので、ランキングの中でも飛びぬけてよい口コミが集まっている商品ですよ!

スニーカーでつま先が痛くならないオリジナル制作!

靴専門のお店だとフィッティングサービスや足の各部のサイズを実際に採寸してくれるサービスがあります。

私の経験上では、ちょっとお高めの靴専門店がおすすめ。

各部をスキャンして測ってくれるのですが、足の幅や全長だけではないんです。

土踏まずの高さ。

かかとの傾き。

親指の角度などなど!

ものすごく丁寧にあなたの足を分析してくれます。

実際に計測してもらうと、自分の足の特徴がわかるので、それに最適なモデルを提案してくれますよ!

ちなみにフィッティングや採寸をする場合は必ず夕方以降にしましょう。

足はむくみやすいです。

人によってはガラっとサイズが変わることも。

スニーカーは一日中履いていることが多いので、足のサイズが最大になっているときに試着するのがおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した方法で自分の足に合ったスニーカーをぜひ見つけてみてくださいね!

きっとあなたにぴったりなスニーカーが見つかりますよ!

外反母趾で親指の付け根が痛い!超簡単な対策方法と原因をご紹介!

靴擦れ時の絆創膏の貼り方とは?はがれないように貼るコツ!

靴を履くと小指の爪が当たって痛い!そんなときの対処法を大公開!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする