ケーキのデコレーションはフルーツ缶詰で!失敗しないマル秘裏技

スポンサーリンク

家族の誕生日やクリスマス、なにかとお祝い事につきものなのが甘くておいしいケーキですよね!

 

中でも、子供から大人まで好んで食べられることが多いのが、クリームやフルーツで飾られた、デコレーションケーキです。

 

最近ではかわいい飾りが乗ったものや、キャラクターをかたどったものなど素敵なデコレーションケーキがたくさん販売されています。

 

そんなお店で買ったケーキももちろん美味しいのですが、たまには素敵なデコレーションケーキを手作りしてはみませんか?

 

お菓子作りがあまり得意ではないという方も、スポンジだけで販売されているものもあるので、市販のフルーツ缶詰と生クリームをつかえば、簡単にデコレーションケーキを作ることができます。

 

今回は、そんなフルーツの缶詰を使ってデコレーションする場合の注意点や、きれいに盛り付けるためのコツなどをご紹介していきたいと思います。

 

ケーキのデコレーションでフルーツ缶詰を使う注意点

スポンサーリンク
ではまず、デコレーションケーキでフルーツの缶詰を使う際の、注意点についてご説明していきたいと思います。

 

水気を切る

缶詰のフルーツはシロップに浸かっているため、そのまま使うと水分でクリームがべちゃっとしてしまいます。

 

必ず使う前に一度ザルなどにあげ、さらにキッチンペーパーなどで挟んで水気をきるようにしましょう。

 

柔らかいフルーツは丁寧に扱う

フルーツの中でもみかんなどの柔らかいものは、身崩れしないよう注意して取り扱うようにしましょう。

 

盛り付けする際に、形が崩れた物ばかりでは、せっかくきれいに盛り付けても見栄えが悪くなってしまいます。

 

崩れてしまったものは、クリームと一緒に真ん中に挟む用にして形のきれいなものを上に乗せるようにしましょう。

 

以上のことに気を付けながら、フルーツを盛りつけていきましょう。

それでは次に、キレイに盛り付けるためのポイントについてお話していきたいと思います。

 

ケーキデコレーションでフルーツをキレイに盛り付けられる配置ってあるの!?

 

ケーキをデコレーションする際に、重要になってくるのがクリームやフルーツなどの配置です。

 

適当にポンポンと乗せてしまうと、いざケーキが出来上がってみるとなんだかバランスが悪く見えたり、食べるときになってきれいに切り分けられなかったりしてしまいます。

 

もちろん味は変わりませんが、どうせなら見た目にもこだわってキレイな盛り付けのデコレーションケーキを完成させましょう。

 

それでは、フルーツをバランス良く配置するための3つのポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

対角線上に盛っていく

同じ果物をバランス良く乗せたい場合には、対角になるように配置して、盛り付けていきましょう。

 

そうすれば、均等に盛り付けることができるので、切り分ける際にも果物が偏ることなく、きれいに分けられます。

 

色が偏らないように盛る

フルーツを盛りつける時には、なるべく同じ色が隣り合わないように配置していきましょう。

 

バナナと白桃やいちごとさくらんぼ、オレンジと黄桃など似た色のものは離して盛った方が、色鮮やかできれいに見えます。

 

ランダムに配置する場合には隙間なく乗せる

フルーツをランダムに乗せる場合には、隙間が空かないように配置すると、きれいに盛り付けることができます。

その際には、同じ色が重ならないように色のバランスを見ながら盛っていきましょう。

 

 

以上3つのポイントに気を付けながら、ケーキを素敵にデコレーションしていきましょう。

 

まとめ

お好みのフルーツをたっぷり使って、ケーキをデコレーションすれば、あなただけのオリジナルのフルーツケーキを作ることができます。

 

そんな愛情込めたケーキなら、祝ってもらう方もきっと大いに喜んでくれることでしょう。

 

ぜひ次のお祝い事では、手作りのデコレーションケーキにチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク