中学の入学準備費用はいくら!?知らなきゃヤバいお金事情!

スポンサードリンク

年度末にさしかかると、そろそろ入学の準備が必要ですよね。

今頃だと、入学の案内が手元に来る頃ではないでしょうか?

でも、実際にかかる費用っていくらなのでしょうか?

義務教育だからそんなにかからない?

なんて思いたいんですが、実際は結構かかります!

私立であれば、入学の案内に詳細が書かれていることが多いですが、公立中学の場合はどうでしょか?

何が必要なのか、どれぐらい費用がかかるのか詳しくみていきましょう。

中学の入学準備費用の内訳と明細!

スポンサードリンク
義務教育といえども実際に負担するものはあります。

どの中学に入学するかによって多少の変動はありますが、共通して必要な物ってありますよね。

中学の入学のときに準備すべきもの&明細はこちらです。

  • 制服一式…約7万円
  • 通学バック…約5千円
  • 体操着…約2万5千円
  • 上履き…約3千円

ざっとこんな感じですね。

やはり一番高いのは制服です。

冬服と夏服、さらにはシャツだったりベルト、スカーフなどこまごましたものも必要ですよね。

男女によって違いはありますが、制服って本当に高いんですよ…。

中には上の子のおさがりを使っているという人もいますが、やはり年期が入っているので見ればわかります。

思春期の子供の気持ちを汲んで、新しく買う人がほとんどですよね。

制服って、学校指定のお店で購入するので節約しづらい部分があります。

男子が必要なシャツやベルトに関しては他の安いお店で買えればいいんですが、なかなかうまくいかないもの。

さらに靴下まで指定だと、頭から足の先まで学校指定で揃えないといけないですね。

出費が半端ないです。

バッグに関しては指定だったりそうでなかったりと違いはありますが、指定がある場合は5千円ぐらいです。

体操着も必須ですよね。

これはおさがりでも違和感がないので、おさがりを着ている子もたくさんいました。

上履きはおさがりは少し厳しいので新しく買うべきだと思います。

ちなみに私のときの中学事情を・・・。

制服&体操着&上履き→サイズが全然合わないため新しく購入

通学バック→おさがり

こんな感じでした。

私の中学は、毎年通学バックがマイナーチェンジしていたためおさがりなのがバレバレで、なんか嫌な気分でしたね。

壊れてたし。

でも、2年生の後半あたりからどうでもよくなって、最後までしっかり使いました。

また、中学がある町や市などの行政が多少なりとも負担をしてくれることもあります。

例えば通学バックが無料でプレゼントなど。

これに関してはあまり期待はできませんが、少子化対策としてこのようなことを行っている地域もあるので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

最低限必要な物をあげましたが、入学後には

  • PTA会費
  • 生徒会費

などもかかってきます。

学校に行くのもお金がかかるんですね…。

部活費用も意外とかかる!?

さて、中学に入学すると部活動が切り離せないですよね。

帰宅部であれば関係ないのですが、ほとんどの中学だと部活加入必須だったりします。

運動部であれば

  • 練習着
  • ユニフォーム
  • バッグ
  • 遠征費

などなどかなりかかります!

他にも飲み物代、遠征先の食費代などもかかります。

これに関しては費用の上限に差があるので、具体的な金額は明記しないでおきますね。

文化部だと

  • 道具代

などで済みそうですね。

もちろんコンクールに参加するのであれば、改めて費用が必要です。

運動部、文化部どちらにも共通しているのは、『強豪はお金がかかる』ということ。

文化部も吹奏楽だと練習も多いですし、大会への出場も多いです。

子供が選んだ部活を応援するのか否かはご家庭の判断によりますが、お金がかかるということを親は認識しておくことが大事かと思います。

まとめ

いかがでしたか?

中学の入学準備ってかなりお金がかかることがわかりましたね。

節約できそうな部分は節約して、自分の子供が楽しい中学生活を送れるようにサポートしてあげましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする