浴衣クリーニングをホワイト急便でお願いしたらいくらになるの?

スポンサードリンク

夏祭りや花火大会に着るものといえば「浴衣」ですよね。

浴衣を着てお祭りを楽しんだ後は、一度クリーニングに出してから保管しなければなりません。

そんな浴衣クリーニングのお値段は、一体いくらくらいかかるのでしょうか?

今回は有名なクリーニング会社「ホワイト急便」さんの、浴衣クリーニングのお値段について調べてみました。

ホワイト急便の浴衣クリーニングの値段はいくら?安い?高い?

 

スポンサードリンク
全国に店舗をもつ有名クリーニング会社「ホワイト急便」さんですが、浴衣を出す際のお値段はどれくらいかかるのでしょうか?

ホワイト急便さんの公式サイトで料金を調べてみたところ、浴衣クリーニングの基本料金は800円だそうです。

絞り浴衣だと1200円と、少し料金が高くなります。

ホワイト急便さん以外のお店の料金も、少し調べてみたのですが、大体800円~2000円前後が多かったように思います。

そう考えると、ホワイト急便さんのクリーニング料金はお手頃価格なようですね。

浴衣を出すには、もっと高い料金がかかるものと思っていましたが、思ったよりも安くクリーニングできるのですね。

ですが浴衣と違って、着物や帯はもっと料金が高くなるのでご注意ください。

また、ホワイト急便さんは地域によって価格がすこし変わるようです。

詳しい料金が知りたい場合は、お近くの店舗に問い合わせてみると良いかもしれません。

浴衣をクリーニングに出すときに気を付けたいこと!

 

浴衣をクリーニングに出す時の注意点や、確認しておきたいことなどをポイント別にまとめてみました。

クリーニングに出す際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

料金

上記でクリーニングの料金についてお話ししましたが、あちらは浴衣を出す際の基本料金になります。

浴衣の形や生地の違いなどで、場合によっては追加料金が発生することがあります。

通常の浴衣であれば基本料金のみで済むとは思いますが、変わったタイプの浴衣や子供用浴衣などを出す際には、追加料金のことも念頭においておきましょう。

水洗いとドライクリーニング

浴衣のクリーニングは、お店によって水洗いで行う場合と、ドライクリーニングで行う場合があります。

水洗いは浴衣についた汗などの、「水溶性」の汚れを取り除くことができます。

ドライクリーニングでは皮脂などといった、「油性」の汚れを落とすのに適しています。

浴衣は汗を吸収しているため、水洗いが適しているといわれていますが、ドライクリーニングの方が、形がかわりにくくて良いという意見もあります。

気になる場合は、お店がどちらの方法で行っているか店頭で確認してみましょう。

仕上げ方の確認

浴衣には「きせ」という、縫い糸が見えないように布がかぶせてある部分があります。

仕上げを機械で行っているところでは、稀にこのきせが仕上げの段階でとれてしまうことがあります。

また和装の知識がないお店だと、浴衣の色落ちやテカリ、しわなどクリーニング中に様々なトラブルが発生するおそれがあります。

クリーニングに出す際には、そのお店が手仕上げなのか機械仕上げなのか、また和装の知識があるのかどうかなどを確認しておくと、大事な浴衣でも安心して出すことができますね。

また低価格の浴衣であれば、そもそもきせがないものもありますので、そこまで神経質になる必要はないかもしれません。

ですが、色落ちしてしまったものや形が変わってしまった浴衣を元に戻すことは非常に厳しいです。

大事な浴衣をクリーニングに出す場合には、安心してまかせられるお店かどうか確かめてから出すことをおすすめします。

 

まとめ

浴衣を着てお祭りに出かけると、いつもと違った気分が味わえてお祭りもより一層楽しくなる気がしますよね。

浴衣には、その時楽しんだ思い出もたくさん詰まっています。

できれば長く、大切にとっておきたいですよね。

大切な浴衣を長くきれいな状態で着るためにも、使用後は忘れずにクリーニングに出すようにして下さいね。

スポンサードリンク