キッチンハイターの使い方は大丈夫!?マジでヤバすぎる危険性!

スポンサードリンク

みなさんは「キッチンハイター」を使うことはありますか?

茶渋などの汚れを取るだけでなく、除菌までしてくれるキッチンハイター。

めちゃくちゃ頼りになるので我が家でも大活躍!

でも、キッチンハイターの正しい使い方を知らないとめちゃくちゃ危険なんです!

正しい知識を身につけて快適な空間を維持しましょう!

正しいキッチンハイターの使い方!

スポンサードリンク

そもそもキッチンハイターってなに!?

まず、キッチンハイターとは何なのかということですが・・・

ずばり塩素系台所用漂白剤のことです。

成分としては以下の通りです。

次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)

界面活性剤(アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)

水酸化ナトリウム(アルカリ剤)

出典:花王キッチンハイター成分情報

通常の食器用洗剤では取りきれなかった食器の茶渋や黒ずみ、くもりなどを落としてきれいにしてくれます。

さらには排水溝のヌメリや水垢、カビなども落としてくれるし、まな板や布巾などの除菌効果もあります。

木でできているまな板にも使える優れものなんです!

(つけ置きが必要ですが・・・)

もちろん、キッチン周りの汚れや菌だけでなく、お風呂場や洗面所などの水周りに発生するカビやヌメリにも効果があります。

どうですか?

お掃除に最適なアイテムですよね?

生魚や生肉を切ったあとのまな板の除菌や、茶渋のついたコップの漂白など、日常的に使える便利アイテムです。

その使用方法は特に難しいものではありません。

例えば、マグカップの漂白をする場合・・・

5リットルの水に対して、キャップ2杯分(約50ml)を入れて、その中にマグカップを30分程度つけ置きするだけです。

これでびっくりするくらい茶渋が取れちゃいます。

私は日常的にコーヒーを飲むので、マグカップがすぐ茶色くなっちゃうんですよね・・・。

なので、週に一回はつけ置きしてピッカピカにしてますよ!

キッチンハイターの正しい使い方!

キッチンハイターは使用用途によって濃度が決められています。

なのでその使い方を必ず守って使ってくださいね!

水は全て5リットルを基準としています。

必ず最後は水で洗い流したり水拭きをしてください。

【ふきん・大ふきん等】

除菌の場合はキャップ1.2杯で2分つけ置き。

漂白の場合はキャップ1.2杯で30分つけ置き。

【まな板・マグカップ等】

除菌の場合はキャップ2杯で2分つけ置き。

漂白の場合はキャップ2杯で30分つけ置き。

【冷蔵庫の中】

キャップ1/2杯で布を絞って使う。

拭き掃除等で使う場合は冷蔵庫の中の希釈で大丈夫です。

最後に忘れずに水拭きをしてくださいね!

注意しなければならないのは原液のみで使わないこと。

私も希釈するのが面倒だったので、まな板に原液をドバドバっとかけて漂白していました・・・。

でも、それって本当に危険なんです。

一説によると、キッチンハイターの原液で指紋が溶けてしまうとか・・・!?

本当かどうかは定かではありませんが、原液はかなりの威力があることだけは確かです。

なので、必ず薄めて使ってくださいね!

希釈作業が面倒だという人にオススメなのが泡タイプのキッチンハイターです。

除菌したい箇所、漂白したい箇所などに直接シュシュっとかけて泡で包み込むだけです。

放置時間も数分でオッケーなので、時間のないときにとても便利ですね。

どちらのタイプも最後はしっかりと30秒以上水で洗い流すことを忘れずに。

お風呂場のしつこいカビ汚れにはキッチンペーパーにシュシュっと泡をかけ、カビにしみこませるかのようにペーパーやラップを貼り付けて放置しておくだけ。

あとはしっかり流せば少しずつカビは薄くなり、繰り返すうちにきれいになっていきますよ!

キッチンハイターは本当に便利なお助けアイテムです。

キッチンハイターに注意しないと危険なことに!

さて、ここまではキッチンハイターの便利さ、手軽さ、効果のすごさについてお話ししてきました。

ここからはキッチンハイターは使い方を誤ると危険なことになるということもお話ししておきましょう。

毒ガスが発生する可能性が!?

最初にも言いましたが、キッチンハイターは塩素系の台所用漂白剤です。

キッチンハイターも含め、塩素系の洗剤の容器には「混ぜるな危険!!」という文字が書かれています。

では、何が危険なのか!?

実は塩素系の洗剤は酸性の洗剤やアルコールに混ざると有毒ガスが発生するのです。

誤ってこの有毒ガスを吸ってしまうと意識を失う恐れもあるほど、危険なガスなのです。

特に注意が必要なのは、キッチンハイターの漬け置き!

しばらく放置している間に、キッチンハイターを使用していたことを忘れて酸性の洗剤を使用したり、飲み残したアルコールや調理残りのお酢などを流してしまうことです。

ものすごくありがちな話ですよね?

お肉とかを切って除菌しようと思ってまな板をキッチンハイターでつけ置きに・・・。

そこに、食べたお皿や飲み物を片付けに来た旦那さんが誤ってキッチンハイターのつけ置きタライの中にお皿をざぶ~ん!!

お酢やアルコールが残っているだけで毒ガスが発生してしまいます。

さらに生ごみにも十分注意してくださいね!

例えば、生ごみの中にレモンなどの酸性のゴミが含まれていても同様に危険ですから・・・。

毒ガスが発生したらどうする!?

毒ガスの正体は塩素ガスです。

呼吸が苦しくなったり、咳が出たりします。

さらにツーンと鼻を刺すような刺激臭がしますので、そういう時はスグに対処してくださいね!

万が一、上記のようなことになってしまった場合どうするか!?

まず第一に換気をしてください!

これが第一優先です。

ガスが発生しても換気をすれば大事には至りません。

万が一、混ざってしまっても落ち着いて換気をしましょうね!

お皿洗う用の洗剤は大丈夫なの!?

あれがだめ、これがだめと言われると、何が混ざっていいのかよくわからなくなってきますよね・・・。

実は食器を洗う洗剤の多くは中性やアルカリ性のものがほとんどです。

なので、キッチンハイターと混ざっても問題はありませんが、必ず事前に成分表示を見てくださいね!

最近ではテレビなどでお掃除テクニックとしてクエン酸を使用するという掃除方法を紹介することがよくあります。

このクエン酸も酸性となりますので、キッチンハイターと混ざってしまうと危険です。

ノロウィルスにキッチンハイターがおすすめ!?

実はノロウィルスにはアルコール系の除菌は効かないって知っていますか?

これを知らないでアルコール除菌してしまっている人がめちゃくちゃ多いんです。

それ無意味です!

なのでノロウィルスにはキッチンハイターを希釈したもので消毒を行ってください!

ノロウィルスには塩素系の消毒剤が有効とされているんです。

キッチンハイターは塩素系漂白剤ですから、ノロウィルスに対して有効なんです!

水1ℓに対してキャップ1杯で希釈してください。

ただし、ここで注意点!!

便利だからとスプレーなどにするのは絶対にNG!!

なぜなら、霧状になった粒が空気の流れで目や口に入ってしまう可能性があるからです。

そうなってしまってはものすごく危険なので、消毒する時はキッチンタオルなどの使い捨てられるものにつけてふき取るようにしましょうね!

キッチンハイターの安全な使い方で安心な環境を

危険と隣り合わせのキッチンハイターですが、その効果は本当に絶大なものです。

漂白、除菌がしっかりされている食器や布巾、調理器具やシンク、排水溝・・・

とても安心ですよね。

しかも、その除菌効果で特にうれしいのが、キッチンハイターは脅威のノロウィルスに有効であるということ。

どんなアルコール消毒も効かないノロウィルスが、キッチンハイターには勝てないのです。

嘔吐の処理の後に触ったドアノブ、嘔吐物のかかったカーペットなど、処分のできないものもきっちり除菌して、家族への感染を防ぐことができます。

キッチンハイターを安全に正しく使って、より快適で安心な生活環境を作れるといいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする