入学式に着物は目立つからダメ!?悩んでいるママさんにアドバイスとは?

スポンサードリンク

お子さんの晴れの日に、着物をきていきたいという方もいると思います。

実はこれって、意外と多いのです。

まず着ても良いのか?迷っている方もいますよね。

どういった着物を選べば間違いがないのかわからないという方もいると思います。

そこで今回は、入学式に着物で行きたいという方にぜひ参考にしてもらいたいと思います。

入学式に着物は目立つからダメなの!?

スポンサードリンク
着物を普段、着慣れないという方は少し抵抗があるという方もいますよね。

結論から言いますと、着物を着ても問題ありません。

むしろ子どもから喜ばれるかもしれませんし、周りの保護者からはきちんとした印象を与えます。

しかし着物であればなんでもよいというわけではありません。

「小紋」や「留めそで」は厳密にはNGとされています。

留めそでは結婚式などで、親族の方が着ているのを見かけたことがある方も多いと思います。

小紋って聞きなれないかたもいると思いますので簡単に紹介します。

・小紋

着物全体に同じ間隔で、同じ柄が描かれているものです。

着物の位としては下の方なため、入学式やお祝いの席ではふさわしくないとされています。

小紋は主に、稽古やお出かけの時に着るとされています。そのため着物の中でもカジュアルな分類です。

洋服で言うと、セーターやワンピースでそのまま入学式に行く感じです。

しかし必ずしもダメというわけではなく、帯や着物の柄によってOKなものもあります。

江戸小紋という着物は、小紋の中でも位が高いとされています。

そのため入学式に着ていっても何の問題もないという見方もあります。

入学式にふさわしい着物とは?

着物ってたくさん種類があって、詳しくないとどれが良いのかさっぱりわかないって思いますよね。

入学式にふさわしい着物は「訪問着」です。

・訪問着について簡単に紹介します。

結婚している・していないに関係なく誰でも着ることができる着物です。

入学式や卒業式はもちろん、結婚式やパーティーなんかにも着ることができます。

どんなシーンにでも合うものが訪問着です。レンタルでも十分ですが、1着あるととっても便利な着物です。

入学式にお勧めの着物の選び方

✔派手すぎるもの

当然ですが、主役や子どもです。奇抜な色や、柄が付いてあるものはオススメしません。

✔色合い

派手すぎるものはNGですが、地味すぎるものも良くありません。

入学式と言えば春に行なう行事ですので、ピンクなどの使った淡い色がおすすめです。

上品さを心掛けるようにしましょう。

ピンク、グレー、藤色のものが人気があります。暗い色味のものより、淡く明るい色味にするとよいでしょう。

✔柄

着物の柄は多数あります。柄でマナー違反やふさわしくないといったことはほとんどありません。

入学式で着られるのであれば、桜の花や梅の花など、季節感があるものが無難でしょう。

椿やキクなどの花をモチーフに作られたものも大変人気があります。

お好みに合わせて選んで問題ありません。

反対に卒業式では、落ち着いた色味の方が無難です。

しかし意識しすぎるとどうしたら良いのかわからなくなってしまいますよね。

そういうとき上記のことだけ守って、後は好みで大丈夫です。

場にふさわしくないとされる着物もありますが、後のものに正解ってないのです。

この場にはこの柄この色じゃないと!なんて決まりもありません。

好みに合う着物が一番だと言えます。

まとめ

以上が着物について紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

最近では着物のレンタルもずいぶん普及してきました。

一度の着用のためにどうしようか迷っている方や、何度も同じものは着たくないという方には便利です。

購入するよりずっとお安くレンタルできるサービスです。場所によっては全身のコーディネートも揃い、ヘアセットまで行なってくれる店舗も多数あります。

着物で入学式に参加されるママって素敵だと思います。不安な方はレンタルも検討しながらお選びください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする