豆まきっていつやるの!?節分豆まきの正しいルールや由来を解説!

スポンサーリンク

節分のイベントといえば!?

そう豆まきですよね。

 

豆まきは家族総出で行うのがとっても楽しい!

今年は子供と一緒に豆まきをしようかな?

 

なんて思っているあなた!

 

豆まきの正しいルールはご存知ですか?

 

子供に

 

「豆まきってどうやるの?ルールは?なんで?」

 

と純粋な瞳で聞かれたときに、

パパであるあなたは答えることができますか??

意外と説明できない豆まきのルール。

 

子供に聞かれたときに動揺しないように、

ルールをしっかり勉強しましょう!

 

豆まきっていつやるの?正しいルールを解説

スポンサーリンク
鬼に向かって豆を投げる豆まき。

 

子供がいる家庭だと、お父さんが鬼役になって

豆まきをしている方が多いですよね。

 

お面をかぶって、低い声を出して動き回って…

 

むしろ、パパが張り切って

鬼役をやるというイメージしかない私です。

 

ちなみに、うちの家庭のパパは張り切って大変です。

うるさいです。

 

さて、その豆まき。

「とりあえず、豆をまけばいいんでしょ?」

なんて思ってしまいますが、実は違うんです!

 

豆まきは「鬼を払う儀式」、というのは

なんとなく知っている方も多いと思いますが

ちゃんと正式なやり方があります。

 

  • 福豆(炒った豆のこと)を桝に入れ、豆まきの直前まで神棚にお供えする
  • 節分の夕暮れに窓を開けて、家の奥から外に向かって豆をまく
  • 豆をまくのは家の主人or年男or年女
  • 掛け声はお決まりの『鬼は外、福は内』
  • 豆まきが終わって鬼を追い払ったらすぐに窓を閉める
  • 自分の数え年の数だけ豆を食べる

 

こんなにルールがあるんですねー。

 

さらにすごいのが、

地方や家庭によってもルールが違うということ!

 

節分には恵方巻を食べるという文化が全国に広まったように、

もしかしたらローカルルールが全国ルールになっている

可能性も少なからずあるかも!?

 

と考えると楽しいですよね。

 

最近だと、昔に比べて家の大きさが狭かったり

部屋数が多かったりと家庭のルールの影響が大きいかもしれません。

ぜひ、お友達の家との違いを比べてみてくださいね。

 

また、豆まきに関しての注意事項です!

それは、力いっぱい投げないこと。

 

ケガをしてしまうので危険ですよ!

 

せっかく張り切って鬼役になった

パパの心が折れてしまいます。

 

子供には豆をまくときは優しくということを

忘れずに伝えていおきましょうね。

 

そもそも豆まきの由来ってなに!?

 

「節分」は、その漢字の通り

「季節や年の分かれ目」です。

 

立春の前日の「節分」は、

旧暦の大晦日にあたる大事な日だったんですよ。

 

『1年の最後の日に、今年の鬼を全部払って、新しい年を迎えよう』

 

ということで豆まきが始まったとされています。

 

ではなぜ大豆?となりますよね。

 

所説ありますが、ここまで

『豆まき=大豆』が浸透してきた理由は

昔から大豆が安定して手に入りやすかったことにあるでしょう。

 

大豆はほかの豆類に比べて収穫量が多く、

比較的栽培もしやすいんですね。

 

また、大きさも握りやすいし片付けもしやすいことから、

大豆が親しまれるようになったともいえそうです。

 

そして、大事なのは炒った大豆を使うこと。

 

鬼退治目的で炒る必要があるということもですが、

生のままの大豆を使うと豆まき終了後に

大豆を回収し忘れると芽が出て大変なことに!

 

大豆は必ず炒ったものを使いましょう。

 

ちなみに、家庭によっては落花生をまくところもあります。

うちは落花生派です!

 

豆まきの正しいルールまとめ

いかがでしたか?

 

豆まきって、昔からある風習なのでルールが

どうしても小難しい表現になってしまうんですよね。

 

なので、子供にもこのまま伝えても大丈夫なように

かなりかみ砕いて解説してみました!

 

多少は言葉を変えて話すことも必要かもしれませんが

だいたいはこんな感じです。

 

これで『パパかっこいい!』なんて思われるかも!?

 

節分の豆まきで落花生をまくって本当!?落花生をまく理由は?

恵方巻きの方角って誰が決める?恵方巻きの方角の決め方とルールを解説!

 

スポンサーリンク