部屋がカビだらけの掃除方法をご紹介!必見!カビを根絶する掃除方法

スポンサードリンク

梅雨や夏には湿気が多くなり、家の中がなんとなくジメジメしますよね。

そんな湿気の多い時期に、気を付けなければいけないのが「カビ」です。

部屋をきれいに保っているつもりでも、気づかないうちにあちこちカビが生えてしまうなんてことも。

カビをそのままにしてしまうと、感染症やアレルギーなど体に悪影響を及ぼすおそれがあります。

そこで今回は、部屋にカビが生えてしまった場合のお掃除方法や、便利なお掃除グッズなどをご紹介したいと思います。

部屋をきれいに掃除して、カビから体を守りましょう!

部屋がカビだらけの時の掃除方法

スポンサードリンク

まずお掃除を始める前に、窓を全開にして風を通し、部屋をしっかりと換気しましょう。

カビが生えている部屋では、空気中にもカビの胞子が浮いています。

換気して胞子を外に追い出すことで、再度部屋にカビが生えるリスクを減らしてくれます。

お掃除が終わるまでは、窓はしっかりと開けておきましょう。

カビのお掃除の基本は、汚れをしっかりと落としてから除菌することです。

除菌にはお掃除用のアルコールスプレーを使うか、消毒用のエタノールなどを使うのがおすすめです。

それでは、場所別にお掃除の方法をご紹介していきたいと思います。

壁紙

まず、カビの生えている部分にアルコールスプレーを吹き付けます。

2~3分ほどたったら、メラミンスポンジや歯ブラシなどで軽くこすります。

この時あまり強くこすると、壁紙が痛んでしまうので注意してください。

汚れが落ちたら、固く絞った清潔なタオルなどできれいにふき取りましょう。

最後にもう一度、アルコールスプレーを吹きかけたら完了です。

床を掃除する際には、掃除機をかける前にクイックルワイパーや乾いた雑巾などで、先に床を拭いておきましょう。

床にはカビの胞子が落ちているため、そのまま掃除機をかけると胞子が舞い上がってしまいます。

先に胞子を拭きとっておき、その後残ったゴミなどを掃除機で吸い取るようにしましょう。

最後に固く絞った雑巾で水拭きし、良く乾かしてからアルコールスプレーなどを吹き付けておきましょう。

カーテン

結露などでカビが生えやすいカーテンは、季節の変わり目を目安に洗濯するようにしましょう。

あまりこまめに洗濯してしまうと、カーテンが縮む恐れがあるのでご注意ください。

洗濯したカーテンは、カーテンレールにかけて良く乾かし、布用の除菌スプレーなどを吹き付けておきましょう。

あまり洗濯できない分、時々除菌スプレーをかけてあげれば、カビを予防することができます。

水回り

水回りは湿気が多く、カビが生えやすい場所ですので、こまめにお掃除をするのがおすすめです。

もしカビが生えてしまった場合には、中性洗剤をつけたブラシやスポンジなどでこすると、軽いカビならば簡単に落ちます。

それでも落ちない黒い頑固なカビには、専用のカビ取り剤の使用をおすすめします。

カビの部分にカビ取り剤を吹きかけたら、上からラップをして洗剤が乾燥するのを防ぎます。

そのまま数時間放置してから、水でよく洗い流しましょう。

良く乾燥させて、最後にアルコールスプレーを吹きかけたら完了です。

※カビ取り剤を使用する際は、手袋やマスクを着用し、目や口などに入らないよう気を付けて使用してください。

特に和室で加湿器などを使っていた人は注意が必要です。

部屋がカビだらけの時に使いたいカビ対策お掃除グッズ

 

ここまでカビのお掃除方法についてご紹介しましたが、そんなカビのお掃除の時に便利な、お掃除グッズもご紹介したいと思います。

パストリーゼ77(ドーパー酒造)

こちらは高純度アルコール77%の除菌スプレーで、カビの除菌にはぴったりの商品です。

さらに高濃度カテキンが配合されており、長時間の抗菌効果もあります。

食品に直接かけでも大丈夫なほど安全なスプレーなので、これ一本で色々なところに使用できます。

GN黒カビくん 天井カビとりワイパー(LEC)

こちらは浴室用の、長い持ち手のついたカビとりスポンジです。

手の届きにくい壁の高い位置や、天井などにできてしまったカビ汚れを、濡らしてふき取るだけで、しっかりと落とすことができます。

踏み台に上らなくても天井のお掃除ができ、非常に便利な商品です。

カビホワイト カビ除去ジェル(ビーワンコーポレーション)

こちらはゴムパッキンにできた頑固な黒カビを、スッキリと除去してくれるカビとりジェルです。

カビの生えているところにジェルを塗り、15分ほど放置して洗い流すだけで、カビがきれいになくなります。

こちらの商品の良いところは、乾燥すると人畜無害になるところ!

安心して使用できるのが嬉しいですね。

まとめ

カビは放っておくとどんどん頑固になっていき、お掃除するのも大変になってしまいます。

日頃からしっかりと換気をして、こまめにお掃除と除菌をしておけば部屋にカビが根付くのを防ぐことができます。

カビが生えにくい環境作りをして、清潔で快適なお部屋にしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする