引っ越しの手伝いにお礼は不要?相場は?気になるマナーを紹介!

スポンサードリンク

春といえば桜の季節。お花見など楽しいことがたくさん!

また、春といえば環境も変化する季節です。

進級や入社、異動、転勤などさまざまな理由で、転居の機会が訪れます。

でも、地方からの上京や荷物がたくさんある場合、ひとりで簡単に済ませるわけにもいきません。

そこで、今回は引っ越しの手伝いをお願いする際のマナーについて紹介したいと思います。

引っ越しの手伝いにお礼は必要か?

スポンサードリンク

知り合いに手伝いをお願いする一番のメリットは、業者ほど費用がかからないということです。

例えば、大学進学時の引っ越しなどでは、何万円もの金額はなかなか払えません。

とくに、引っ越しシーズンの3月あたりは非常に高いのです。

そんなときは、友だちに引っ越しの手伝いをしてもらうことになりますが、気になるのは、お礼についてです。

どれくらいのお礼をしたらいいのか、難しいですよね。

現金を渡すとしても、少額だと微妙だし…

なら、引っ越しが終わったあとに打ち上げとして、食事会を設けるのはどうでしょう。

家族に手伝ってもらったのであれば、そんなに気を遣うこともありませんが、友人などに手伝ってもらった際に、食事会を開くのは、お礼としてはよい方法だと思います。

引っ越したばかりの部屋では難しいので、近所での外食になると思いますが、あらかじめよさそうなお店をチェックしておくといいですね。

もちろん、食事代はおごりですよ。

お酒が飲める人なら、重い荷物を運んだあとの一杯は、また格別でしょう。

引っ越しの手伝いにお礼の相場は? マナーはある?

基本的にお礼の相場は相手によって変わってきます。

先に、食事会でもてなす例として友だちを挙げてお話をしましたが、これが先輩など目上の人だと話は別です。

ちょっと奮発して、寿司の出前を取ってもよいかもしれません。

もちろん、先輩からの催促はないかと思いますが、多少、友だちよりもお礼の相場を上げてください。

食事をおごるにしても、友だちよりお店のグレードをアップしましょう。

マナーに関していえば、一般常識を把握していれば問題ないかと思います。

例えば、茨城~東京を移動した場合、交通費だけで数千円はかかりますよね?

そのお礼が、例えば缶ジュース1本だとしたら、いくら相手が何もいわなくても、心の中では「付き合い方を考えよう」と思われるかもしれません。

相手にどれくらいの負担と費用がかかるかを想定しておき、それに見合ったお礼をするというのがマナーなのではないかと思います。

とくに、車を出してもらう場合には、高速代や、ガソリン代なども考慮する必要があります。

業者の場合は、利益も考えた価格帯に設定しているので、それなりの料金になっているのです。

友人知人に手伝いを頼む場合は、費用に見合ったお礼を用意しましょう。

もちろん、人手だけではなく、車を借りた場合にもお礼は必要です。

車を返す際には、必ずガソリンを満タンにすることと、洗車をしてあげることを忘れないでください。

借りたものは綺麗にして返却するのもまた、マナーだと思います。

まとめ

引っ越しのお手伝いを、してもらう立場のときは気が付きにくいかもしれませんが、逆の立場で考えてみてください。

汗水垂らして荷物を運んで、交通費もかかったのに、缶ジュース1本じゃあんまりですよね。

相手の立場となって考えれば、どんなお礼をされたら嬉しいか分かってくると思います。

後日、お礼としてなにか贈ってもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする