スカートのウエストを広げる方法とは?自分で出来る簡単な方法!

スポンサードリンク

「去年買ったスカートが穿けなくなってる…」なんて、よくある話ですよね…。

でも、穿けなくなったスカートを捨ててしまうのも、もったいない!

だれかに譲るのもひとつの選択肢ですが、お気に入りのスカートなら手放したくないと思いませんか?

今回は、穿けなくなってしまったスカートのウエストを、自分で簡単に広げる方法について紹介していきます。

スカートのウエストを広げる方法とは?

スポンサードリンク

「スカートのウエストを直すのは大変なんじゃない?」と思いますよね?

実際に自分でミシンを使って直した経験のある人ならおなさら、面倒な作業だとわかるはずです。

そこで、今回は誰でも簡単にスカートのウエストを広げる方法をいくつか紹介します。

たったこれだけ!?意外なスカートのウエストの直し方

はじめに紹介する方法は、直したいスカートを穿いて寝転がることです。

「たったこれだけ!?」と驚くと思いますが、スカートのウエスト部分を、摩擦を起こすことで生地を伸ばし、一時的に広げる方法です。

1. スカートを穿いた後に閉まる所までファスナーを上げる

2. そのまま仰向け状態になって寝る

3. 仰向け状態のままファスナーを上げる

たったこれだけの簡単な方法ですが、これはあくまでも一時しのぎ。

やりすぎるとスカート自体が痛んでしまう可能性があるので、気をつけましょう。

ベルトで固定して隠す!ベルトの種類によってはある意味おしゃれにも!

寝転がって直す方法は簡単ではありますが、一時しのぎの応急処置に過ぎません。

そこで、次はベルトを使ったアイディアを紹介します。

「ベルトを使うなんて、逆にウエストを締め付けちゃうじゃない」と思うかもしれませんが、きつく締めつけるのではありません。

スカートを穿いた後にファスナーを上げられるところまで上げ、その上からベルトを巻くのです。

ベルトで締めて固定することによって、スカートが落ちてしまうのを防ぐのと同時に、ファスナーとの間を隠すことも出来るのがポイント。

ベルトは幅の広いものがおすすめです。

ベルトとスカートの組み合わせによって、コーディネートを楽しむことも出来るし、ベルトの選び方次第で、印象が変えられるのは楽しいですね。

ちょっと面倒だけど、少しの手間を加えるだけでウエストアップ!?

スカートの生地を広げたりベルトで隠したり、という方法では「限界があるんじゃ…」と思いますよね。

ちゃんと直すのであれば、もっとも手軽なのは、ウエストのホックをできるだけ端の方に付け替える方法です。

これは、前記の方法では効果がなかった場合にもおすすめ。

針と糸は必要ですが、スカートの縫い目をほどいたりする必要もなく、誰でも出来ます。

スカートのウエストを広げる時に使えるグッズ

自分でウエストを直すのは面倒だけど、リフォーム屋さんにお願いするほどのモノでもないし…と、二の足を踏む人も多いのではないでしょうか。

そこで、お手頃な金額で手軽にスカートのウエストを広げられるグッズを、いくつか紹介します。

安全ピンや面ファスナー、100均グッズでコスパを抑える!

スカートのウエスト部分が苦しいと、柔軟性のないファスナーのままではさすがに限界があります。

そんな時はいっそ、ファスナーの金具部分を面ファスナーに付け替えてしまいましょう。

ファスナーが上がるところまで上げ、上がりきらなかった部分は安全ピンで留めるのも、簡単でコスパのよい方法ですね。

安全ピンで留めた後はベルトやシャツで隠してしまいましょう。

なお、安全ピンは出来るだけ小ぶりな銀色のタイプをおすすめします。

これだけでウエストが4cmもアップ!?とても優れモノアイテム!

「面ファスナーや安全ピンで留めるなんてイヤ!」って人には、「ミニノビル40」をおすすめします。

【楽天市場】衣類のサイズ調整  「ミニノビル40」:シリコーン・便利グッズの八商商事
https://item.rakuten.co.jp/hassho/mn40s/?scid=af_pc_link_tbl&sc2id=af_101_0_0#mn40s

「ミニノビル40」は、スカートやズボンの前カンやボタンに引っかけて使う、ウエストサイズ調整パーツです。

ウエスト部分の生地を足すことで、最高4cmも伸ばすことが出来ます。

取り付けも簡単なので、ちゃんと綺麗に直したい人には、このパーツをおすすめします。

1,000円以内とお値段もリーズナブルなので、リフォーム屋さんに持っていくよりずっと安く済んで嬉しいですね。

まとめ

お気にいりのスカートが入らなくなってしまうのは、女性にとって非常に悲しいことですし、「お直しでお金がかかるくらいなら…」と泣く泣く捨ててしまうこともあります。

けれど、リフォーム屋さんにお願いしなくても、ちゃょっとしたアイディアで、まだまだ穿くことが出来るようです。

ちょっと苦しいかな?と思っていたスカート、グッズなどを有効活用して、自分でリフォームしてみませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする