結婚式はスーツと礼服どちらで出席する?笑われる前にチェックすべき!

スポンサーリンク

最近の結婚式での服装を見ていると

スーツを着ている人が多いですね。

 

礼服は、親族の方が多く友達関係はスーツ、

上司の方は半々といった感じですね。

 

昔と今とでは変わってきている事もあり、

着る物にも変化がでてきたのでしょうか?

 

結婚式はスーツ?それとも礼服??

スポンサーリンク
結婚式にふさわしいビジネススーツならば

礼服でもスーツでもどちらでも良いでしょう。

 

礼服は、タキシードやディレクターズスーツ等を言い

礼服とビジネススーツの違いは真黒な礼服に対し、

ビジネススーツは少しグレーっぽい色です。

 

デザインは礼服の場合ゆったりしたシルエットの形が多いです。

 

礼服には3種類あり、「正礼装」「準礼装」「略礼装」です。

それぞれのシチュエーションや式場、相手の関係性などに合わせて選びましょう。

 

礼服の特徴

 

タキシード

日没以降の結婚式などに着用するフォーマルウェアで、黒のタキシード、

黒の蝶ネクタイ胸元に白のポケットチーフを入れる姿が定番で、格調高い服装です。

 

 

ディレクターズスーツ

昼間の結婚式に着用し、準礼装です。

シルバー系のネクタイに合わせ、結婚式の主賓や新郎新婦の父親向けの服装です。

 

 

ブラックスーツ

このスーツは冠婚葬祭に着用できる準礼装で、結婚式などには

レギュラー又は、ウィングカラーのシャツにシルバーグレーのネクタイと合わせます。

 

 

ダークスーツ

ネイビーやグレーなどの暗色系のスーツはゲスト用の服装で、2次会等

カジュアルな雰囲気の場所に向いています。

 

 

結婚式にNGな服装

 

◯白やピンクなどの明るい色のスーツ、新郎と被る可能性のあるスーツは避けましょう。

◯黒シャツは暗いイメージになってしまうので、お祝いの席では控えましょう。

◯新郎より、目立つ色のスーツは避けましょう。

 

以上の様に礼服でも場所や時間帯、新郎新婦に対しての関係性などで着るものが違って

きます。

 

スーツでも礼服でも場にあった服装であればどちらでも良いと言えるでしょう。

 

結婚式にはこんなオシャレもあり!

 

女性も男性も結婚式にふさわしいおしゃれがありますよね。

男性の場合どのようなおしゃれがあるのか?

 

ネクタイ

最近は白ネクタイをしている若い人の姿を見なくなりました。

今は、必ずしも白でないといけない・・なんて事はなくなりました。

 

マナーとして、カラーも認められてきているからです。

しかし、結婚式などの場では年配者もいるので配慮が必要です。

 

そこで、フォーマルの場にふさわしいネクタイ選びをしましょう。

 

シルク素材のネクタイで、色はシルバーやパステルカラーなどが人気です。

 

ピンクやパステルカラーなどの明るい色など華やかになるので良いでしょう。

逆に黒のネクタイは失礼にあたるので避けましょう。

 

また、遠くから見て黒に近い柄ネクタイも避けましょう。

 

 

スーツ

昔はダブルスーツを着ることが定番でしたが、

今はシングルスーツを着る人が増えました。

 

ダブルとシングルの差はありません。

 

また、一見黒?に見えるスーツでも実は紺色のスーツなどもおしゃれです。

 

ポケットチーフ、ラペルピン、パールのネクタイピン等小物を付けるとおしゃれで

清潔感を感じます。

 

ネクタイの柄、結び方、Yシャツの色、スーツの色等組み合わせを変えるだけでも

感じが変わるので是非お試しあれ!

 

どれもお祝いの場にふさわしい色を選びましょう。

 

ポケットチーフの折り方、ネクタイの絞め方一つでおしゃれになるので

同じ着こなしでも雰囲気は変わります。

 

少し手をかけることで、おしゃれに変身するので是非試してみてくださいね。

 

 

まとめ

 

結婚式と言う特殊な場所では、

男性も女性もお互いに意識してしまうものです。

 

特に、服装に目がいってしまいがちで、

おしゃれかおしゃれじゃないで印象も違ってきますよね。

 

 

女性は特に服装を見ています。

 

誰が見てもおしゃれと言われるような恰好で

是非他の男性よりも差を付けましょう。

 

結婚式の服装マナーとして男性はビジネススーツはNG?

できなきゃ恥かく!?結婚式のスピーチはお辞儀のタイミングが肝心!

結婚式のご祝儀が払えないときに試したい解決方法とは!?

スポンサーリンク