結婚式の受付係を断る上手な方法!これでバッチリな断り方!

スポンサードリンク

友人の結婚式に頼まれて困るのは、余興、スピーチ、受付だそうですが、どれを取っても嫌な人には絶対に嫌な役目ではないでしょうか。

とは言うものの、友人のお祝い事に関わる依頼を強硬に断るのも気が引ける、そんなお悩みを持つ方のために、今回は結婚式の受付を上手に断る方法についてお話しします。

結婚式の受付を断るのはダメなこと?

スポンサードリンク
まずは、そもそも結婚式の受付を断るのはダメなことでしょうか?

これは、はっきり言ってしまうと世間的には失礼に当たることです。

新郎新婦の招待客を迎え、ご祝儀のやり取りを行う役目を依頼してくるというのは、相手がそれだけあなたを信頼している証です。

それを断るのはつまり、信頼に応えられないという意思表示になりかねないのです。

結婚式に招待され受付をお願いされるくらいなので仲もよく信頼されている証拠なので出来ることなら受けてあげてほしいところでもあります。

ただ、依頼されたあなたにも都合はありますし、何より理由はどうあれ絶対に受付をしたくないというのでしたら、なるべく角が立たない言い方で断るのも仕方ないでしょう。

結婚式の受付の上手な断り方

どんな場合でも言えますが、他人からの依頼を断る場合の鉄則は、返事を迅速に行い、意思表示を明確に表し、そして誠意を以て謝罪を行うことです。

つまり、断りづらいからと無駄に返事を引き延ばさず、以下の理由から引き受けることが出来ないと伝え、期待に応えられなかったことを素直に謝る訳です。

なお、断る理由はなるべく穏当で、なおかつ相手が納得できるものにしましょう。

かつて受付を引き受けた際に嫌な目に遭ったなど、個人的なマイナスの感情から来る理由は相手の感情を害する場合もありますので控え、お金を扱う責任が重いとか、招待客に失礼があったら大変など、とにかく自分には重荷であると伝えましょう。

また、結婚式前に外せない予定があり会場への到着がギリギリになってしまうことなども断る理由としては妥当です。

結婚式の受付は招待客がまず会う結婚式の顔ともいえる仕事なので遅れることなどもちろんできません。

これももし到着が遅れてしまうと相手に迷惑をかけることを心配しているため断るということでしたら相手も仕方ないと思える理由になります。

まっとうな友人なら無理強いはしないと思いますよ!

逆に、どうしても無理だと言い張るあなたにそれでも無理を強いる相手は、この際今後の

付き合いを検討してみる必要が出てくるかもしれませんよ。

予告無しの結婚受付案内について

昔の話ですが、友人の結婚式に出席した際、本当にいきなり受付を頼まれたことがあります。

その友人はまあ、普段から世間的な交友範囲が広いとは言い難く、代わりに数少ない友人に

対する交友関係は深いという相手だったのですが、社会人になってから知り合った、しかも

年に数度しか会えない私が、何故に受付を頼まれなければならないのだろうと慌てたものです。

幸い、受付を任せられたもう一人の親しい友人の隣に座り、笑顔で挨拶をしたのちに記帳を

促し、ご祝儀を確認するだけの簡単なお仕事でしたので何とか事なきを得ましたし、友人の

ご両親にもずいぶんと感謝されました。

その時の経験から考えるに、どうしても嫌だったり自信がなかったりする場合以外は、結婚式の受付を当日、急に引き受けるのもありだと思います。

もちろん両家族にとって重要な招待客に失礼があってはならないなどの事情があった場合は、早くから綿密な打ち合わせが必要でしょうし、私の場合は親しい友人も一緒という安心感がありました。

でも、私がいきなり、何の用意も覚悟もないままやってみた限りでは、受付はそれほど難しいものではありませんでした。

まとめ

結婚式の受付は大体において簡単なものでありますし、今後の友人関係を考えると出来れば

引き受けた方が良いのですが、人によっては絶対にやりたくないことでもあるでしょう。

だからせめて、断りの返事を入れる際は相手の都合や予定を考えて、なるべく早く自分には出来ないことを伝えましょう。

結婚式に呼ばれるくらい仲が良い相手なら、きっと、あなたの本当の気持ちも

いろいろと察して無理強いはしないでくれますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする