デオドラント、メンズ向けでいい香りのものは?おすすめはコレ!

スポンサードリンク

汗をかく季節になると、悩みの種となるのが「ニオイ」ですよね。

周りに汗くさいと思われていないか、不安に思っている人も多いと思います。

今回は汗のニオイについて悩んでいる男性に、香りのよいデオドラントやデオドラントの正しい使い方について、ご紹介していきます!

メンズ向け、いい香りのデオドラントランキング!

スポンサードリンク

一口にいい香りといっても好みは人それぞれですが、汗のニオイや体臭が気になるという人には、石けん系の香りやシトラス系の香りなど、爽やかでフレッシュなタイプをおすすめします。

一般的に石けん系やシトラス系は男女問わず好まれやすく、清潔感のある印象を与えます。

ここでは石けん系やシトラス系の香りのデオドラントを、おすすめ順にランキング形式でご紹介していきたいと思います。

1位 AXE アフターファイブ スパークリングフルーツのさりげない香り

メンズコスメブランドAXEのスプレータイプのフレグランス。

フルーティな香りからバニラ・アンバーの香りへと変化していきます。

フルーツのフレッシュさの中に、大人の色気を感じさせるような品のある香りが特長です。

香りが強いと感じる人もいるようなので、つけすぎには注意してくださいね。

2位 Ag DEO24 メンズデオドラントスプレー スタイリッシュシトラス

「銀イオン」で有名な、Agの男性向けスプレー。

有効成分がニオイ菌を殺菌し、いやな汗のニオイを長時間防いでくれます。

サラッとした使用感で、強すぎないシトラスが爽やかに香り、汗のニオイだけでなく加齢臭にも効果があるので、ミドル層にもおすすめです!

3位 GATSBYアイスデオドラントボディペーパー アイスフルーティ

汗でべたつく肌に効果的な、拭き取りタイプのデオドラントシート。

メントール配合なのでスーッとした爽快感もあり、防臭効果を得ることができます。

大きな厚手のシートなので全身をしっかり拭き取れ、使用後はほのかにフルーティな香りが漂います。

4位 8×4メン ロールオンフレッシュソープ

高密着で制汗&殺菌効果が続く、ロールオンタイプのデオドラント。

男性の脇にフィットするビッグボールを採用し、忙しい朝でもさっと短時間で塗ることができます。

脇に塗るとひんやりと気持ちよく、すぐに乾くのでべたつきも気になりません。

控えめに香る石けんの香りが、爽快感をプラスしてくれます。

5位 De Ou 薬用プロテクトデオジャム

脇以外にも使用できる、ジェルタイプのデオドラント。

密着&速乾性に優れ、有効成分がニオイと汗をしっかりブロックしてくれます。

とくにニオイを発しやすい、脇・首・耳のうしろなどに使用するとより効果的です。

使用後は爽やかなシトラスハーブの香りが漂います。

メンズ必見、正しいデオドラント製品の使い方!

ニオイの元となる菌を殺菌したり、汗を抑えたりする効果があるデオドラント。

デオドラントをより効果的に長持ちさせるためには、いくつかの点に注意しながら正しく使うことが大切です。

ここでは肌に吹き付けるスプレータイプと、直接塗るロールオンタイプやスティックタイプについて、正しい使用方法をご紹介していきたいと思います。

スプレータイプ

スプレータイプのデオドラントは、吹き付ける前にタオルなどで軽く脇の汗を拭き取りましょう。

汗をかいたまま吹き付けると、殺菌や制汗の効果が思うほど望めない可能性があります。

さらに、乾いたタオルだと雑菌を十分に拭き取れない場合があるため、濡らしたタオルやウェットシートなどを使用するのがおすすめです。

汗を拭き取ったあとに肌から10cm以上離して適量をスプレーし、使いすぎに気を付けて、3秒以上は噴射しないよう注意しましょう。

ロールオン・スティックタイプ

直接肌に塗るロールオンやスティックタイプは、汗をかく前の清潔な肌への使用をおすすめします。

汗をかく前に塗ることによって、雑菌の繁殖を殺菌成分が防いでくれます。

汗をかいたあとに塗る場合には、スプレータイプ同様、濡れたタオルなどで拭き取ってから塗ってください。

また塗るときにはより効果を高めるため、脇全体にたっぷりと塗りましょう。

塗る量が少ないと、効果を感じにくい場合があります。

ロールオンタイプは塗る前に容器を逆さにし、ボールを転がしてしっかりと液をいきわたらせると塗りやすいです。

まとめ

暑い季節に汗をかかないようにするのは、さすがに難しいですよね。

むしろ適度に汗をかいたほうが健康にはよいとされています。

しかし、汗はニオイだけでなく、あせもなどの肌トラブルの原因にもなりかねません。

汗をかいたらできるだけ小まめに拭き取り、デオドラントなどを使用しながらニオイや肌トラブルを未然に防いでいきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする