熊よけグッズ10選!熊よけの鈴や熊よけスプレーが効果的!?

スポンサードリンク

趣味を見つけるために、興味を持ったかもしれない登山。

運動をもっとしてみようと思っての登山。

山菜採りや、自然とのふれあいをしてみたくての登山。

きっかけはさまざまですが、

せっかくだから楽しみたいですよね。

でも、登山中に熊とばったり遭遇・・・

なんてニュースもよく耳にしますよね!

そこで、熊を心配せずに登山を楽しむための方法を一挙公開します!

登山をはじめるなら熊よけは必須!

スポンサードリンク

熊はもともと人を必ず襲うというわけではないそうです。

自分の住んでいるところにいきなり現れた人間。

突然、いつもと違うものを見てしまったりしたら、

人間だって驚いて騒いだり悲鳴を上げたり、

暴れたりとあり得ないことをやってしまいますよね。

それと一緒です。

ちょうど、登山をするのに適している季節は

クマにとっても一番うろうろしている季節。

冬眠の準備をするために、食べ物を探しているところに、

出くわして驚いているのは人間だけじゃなくて、熊なんです。

熊には本州から北海道まで注意しなければなりません。

尾瀬や、八ヶ岳、アルプスなど人気の山岳エリアでも

熊は毎年出没していて、おおよそ6月下旬頃~11月下旬頃まで熊の目撃情報があります。

熊が出やすい時間帯は、早朝や夜間で、

出やすいのは、見通しの悪い場所、沢などの狭いところ、

山とつながっている林や川沿いの藪です。

そういう場所を通過する時は、

周りを意識しながら、熊鈴などを鳴らして行動しましょうね。

力の差、体格の差がありすぎる熊と戦うことは考えず、

熊が自分を避けてくれることを一番に考えるべきです。

大事なことは、大自然の動物の世界にいきなり入って行く側なのですから、

その場所を住みかにしている動物たちを驚かせたり

刺激したりしないように気をつけることです。

それは、もちろん熊以外にも当てはまりますよ。

自然は人間だけのものではないです。

でも、人間も動物であり、自然の一部であるんですから、

動物たちのこともちゃんと考えましょう。

熊よけグッズ10選

①熊よけの鈴

クマに自分の存在を知らせるためのもの。

音色もデザインもさまざまなものがあります。

消音機能が付いているものもあるので、

山以外では音を消すことができて便利なものもあるようです。

つけていても、絶対にクマが寄って来ないというわけではありませんので

注意が必要ですね!

②熊よけホイッスル

もともと海難救助用のホイッスルが

熊よけホイッスルとして売っていたりします。

その音は非常に大きいので

山で遭難した場合などにも使えますよ!

遭難したときは少し長めで吹くのを3回以上繰り返すというやり方のようなので

熊よけで吹く場合は、それと間違えられないように吹きましょう。

③熊撃退スプレー

唐辛子の成分が使われていて、

クマの頭部に吹き掛けることで強烈な痛みや刺激があるそうです。

しかし、とても強力なものなので、

使う際には自分の方に来ないように気をつけましょう。

風下にいると、スプレーが自分の方に来てしまい、

自分がやられてしまいます。

人間にかかってしまうと、皮膚の場合は水ぶくれやただれ、

目の場合は視力低下や失明の恐れがあるため、細心の注意が必要です。

④爆竹

クマを驚かせて退散してもらおうというものです。

しかし、逆にクマを興奮させてしまうという危険もあります。

⑤ロケット花火

こちらも、クマを驚かせて、退散してくれれば良いですが、

逆にクマを興奮させてしまう危険があります。

⑥ラジオ

熊よけの鈴などと同じで、

自分の存在をクマに知らせることができます。

これも、熊よけの鈴と同じように、鳴らしながらの登山でも

クマが絶対に寄って来ないというわけではありません。

⑦ワンタッチ傘

いきなり開いて見せて、相手が突然大きくなったように錯覚させ、

退散させることができる可能性があります。

ただ威嚇しすぎないように気を付けたいところですね。

⑧刃物

恐怖心で冷静な判断や行動ができなくなる恐れがあるので、

使うというよりも、心を落ち着かせるためにナタなどを持っていくと良いですね。

⑨シェアファイアという明るさの強いライト

あまりにもまぶしいライトなので

クマを威嚇したり目くらましするのに使えます。

明かりの強さを調整すれば、普段にも使えるそうですよ。

⑩熊のことを解説してある本

そして、行く際には必要ないものとなってしまうと思いますが、

クマについてのことが書かれている本を読んで、

クマがどういう生き物なのかを知っておくことも

重要なのではないでしょうか?

まとめ

どの道具を使うにしても、

完全に安全だとは言えなさそうですよね。

ですから、道具に頼るだけじゃなくて、

自分自身もまわりを常に気にした方がいいですね。

特に一人での登山は危険を伴いますので、

かならず2人以上で行動してくださいね^^

冬のバーベキューは鍋で決まり!おすすめ食材はこれ!

実は眼鏡も劣化する!?変えるタイミングと頻度はどれくらいがベスト!?

スマホはめっちゃ汚い!なんと居酒屋トイレの5倍の雑菌!?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする