専業主婦のお小遣い平均は?!パート主婦や兼業主婦のお小遣い事情!

スポンサードリンク

突然ですが、専業主婦の皆さん、

旦那様からお小遣いはもらっているでしょうか?

もらっている方は、他の家庭では、主婦の皆さんが

どのくらいお小遣いをもらっているか気になりませんか?

今回は、そんな主婦のお小遣い事情について説明したいと思います。

専業主婦のお小遣い平均は?

スポンサードリンク
ある調査によると、専業主婦のお小遣い平均は

10000円~15000円だそうです。

10000円を日割り計算すると、1日あたり約333円。

15000円を日割り計算すると、約500円となります。

お友達とランチに行って1500円を使ったとします。

でも、次の日の二日間の昼食は前日の残り物や家にあるパスタなどで済ませる、

というようにメリハリのある使い方をすれば、

1日300円、あるいは500円でも特段困らない、

という方も多いかもしれません。

専業主婦の場合、兼業主婦のように比べると仕事で必要な経費がかかりません。

スーツや仕事用のバッグなどを買う必要がないので、

出費を抑えようと思えば抑えられるかもしれません。

とはいえ、全く自分のために使うお金がない…

というのは精神的にも辛いものがあると思います。

そのように考えると、

平均額の10000円~15000円が、

ほどよく自分の楽しみのために使える、

ちょうど良い額なのではないでしょうか?

兼業主婦のお小遣い平均は、20000円~40000円。

やはり、専業主婦に比べると金額がぐっと上がります。

専業主婦にはない出費…ランチ代や洋服代などがかかることによるでしょう。

仕事上でのお付き合いもあるかもしれません。

また、兼業主婦の方は「自分で稼いだお金」というのがあるので、

もしかしたら旦那さんのお小遣いと同じくらいの額、

もしくはそれ以上をもらっている場合もあるかもしれませんね。

共働きの夫婦は、世帯年収が多い、というメリットはありますが、

だからこそ家計管理が曖昧になりがちなので、そこは気を付けたいですね。

夫にお小遣いの値上げを要求するときの交渉術

もうちょっとお小遣いが上がれば、自分の好きなものを買えるのに…。

家計のものや子供のものばかりでなく、たまには自分の楽しみのために

お金を使いたいなぁ…。

こんな風に考えてる方!旦那さんに是非交渉してみましょう!

どんな風に交渉すればいいのか、そのコツをお伝えします。

家計簿を見せる

お金のことは奥さんにまかせっきりで、ほとんどノータッチ…

という旦那さんも多いのではないでしょうか?

そういう男性は、食費にいくらかかり、日用品にいくらかかり、

子どもにかけるお金にいくらかかり…という事が、

びっくりするくらいわかっていません!(笑)

きちんと、家計に出費についての項目、金額をオープンにし、

そのうえでお小遣いのアップについて相談すれば、

意外とすんなりいくかもしれません。

家事を頑張る

皆さん、もう家事は十分頑張っているとは思いますが、万が一旦那さんが

お小遣いアップにいい顔をしてくれないのなら、

いつも以上に家事を頑張りましょう!

頑張っていることがわかれば、旦那さんも

「ちょっとくらいならいいかな」という気持ちになってくれるかもしれませんよ。

可愛くおねだり

えー絶対無理―、キャラじゃないしー、

と思われるかもしれませんが最後の奥の手です!

あからさまに甘えるわけではなくても、

いつもと違った自分を見せるだけでも試してみる価値ありです!

まとめ

あなたがもらっているお小遣いは平均より多かったでしょうか?

それとも少なかったでしょうか?

少なかった方は、「平均はもっと多い」ということをさりげなく旦那さんに伝えつつ、

上に書いたコツでお小遣いアップを狙ってみてはいかがでしょうか?

旦那の給料って平均でどれくらいなの?低すぎでイライラしてる人へ!

夫の小遣いはいくらが平均相場?おこづかいの内訳を大調査!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする