日本三大桜の名所をご紹介!三大桜と三大名所で違うから注意して!

スポンサードリンク

まだまだ寒い冬ですが、あと2ヶ月足らずで暦の上では春になります。

春といえば、なんといっても桜の季節ですね!

今回は桜の三大名所と三大桜をご紹介します。

そうなんです。

場所と桜は別々に三大があるんです!

知っていましたか?

意外とごちゃ混ぜになっている人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はそれぞれのトップ3を紹介しますので、今年のお花見の参考にしてみて下さいね!

日本三大桜の名所をご紹介!

スポンサードリンク
まずは名所をご紹介します!

吉野山(奈良県吉野町)

日本一といっても過言ではない、日本最古の桜の名所です。

『古今和歌集』や『新古今和歌集』にも歌われるほど、古代から桜の名所で親しまれています。

ここまで桜が増えたのは、桜の木が御神木・霊木として祀られているからで、平安時代の後期から桜の名所となったといわれています。

品種は「シロヤマザクラ」を中心に約200種の桜が3万本も咲き乱れます。

「一目千本」ともいわれ、一目で千本見れるほど桜がにぎわっています。

山頂に向かって

「下千本(しもせんぼん)」

「中千本(なかせんぼん)」

「上千本(かみせんぼん)」

「奥千本(おくせんぼん)」

と分けられ、1ヵ月をかけて山頂に向かって花開いていきます。

なので、4月上旬から下旬まで、長く桜が楽しめる場所でもあります。

桜の最盛期には1日で2万人、イベントの日には40万人のひとが訪れる、まさしく三大名所です!

住所:  奈良県吉野郡吉野町吉野山

桜の時期: 4月上旬~下旬

ライトアップ時間:  18:00~22:00~下旬

参考サイトURL: http://www.yoshinoyama-sakura.jp/sakura.php

弘前公園(弘前城)(青森県弘前市)

北日本の桜の名所、弘前公園(ひろさきこうえん)です。

日本三大夜桜のひとつでもあり、夜まで桜を楽しめます。

お城の天守閣とお堀一帯に桜が咲き乱れます。

人気の品種「ソメイヨシノ」を中心に「シダレザクラ」や「八重桜」など、約50種の桜が2600本も咲き誇り、お城とのマッチングが美しい名所です。

また、樹齢130年の最古の「ソメイヨシノ」が大切に育てられています。

見ごろを迎えるのはゴールデンウィークあたりで、関東地方とは1ヵ月近く遅くなるので、見逃した方は少し足を伸ばして出かけてみるのもいいかもしれませんね!

住所: 青森県弘前市下白銀町1

桜の時期: 4月下旬~5月上旬

ライトアップ時間: 18:00~22:00

料金: 入園無料(一部有料 300円)

公式サイトURL:http://www.hirosakipark.jp/sakura/

高遠城址公園(長野県伊那市高遠町)

三大名所、最後に紹介するのは高遠城址公園(たかとおじょうしこうえん)です。

長野県に位置し、中央・南アルプスをバックに桜が楽しめます。

ライトアップもするので夜も楽しめます。

「天下第一の桜」ともいわれ、城址公園を華麗に埋め尽くします。

品種は「タカトオコヒガンザクラ」という可憐で濃桃色の小ぶりの桜が1500本咲き乱れます。

樹齢1300年を超える大木から若木まで育てられており、その枝ぶりも楽しめます。

住所: 長野県伊那市高遠町東高遠

桜の時期: 4月上旬~下旬

時間:8:00~17:00(開花最盛期は6:00~22:00)

入園料: 大人 500円・小中学生 250円

参考サイトURL: http://www.inacity.jp/kankojoho/sakura_meisho/takato_sakura/kankopamphlet.html

日本三大桜をご紹介!

続いて、日本三大桜についてご紹介します。

三大桜は国の天然記念物にも指定されていて、その大木は荘厳な美しさです。

三春滝桜(福島県田村郡三春町)

三春という名は梅と桃と桜が一度に咲き誇ることから、3つの春が同時にやってくるという意味だともいわれています。

この三春滝桜は樹齢1000年(!!)を超える「ベニシダレザクラ」の迫力満点の巨木で、古木にもかかわらず周囲に伸びた枝にはたくさんの花を身にまといます。

そばには「さくらの公園」があるので、こちらでも桜を楽しめます。

住所:福島県田村郡三春町滝字桜久保296

桜の時期: 4月中旬~下旬

時間:6:00~18:00(ライトアップ期間は20:30まで)

桜観料: 大人 300円・小中学生 無料

参考サイトURL:http://miharukoma.com/experience/183

山高神代桜(山梨県北杜市)

ふたつ目は山高神代桜(やまたかじんだいさくら)で、樹齢2000年(!!!)の「エドヒガンザクラ」です。

現存する桜の木では最古ともいわれ、ヤマトタケルの東征の際に植えられたともいわれています。

「新日本名木100選」にも含まれ、「妙法桜」ともいわれています。

住所: 山梨県北杜市武川町山高2763

桜の時期: 4月上旬

公式サイトURL: https://www.hokuto-kanko.jp/sp/sakura_jindai

根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)

最後にご紹介するのは、根尾谷淡墨桜(ねおだに うすずみざくら)です。

樹齢1500年(!!)の「エドヒガンザクラ」で、何度も危機を乗り越えてきた奇跡の桜です。

つぼみから花、そして散り際で色が変わるのが特徴で、薄いピンクから白、そして薄い墨のような色に変わるそうです。とっても幻想的ですね。

ライトアップもされるので、夜はさらに幻想的ではないでしょうか。

住所: 岐阜県本巣市根尾板所上段995

ライトアップ:  18:40~21:00

桜の時期: 4月上旬~中旬

参考サイトURL: www.city.motosu.lg.jp/sight/usuzumi/

今年はどこの桜に行こうかな?

そう思っている方の参考になりましたでしょうか。

どこの桜も美しくて一見の価値ありですが、今年はまだ見たことがない桜を見にお出かけするのもいいかもしれませんね!

名所の場所と桜の木でそれぞれ違う三大桜という豆知識も話のネタになるかもしれませんね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする