【マル秘情報有】河津桜の開花から満開までの期間は?レア情報もご紹介!

スポンサードリンク

春の花といえば桜。

そんな桜ですが、実は2月から見頃を迎えるものがあります。

「河津桜」という種類の桜で、見頃は2月の下旬ごろ。

「本州一の早咲きの桜」とも言われています。

今回はこの「河津桜」について、開花と見頃の時期や桜祭りについてお話しします。

少し早い春の便りを楽しみに、河津桜を見に行ってはいかがでしょうか。

河津桜の開花から満開まではどれくらい?

スポンサードリンク

河津桜は、静岡県の賀茂郡河津町が発祥の桜で、町全体に約8000本の河津桜の木があります。

はっきりとした濃いピンク色の桜で、河津川沿いに約3kmに渡って咲く約800本は、川の青と美しいコントラストを描きます。

そしてなんと言っても最大の特徴は、「開花時期の早さ」と「花を楽しめる期間の長さ」にあります!

開花予想

2018年の開花予想は・・・

咲き始め:2月5日ごろ

見頃:2月25日ごろ

ただし、開花は天候に左右されやすく、毎年かなりのズレがあるのです。

この予想はプロでもなかなか難しいのだとか!

とはいえ、花期が約1ヶ月と息の長い桜でもあるので、旅行の日程と見頃の予想がずれたとしても綺麗な桜を見ることができますよ。

見頃は7~8分咲き!

「河津桜を一番きれいに見るなら満開を狙う!!」

そう考えている方も多いのではないでしょうか?

実はこれはNGです!

満開の河津桜を見られれば、それはそれでいいのですが、先ほどもご説明した通り河津桜の満開時期の予想はプロでも容易ではありません。

満開の期間は最大で1週間しかありませんからね!

そんな満開の時期を狙っていってしまうと、時期がズレて葉が出てきてしまう事もあります。

ピンク色のきれいな河津桜があちこちに咲き乱れる・・・。

でもその中に緑色の葉がポツポツとあるだけで、河津桜の勢いが半減してしまいます。

せっかく見るなら勢いが乗っている河津桜を見たいですよね!!

なので、一番の見頃は桜に勢いがついた7~8分咲というわけです。

河津桜は開花してから1ヵ月は持ちますが、それでも勢いが乗っている時に見に行きたいというのであれば、早め早めに見くことをお勧めします!

葉がでてきてしまうと、本当に勢いがなくなってしまいますからね・・・。

河津桜のマル秘絶景ポイント!

それではここからは河津桜を見るなら絶対に外しちゃいけない絶景ポイントをご紹介いたします。

特に満開の時期は休日・平日ともに結構混雑しますので、時間には余裕をもって行動してくださいね!

かじやの桜

河津桜ではぶっちぎりの人気NO1の呼び声も高いポイントです。

これぞ河津桜と言わんばかりの桜の勢いに圧倒されちゃいます!

ただ、こちらの桜は私有地にあるんです!

でも、所有者さんが一般開放していて、写真撮影だったりお土産も販売されていて、夜にはライトアップまで楽しめます。

樹高が低いので、写真撮影にももってこいですよね!

満開の河津桜が所狭しと写る迫力ある写真が撮れますよ!

かじやの桜は桜の近さも魅力のひとつですね!

河津桜のライトアップ

こちらも河津桜を見るなら絶対に外せないですね。

川沿いの河津桜がライトアップされている様子は圧巻ですよ!

川に反射したライトが幻想的な雰囲気を作り出すんです!

ライトアップの時間は場所によって違いがありますので、しっかり確認してから言ってみてくださいね!

ライトアップ時間

・河津駅前の館橋より下流のライトアップ18~21時

・峰温泉豊泉橋(ほうせんばし)~踊り子温泉会館裏のライトアップ18~21時半

・ループ橋下ライトアップ18時~22時

・名木のライトアップ18~21時

おすすめのライトアップ場所は「峰温泉の踊り子温泉会館裏」

川岸から河津桜のライトアップを見上げる格好になるので、とてもきれいに見えますし、写真も撮りやすいんです!

インスタ映えしちゃうこと間違いなしですよ!

ぜひ行ってみてくださいね!

豊泉橋

この赤い欄干が目印の豊泉橋!

この橋の上から見る両岸に咲き乱れる河津桜は最高です!

橋の上から見ることで歩道を歩いている観光客が桜の陰に隠れるので、あまり気にならなくなるんです。開放感を目一杯味わいたいなら橋の上から咲き乱れる河津桜をおすすめします!

さらにあなただけにお伝えしたい撮影テクニック!

豊泉橋の赤い欄干と咲き乱れる両岸の河津桜をちょうどいい塩梅に写すとまるでプロカメラマンが撮影したかのような一枚になります!

赤い欄干とピンクの河津桜がなんとも言えない色合いで一枚の写真に納まりますので、カメラ初心者の方にはもってこいのおススメ撮影スポットです!

ぜひお試しくださいね!

伊豆河津桜祭りってなに?

発祥の街である河津町で行われるお祭りで、毎年河津桜の開花する頃に行われています。

期間中、地元の特産品を販売する出店やステージパフォーマンスなどが各会場で開かれます。

桜の名所を巡るシャトルバスや夜間の桜のライトアップなども行われ、毎年多くの観光客で賑わっています。

2018年の日程とイベントスケジュールは以下の通り。

期間:2月10日~3月10日

・オープニングセレモニー

日時:2月10日(金) 9:00~

会場:河津桜観光交流館 大型①駐車場

伊豆の踊り子らによるテープカット等各種イベントがございます

・第8回 B級ご当地グルメ大集合!

日時:2月10日(土)~12日(月) 10:00~15:00

場所:実行委員会 普通乗用車駐車場⑦内

伊豆各地のB級ご当地グルメ実演販売

・河津桜「お花見特設ステージでパフォーマンス」

日時:2月17日(土)~3月4日(日)

10:00~15:00(予約制)

料金:無料 ※時間制限あり

・河津桜満喫ナイトウォーク

浜コース3km / 日時:2月23日(金)19:30~

集合場所:河津桜観光交流館駐車場

出発前に遠州木嶋手筒組花火の実演

・桜並木 名木ライトアップ

日時:期間中毎日 18:00~21:00

場所:館橋下流、峰地区、河津七滝地区

名木場所:かじやの桜、車の桜、河津駅前の桜、今井浜の桜

豊泉の桜、涅槃の桜、上条の桜、役場の桜、隠居の桜、

大宮瀬の桜(計11箇所)

・伊豆の踊り子との記念撮影(無料)

日時:期間中の土曜・日曜・祝日 10:00~15:00

場所:笹原公園付近、かわづいで湯橋間にて

伊豆の踊り子」と記念撮影(無料)。

河津桜はっぴの撮影用貸出サービスあり

・伊豆太陽農業祭

日時:3月3日(土) 9:00~15:00

場所:河津バガテル公園

農産物品評会、農産物特産品販売他

・商工会賛助店、賛助会員出店コーナー

日時:期間中毎日 9:00~17:00

地場の農作物や海産物の販売等

○その他期間中に体験できるイベント等

・かっぱ寺 栖足寺 河童展 開催

拝観無料 ※伝承「河童のかめ」拝聴体験もあります(500円)

・御朱印さんぽ 限定御朱印

期間1月1日(月)~11月30日(金)

河津駅付近の駐車場事情

河津桜が咲くシーズンになると日本全国から観光客が押し寄せますので、どうしても駐車場が無くなってしまいます。

そんな時にお勧めしたい方法やお役立ち情報をまとめてみましたので、ご覧ください!

伊豆高原駅からパーク&トレイン

もっとも確実な方法がこれ!

伊豆高原駅に車を止めて電車を利用するのがベストです!

河津駅から河津桜スポットは徒歩圏内なので、花見スポットを巡るための車は必要ありません。

だったら邪魔な車は伊豆高原に置いておいて、花見を満喫するのがベストですよ!

伊豆高原から河津駅の割引往復乗車券も発売されていますので、それを活用してくださいね!

町内宿泊者は無料

実は河津桜観光交流館の駐車場は町内宿泊者だと無料になるんです。

自分が泊まる宿に確認するのが一番いい方法ですが、無料のチケットをくれますので、それを活用すれば、河津桜観光交流館で駐車場代がかかることはありません。

ただし!

朝は早めに駐車場に着くようにしないと満車で止められないなんてこともありますので、気を付けてくださいね!

実行委員会運営の駐車場は朝の8:30にオープンとされていますが、実は7時ころに行っても中に駐車することができます。

係員の方はいないので、後払い方式になるのですが、それも可能なのでぜひ朝早く駐車場の場所取りから気合を入れてくださいね!

河津バガテル公園がおすすめ!

パーク&トレインは面倒くさい・・・。

でも会場周辺は全然駐車場が空いていない!!

そんな人に一番おすすめなのが、河津ハガテル公園!

250台の車を停めれる広大なスペースがあるうえに、なんと駐車場が無料で停めれるんです!

河津桜祭りの会場からは離れていますが、河津桜祭り期間中は無料シャトルバスも運行中ですよ!

ただ、有料・無料のシャトルバスを合わせてもなかなかバスが来ないので、駐車場から河津桜祭りの会場まではバスを使って、帰りはタクシーで河津ハガテル公園まで帰ってきた方が効率がいいです。

超奥の手!河津浜駐車場

河津浜駐車場はその名の通り海水浴場の駐車場です。

でも、2~3月はさすがに海水浴客はいませんからね(笑)

約50台程度の駐車スペースが空いていて、河津桜祭りの期間中は結構ガラガラです!

河津桜祭りの会場まではのんびり行くと約30~40分はかかってしまいます。

でも!!

会場に行く手前から河津桜の桜並木がありますので、のんびり桜を見ながら歩くこともできますよ!

河津桜祭りの会場周辺は休日ともなれば、めちゃくちゃ混んでいて歩くのも疲れてきちゃいうくらいの混雑具合ですからね・・・。

のんびり優雅に河津桜を楽しみたい方にはおすすめです!

河津桜が見れなくなる可能性が!?

河津川を挟むようにして咲き乱れる河津桜。

やっぱり川を挟んで咲いているからきれいに見えるんですよね!

でも、そんな川沿いの河津桜が将来見れなくなる可能性もあります。

というのも、河津川沿いの河津桜は樹立からすでに50年近く経過しています。

早い話が寿命なんです。

専門家の間では、一部の河津桜の樹勢に衰えが見え始めているそうです。

じゃあ、新しい河津桜を育てればいいじゃないかと思うかもしれませんが、現在の法律がそれを許しません。

50年前までは川沿いに植木するにも、そこまで厳しい規制はありませんでした。

でもその法律が改定されて、今ではかなり厳しいものになったのです。

その中で河津桜を川沿いに植えるのは河川の氾濫を招くとして、現在の法律の基準では植えられないという訳です。

現在でも将来どうなるかは未定だそうです。

ただ、このままだと見られなくなる日も来るかもしれません・・・。

日本三大桜と日本三大桜の名所のウンチク!

余談ですが、あなたは日本三大桜をご存知ですか?

なかなか「知ってるよ!」という人は少ないかと思いますが、実は日本三大桜と日本三大桜の名所はそれぞれ別の場所なんです!

日本三大桜の名所をご紹介!三大桜と三大名所で違うから注意して!

まとめ

いかがだったでしょうか?

もし河津桜まつりにお出かけを予定しているなら、比較的混雑の少ない平日を狙っていくことをおすすめします。

でもどうしても休日じゃないとお休みがとれないという方は、ぜひこの記事でご紹介した方法で河津桜を楽しんでくださいね!

今年は伊豆の河津桜を見て、少し早い春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする