社会人の休日の勉強の仕方を伝授!今すぐ実践できる方法を大公開!

スポンサードリンク

社会人となってからは仕事に打ち込み、仕事が忙しいと言うのが常です。

しかしだからと言って、仕事の内容やこれから仕事で活かすための資格を取るための勉強もまた怠ってはいけません。

「けれどもどう勉強すればいいのか分からない」、「どんな資格を取っておけば今後に役立つのか分からない」、そう悩める人達に今回は休日を活かして、どう勉強すべきかを紹介したいと思います。

社会人の休日の勉強で効率的な方法とは?

スポンサードリンク
よく資格を取得したくても取得出来ないと言う人に対し理由を聞くと、「時間がないから」と言う答えをよく聞きます。

ですが、社会人として勉強する以上、「時間がない」と言うのはただの言い訳です。

なので、どうすればそんな言い訳に逃げずに済むか、効率の良い方法をいくつか紹介します。

時間がないと言い訳をするのならば時間を設ける

まず社会人が勉強をしない理由の1つである「時間がない」と言う状況を打破するには、毎日1時間とそれだけの時間だけでも勉強をしてみる事が大事です。

Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏も多忙を極めながらも意図的に時間を作っては勉強をしているそうです。

勉強をするために大事なのは時間ではなく、意図的な意識です。

「1日に1時間」としっかり時間を決めて、毎日継続していけば、それは自然と習慣になり、「時間がない」と言う事もなくなりますし、何より休日にも勉強していけば、「少し時間があるから勉強でもしようかな」と自然と意識が傾きます。

だからこそ「時間がない」と言うのは非常に厄介な言い訳なのです。

スマホやSNSに依存するからダメ!そういった時間を勉強に回す

最近、AIの発達もあってか、資格会得のために役に立つアプリなどもいくつか存在しています。

そう言った意味では非常にスマートフォンは私達の生活に欠かせないものですが、そう言った事にスマホを役立てるのではなく、現代の日本人はSNSやアプリなどでスマホを自然といじってしまうのが癖になっています。

休日も何かやる事がないとすぐにスマホを取り出してしまったりがちだと思いますが、そう言った些細な合間の時間でも少しは勉強する事はできます。

そして何より人間の脳は長時間勉強するよりも、短時間勉強した方が自然と脳味噌はその知識を覚えていてくれます。

なので休日に出かけていても、その移動中などにちょっと勉強するだけでもいいんです。

このたった少しのタイムロスで今後社会人としてスキルアップできるかどうかに大きな違いを生んできます。

誰にも邪魔をされない時間に勉強するのも効率的

休日になると何かと予定が入ったり、予定が入っていなくとも「どこかに出かけたい」と思う人はもちろんいます。

そんな人に休日を活かして勧めたい勉強方法は誰にも邪魔をされない時間に勉強をする事、つまり早朝に勉強をする事です。

「明日は休みだから夜通し勉強しよう!」と意気込むのではなく、夜はしっかりと睡眠を取って脳を少しでも休ませた後に早朝から勉強した方が効率が良いそうです。

よく脳科学者の間では早朝の勉強を「ゴールデンタイム」と言いますが、それほど効果的なんです。

社会人は休日に資格取得の勉強を!

社会人としての勉強はスキル向上の他にも資格取得によって、またワンランク上の仕事が出来るようになると言う勉強もあります。

では何故こうも資格取得がいいのかと言うと、その理由は3つあります。

・自分自身の実力を最大限に活かせる

・転職の際に非常に有利になる

・歳を取っても、資格の内容によっては、会社を辞めても活かす事が出来る。

多くの人に「なぜ取得するのに勉強するのか?」と聞いて返ってくる返事はやはり、自分自身の実力を最大限に活かせる、つまりスキルアップのためです。

ただただ仕事をしていても、結局は人に与えられたものをただこなすだけであって、自立や今後の事を考えていません。

そう言った面では、この先「また別の仕事がしたい」と思った時に資格を多く持っておくと、転職の際に非常に有利で困る事もないです。

最後の会社を辞めても今後に活かせると言う事は、普段であれば考えないと思います。

ですがやはり不景気が続く今だからこそ、老後の事も考えて、少しでも苦労しない様にと資格を取るために勉強しても損はありません。

まとめ

休日は休むためにあるものとされていますが、せっかくゆっくり時間を過ごしているならば、資格取得やスキルアップのための勉強をした方が非常に有意義です。

学生の頃は「この講義を取っておかないと、単位が足りなくなる!」などの危機感はありますが、社会人にはそれがありません。

なので、「面倒だ」と言う気持ちを心に閉まって、少しでも休日の過ごし方を見直す事から始めるのも、また自分が変わるための1歩なのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする