お盆の手土産にのしは必要?知っておくべき手土産のマナーまとめ!

スポンサードリンク

お盆の時期になると、自分の実家や配偶者の実家へ伺う人も多いのではないでしょうか。

やはり、手ぶらでは失礼だからと、手土産を用意するでしょう。

ところで、お盆の手土産、袋のまま渡しますか?

のしはつますか?

今回は、なかなか人には聞けない「お盆の手土産」についてご紹介します。

お盆の手土産にのしはいらない!?

スポンサードリンク

お盆の手土産なら、相手方に召し上がっていただくことより、まず、お供えに向いたものを選びますよね。

その場合、のしは必要なのでしょうか?

結論からいいますと、「のしは必要ないけど、のし紙は必要です」!

ん??と思ったあなた!

みなさんは「のし」と聞くと、水引のついた紙を思い浮かべませんか?

実はそれ、のしではないのです。

のしとは、おめでたい席で渡すときの祝儀袋や、贈り物の掛け紙の端についている図案のことをいいます。

右上についている、布で小さな竹を包んでいるような、あの絵柄のことです。

その絵柄だけを指して「のし」といいます。

基本的には、慶事に使う水引紙にのみ「のし」がつきます。

ので、今回のような弔事に関連する通夜、葬儀、法要などには「のし」はつきません。

ですが、「のし紙」は必要になります。

この「のし」がついていない、商品を包む紙のことも、まとめて「のし紙」と呼んでいます。

のし紙のことを省略して「のし」と呼ぶ人が多いですが、本来は別物ですので間違えないようにしましょう。

のし紙をつけることで、相手の人が「お供え物なのか、どういう目的で持って来たのか」一目でわかりやすくなりますね。

のし紙にも色々な種類があります。

ではお盆のお供え物につけるのし紙は、どうすればいいのか、紹介します。

お盆の手土産にのしを書く場合のマナー!

お盆の手土産にのし紙をつける場合は、どのように書けばいいのでしょうか。

のし紙といっても、水引の色や結び方などさまざまな種類があります。

間違ってしまっては大変失礼にあたりますので、正しいものを使いましょう。

お供え物に掛けるのし紙は、「弔事」のときと同じものを使います。

水引は「結び切り」という形のものがいいですね。

結び切りの水引には「同じことを繰り返さない」、「一回きり」という意味があります。

水引には蝶結びのものもありますが、そちらは「繰り返す」という意味になりますので、今回の場合はふさわしくありません。

ですので、必ず「結び切り」の水引を使いましょう。

水引の色ですが、東日本では黒白、西日本では黄白を使うことが多いようです。

一般的には四十九日までを黒白、四十九日以降を黄白とすることが多いようですが、黒白も黄白も弔事用ですので、その訪問先の地域に合わせて使うといいでしょう。

水引の結びと色がわかったところで、次は表書きです。

表書きは宗教によって変わってきます。

仏式では「御供物」、「御供」と書きましょう。

神式では「御供」、「偲び草」と書きましょう。

宗派を聞きにくかったり、わからなかったりする場合は、どちらも対応できる「御供」と書くといいですね。

水引の下に自分の名前を書きます。

よく、送り先の名前を書く人がいますが、それは間違いです。

自分の名前を書くことで、誰が何を贈ったのかをわかりやすくすることができます。

複数人でひとつのお供え物を贈る場合も連名で書きましょう。

最近ではのし紙をつけるサービスをしてくれるお店もあるので、購入時に「お盆のお供え用です」といえば、適切に対応してくれます。

これでお盆の手土産も一安心ですね。

まとめ

いかがでしたか?

なかなか人には聞けない「のし」についてですが、用途によって使い分ける必要があります。

知らずに間違ったものをつけてしまうと先方に失礼ですし、いらぬ恥をかいてしまいます。

みなさんも今年のお盆、手土産を待って行く際には参考にしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする