関東のコテージでおしゃれキャンプ!安心できれいなキャンプ場!

スポンサードリンク

気の合った仲間とオシャレなコテージで過ごす休日もいいですよね。

普段とは違う空間に身を置けば、リフレッシュにもなりますし、仲間の意外な素顔も見ることが出来て、より関係が深まることもあるでしょう。

関東にはオシャレなコテージがたくさんあります。

お勧めのコテージと過ごし方について記事にしました。

関東のおしゃれコテージ5選!

スポンサードリンク
関東にあるおしゃれなコテージをまとめてみましょう。

ここでは人気どころの5か所を紹介します。

塩原グリーンビレッジ【栃木県那須塩原市】

塩原温泉郷に位置し、コテージ・ログハウス・オートキャンプ場が完備されているのはもちろん温泉もあります。

ファミリーやカップルはもちろんのこと、グループで宿泊してもリゾート気分を満喫できる空間があります。広大な敷地にはハイキングコースもあるので、食事だけではない楽しみ方も満喫できますよ。

アクセス

東北新幹線

那須塩原駅→JRバス「塩原温泉行」乗車→福渡口バス停下車

(所要時間:約1時間10分)

JR宇都宮線

西那須野駅→JRバス「塩原温泉行」乗車→福渡口バス停下車

(所要時間:約40分)

東部野岩鉄道

上三依塩原温泉口駅→市営バス「塩原・上三依線」乗車→終点下車

(所要時間:約23分)

コテージ森林村【東京都あきる野市】

東京都内にいながら自然を満喫できることで有名なのが秋川渓谷。

ログタイプのコテージが多くあり、施設の充実度は都内でも屈指と言えるでしょう。

温泉施設もあるので、ゆったりお湯に浸かって疲れを癒すことも可能。

清流として名高い秋川が流れているので、普段出来ない川遊びも楽しめちゃいます。

アクセス

JR五日市線

武蔵五日市駅→西東京バス「数馬・払沢の滝入口行」乗車→森林村バス停下車

パディントンベアキャンプグラウンド【神奈川県相模原市】

自然の地形を生かした大規模なキャンプ場で、キャンプ初心者からベテランまで楽しむことが出来る施設です。テーマパーク内に併設されているので、テーマパークで思う損遊ぶことも可能。

景色・風景の良さは有名で、絶景の中でのバーベキューは一度体験したら、病みつきになる人も出るほどですよ。

アクセス

JR中央線

相模湖駅→「プレジャーフォレスト」バス停下車

京王線

橋本駅→「プレジャーフォレスト」バス停下車(三ケ木乗換)

THE FARM【千葉県香取市】

プライベート農園・カフェ・天然温泉を併設した「農園リゾート」の位置づけです。

大自然の中にあるので思う存分自然を満喫することが出来ます。

事前の予約次第で農場体験も可能。

ちょっと変わった体験がしたいと思ったら、THE FARMを利用する価値はあります。

アクセス

近隣に公共交通機関がないので、送迎を利用するのがおすすめ。

まほーばの森【群馬県上野村】

長期滞在にも向いていて「ファミリーリゾート」が特色の施設です。

また「コテージリゾート」も前面に打ち出しているので、コテージキャンプの施設としてはかなり充実していると言えるでしょう。

2食付きパックを利用すると、自分たちで一切用意することがなくBBQが楽しめます。

上野スカイブリッジの綺麗な景色が広がる、自然豊かな中にあります。

アクセス

JR高崎線

神流駅→日本中央バス「上野村」下車

西武秩父線

志賀坂峠駅→タクシー「上野村」下車

*送迎を利用することをおすすめします。

コテージでのおしゃれキャンプにオススメの持ち物やアイディア!

過ごすからにはおしゃれに、そして楽しく過ごしたいですよね。

そんなアイテムを紹介します。

キャンドル

夕飯を食べた後は、コテージでトークタイムになることが多いでしょう。

コテージの灯りでも十分ですが、可愛らしいキャンドルに火を灯して、その中でおしゃべりを楽しむのも、普段では味わえない演出になりますよ。

ノートPC

女子が集まった時のメインテーマは「恋ばな」ではないでしょうか。

その「恋ばな」ネタとして、ノートPCでYoutubeなどの動画サイトを観るとよりトークが盛り上がりますよ。

山盛りフルーツ

夕食後のおやつタイムに何を食べるか、お酒をメインにという選択肢もありますが、ここは女子が揃っているので、思い切って好きなフルーツをたくさん持って行って、それを食べながら過ごすのはいかが?

普段なかなか食べることが出来ないフルーツがあって、テンションが上がるかも知れませんよ。

パジャマ・ネグリジェ

気の知れた仲間が集まっているのであれば、家の中で普段着ているものを着てもいいですよね。寝る時はいつもの格好で寝るとよりリラックスも出来ます。

夕食後のトークタイムから着ているのもいいかも知れませんね。

入浴剤

コテージによっては使えない場合がありますが、お気に入りの入浴剤を入れたお風呂に入るのもオシャレな過ごし方ですよ。

他に持ってきている人がいたら、ブレンドしたり、朝と夜と分けて入ることでも楽しめます。

まとめ

関東圏のコテージや過ごし方についてまとめてみました。

各コテージでは様々なサービスも用意されているので、以前に色々とリサーチしておくと、当日の楽しみ方も広がると思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする