バーベキューで焼くと美味しいお菓子ランキング!変り種デザートもご紹介!

スポンサードリンク

バーベキューで焼くものといえば、お肉はもちろん、海鮮類や焼きソバなど、おいしいものがたくさんあります。

炭火を使ってお肉を焼く場合は、ほどよく油が落ちて香ばしく焼きあがるので普段よりもたくさん食べられるような気がします。

おいしい食材を挙げればキリがないバーベキュー。

そんな中で今回は、食事の後のお楽しみとして、バーベキューで焼くと美味しいお菓子やデザートについてまとめてみました。

バーベキューを予定しているみなさん、ぜひ試してみてくださいね!!

バーベキューで焼くと美味しいお菓子ランキング!

スポンサードリンク

ディズニー系など海外のアニメ作品を観ていると、バーベキューやキャンプファイヤー、暖炉などでマシュマロを焼くシーンをよく観ることがあります。

マシュマロはそのままパクっと食べるものだと思っていたので、初めてそのシーンを観たときには、火にあぶって食べる姿に衝撃を受けました。

そして最近になって、子どもが「これやってみたい!」というので、一度だけマシュマロを串に刺して焼いてみたことがあります。

感想としては・・・確かに美味しかったです!!

カリ!っとした瞬間にとろっとした食感がやってきて、焼いたマシュマロの食感は独特でした。

というわけで、他にもまだまだバーベキューで焼くと美味しいお菓子がありそうです。

どんなものが合うのでしょうか。

早速、ランキングにしてチェックしてみましょう。

1位:マシュマロ

前述で「美味しかった」と紹介したぐらいですので、ここは王道でしょう。

もちろん1位でしたね。

中にチョコレートが入っているタイプのものだと、中からとろっと出てくる溶けたマシュマロとチョコレートの絶妙なコンビネーションがたまりせん。

そのまま食べてもいいのですが、ビスケットなどで挟んで食べると食べやくなりますよ。

2位:クッキー・ビスケット類(特にカントリーマアム)

クッキーやビスケット類は焼くことで更に香ばしくなり、とても美味しくなります。

特にカントリーマアムは、商品の説明としても『レンジで少し温めると美味しく召し上がれます』と説明があるほどですから、ぜひバーベキューでも試してもらいたいお菓子です。

チョコチップが混ざったクッキー・ビスケットは、チョコがほどよく溶けてサクほろな食感になって美味しくなりますよ!

ただ、クッキー・ビスケット類は串に刺すことができないので直接触ってヤケドをしないように注意してください。

アルミニウムなどを敷いてその上で焼くと良いでしょう。

3位:バームクーヘン

バームクーヘンの特徴である年輪の部分に焼き目がついて香ばしくなることがバーベキューで焼くメリットです。

最近では、メープルやカラメルなどでコーティングされているバームクーヘンも見かけるようになりました。

このようなタイプのものは、コーティング部分がカリっとなるのがたまらないですね。

同じような食感、味としてカステラも美味しくいただけますよ。

食後にコーヒーが必須の私にとっては、バームクーヘンやカステラはコーヒーによく合うのでやみつきになりそうです!!

4位:アップルパイ

アップルパイとは意外でしたが、これが意外に美味しいのだという声が多数ありました。

焼くことにより、中から出てくるりんごが、一層とろっとなって更に美味しくなります。

パイ生地そのものもパリっとなっていいですね。

アップルパイだけでなく、カボチャのパイやチョコレートパイなども試してみる価値がありそうですよ。

5位:コアラのマーチ

中のチョコレートがいい感じで溶けて出てきます。

ただ、加減に注意しないとドロドロになって手で持てなくなりますよ。笑

アルミなどの上においてさっと30秒ほど焼けば十分でしょう。

トッポも同じように楽しめそうですね。

こうしてみると、チョコレートやりんごなど、焼くことにより中からとろっと出てくるものが入っていることが、美味しいと言われる条件のようですね。

バーベキューで焼くとおいしいデザートも紹介

次は、お菓子だけではなくデザートも焼いてみてはいかがでしょうか。

「デザートは別腹」と言うように、おなかがいっぱいになってもデザートだけは入るようなきがしますよね。

ということで、焼くと美味しくなるデザートをいくつか紹介していきましょう。

バナナ・りんご

焼きバナナや焼きりんごは想像がつきやすい安心のデザートですね。

バナナは皮ごと焼くと、皮をむいたときに中からとろっと実が出てきてなんとも言えない食感になり美味しいです。

また、スライスしたバナナやりんごをアルミホイルの上で焼き、シナモンシュガーをかけるという食べ方も更に美味しくなりますよ。

サツマイモ

 これはもう、わざわざ紹介するほどでもないですね。

みんなご存知の『焼き芋』です。

美味しくなる理由は省きましょう。笑

アツアツの焼きたてを食べられるのがうれしいですね!

焼いたサツマイモはバターやマーガリンなどを乗せて食べたり、サツマイモの上にカマンベールチーズを置いて焼くというアレンジも楽しいですよ。

フレンチトースト

バーベキューに行く前に、卵・牛乳・砂糖・溶かしたバターで作った液の中にバケットを漬けこんでおきましょう。

あとは焼くだけで簡単にフレンチトーストの出来上がりです。

上で紹介したシナモンシュガーをふった焼きバナナを添えると、まるでおしゃれなオープンカフェで食べている気分ですね。

焼き桃のアイスクリーム添え

桃を焼くという発想、正直言うとまったくなかったです。

桃に少し焦げ目がついて、汁が滲んできたらお皿に盛りましょう。

ドライアイスでアイスクリームを持ち出すことが可能であれば、ぜひ、焼き桃に添えてみてください。バニラ味がおすすめです。

桃から滲んでくる果汁と、バニラの風味がマッチしてたまらなく美味しいです。

何より『焼き桃のアイスクリーム添え』という響きがオシャレですよね。笑

まとめ

いかがでしたか?

バーベキューではお肉や野菜しか焼いたことがないという人も、試してみようかな?と思うお菓子やデザートが見つかったでしょうか?

お菓子やデザートを焼く場合は、網や鉄板を洗うなりして、できるだけ新しいものに交換した方がいいですね。 

特にタレ付きのお肉を焼いた後は焦げ付きやすいので、大事なお菓子が焼肉風味になってしまいますよ。

また、串に刺せない素材の場合は、アルミやダッチオーブンなどを活用しましょう。

とろっと溶けた素材が、炭火の中に落ちていく・・・という悲惨な目に合わないように工夫してくださいね。

焼いてとろっとした食感が癖になる人も多いでしょう。

もはや、バーベキューはお菓子やデザートを焼くために行う、という人も出てくるかもしれませんね。

そして何より、火の取り扱いには十分注意しましょう。

特に子どもは大好きなお菓子を食べたくて手を出してしまうことも考えられます。

事故が起こっては楽しいひとときも台無しです。

みなさんが、美味しくて楽しいバーベキュータイムを堪能できますように☆

スポンサードリンク