足の親指の付け根が痛い女性は必見!女性に多い原因と対処法を大公開!

スポンサードリンク

「足の親指の付け根が痛くて歩けない!」

なんて経験された方は多いのではないでしょうか。

足は歩くときには必ず使う部位ですので、

靴が当たることで痛みがあると日常生活に支障が出ますよね。

どうして親指の付け根が当たるの?

その原因と対策についてご紹介します。

足の親指の付け根が痛いのはなぜ!?

 

スポンサードリンク

特にパンプスを履いていると親指の付け根が靴に当たる。

これがいわゆる「外反母趾」にあたります。

女性には多い症状ですよね。

外反母趾とは足の親指が変形して「くの字」に

なっていく状態のことを指します。

変形具合によって、予備軍、軽度、中度、重度と程度があります。

予備軍と呼ばれる方の場合、

足の人差し指の付け根辺りが痛む場合が多いです。

合わない靴によって足の形が変わってきたり、

足底の筋肉低下などにより足のアーチが崩れて起こります。

親指は当たっているように感じなくても、

この部分に痛みが出ている場合は要注意です。

軽度の場合は、

足の指関節を曲げると痛い・・・

付け根に痛みや違和感がある・・・

などの症状が出やすくなります。

この頃になると親指が内側に曲がりはじめ、

親指の付け根の骨がでてきます。

その部分が靴にあたり、痛みが出るというわけです!

重度になると、親指がかなり湾曲します。

親指の付け根の骨はかなり外に出るので、

靴を履いていなくても痛いという状況になります。

さらにひどくなると、親指が人差し指に重なり、

人差し指の上や下になってしまうような場合も出てきます!

親指が人差し指に重なってしまうと、

靴を履くことすらできなくなり、

歩行が困難になることも。

毎日のことですので、歩けなくなるのは怖いですね。

足の親指の付け根が痛い原因とは?

では、どうして外反母趾ができてしまうのでしょうか。

一番大きな原因は合わない靴を履いているということです。

小さすぎる靴は足をキュッとちぢこませた状態のまま、

靴を履いてる間を過ごすことになるので、

当然親指が内側に曲がってきてしまいます。

だからといって大きすぎる靴もNG!

靴の中で足が泳いで滑ってしまうことがあります。

そうなると、体は無意識に足指に力が入ってしまうため、

外反母趾をひどくする可能性があります。

さらに女性のハイヒールは

外反母趾を助長させる要因の一つです。

ハイヒールはつま先に体重がかかる状態になりますので、

どうしてもつま先に加重しやすい傾向人あります。

そのうえ、つま先が狭くなっているので、

外反母趾を作り出しやすい状況になります。

また、女性は年齢を重ねることで、

運動量の低下に伴って足底の筋肉も低下しやすくなります。

これも足のアーチを崩す原因の一つです。

その他にも特定の病気によって起こることもあります。

リウマチや関節炎などでは、

関節の変形が起こりやすくなるので要注意です。

足の親指の付け根が痛い時の対処法

では、どのようにすれば、

外反母趾を改善・防止することができるのでしょうか。

まずは外反母趾になってしまう原因として最も多い、

「靴」を見直してみましょう!

毎日ハイヒールを履いていた方は

ローヒールの靴と交代で履く事を心がけてください。

さらに休みの日はスニーカーで足を休めるなどして、

ハイヒールを続けて履かない工夫をするようにしましょう。

さらに、足底筋と鍛える運動とストレッチも効果的です。

運動はウォーキングが最も入りやすい方法ですね。

でも無理は禁物です!

歩きすぎると逆に足を痛めることになってしまうので、

自分に合った方法で無理のない形で足底筋を鍛えましょう!

ストレッチは足指じゃんけんや足指でタオルを引き寄せる、

お風呂上りに足の指を広げるなどをやってみましょう。

これらは、毎日少しずつ続けることが大事です!

「継続は力なり!」で地道にコツコツ続けましょう。

ただし!!

これらの運動やストレッチは外反母趾の程度や

病的な原因が絡んでいる場合は逆効果になる場合も!?

なので外反母趾で痛みがひどいような方の場合は、

まずはお医者さんに相談しましょう。

まとめ

“歩くこと”は毎日のことです。

おしゃれも大事だけれど・・・

歩くことが困難になるほどひどくなってしまったら、

元も子もないですもんね。

毎日楽しく元気に過ごすためにも、

ちょっとした努力を心掛けましょうね

スニーカーでつま先が痛い人へ!究極のフィッティング術を大公開!

靴擦れ時の絆創膏の貼り方とは?はがれないように貼るコツ!

靴を履くと小指の爪が当たって痛い!そんなときの対処法を大公開!

スポンサードリンク