【保存版】肌にハリがないと悩む20代女子急増!?意外な落とし穴が!?

スポンサードリンク

最近、明らかに肌にハリがなくなってきている。

まだ20代なのに、一体どうして?

このままシワシワになってしまうなんて、絶対にいや!

肌のハリを取り戻す方法って、ないの?

今回は、そんな悩みを抱えた女性のためのお話です。

肌にハリがない時のお手入れ方法!

スポンサードリンク

非常に残酷な話ですが、肌のたるみは20代から始まります。

主に加齢によるもので、最終的には逃れようがありません。

しかし、現代人にはアンチエイジングのノウハウがあります。

まずは肌のハリが失われる原因を探り、対処していきましょう。

以下は、肌のたるみの原因になります。

顔の筋肉の退化

言い方を変えると、顔の筋肉の運動不足ですね。

エクササイズで適度な運動を心がけましょう。

加齢による老化

皮膚に含まれるコラーゲンやエラスチンなどが減少します。

結果として肌の弾力性が失われ、たるみが発生します。

紫外線によるダメージ

紫外線は、表皮を通過して真皮にまでダメージを与えるため、日常的に直射日光を避ける習慣を身に付けましょう。

帽子、ショール、日焼け止めなどが有効です。

乾燥肌

肌の表面が乾燥することで皮膚の抵抗力が落ちるので、洗顔やクレンジングの刺激を減らし、保湿を心がけます。

しかし、弄りすぎるとかえって肌の負担からトラブルになるので注意が必要です。

ご自分の肌に合った基礎化粧品をみつけて下さい。

また、体内への水分補給も重要で、少量の水を一日に何度も摂取するのが理想です。

生活習慣の乱れ

自分の生活習慣を見直し、規則正しい生活を送りましょう。

詳しくは後述します。

生活習慣で肌にハリがなくなる!?


肌のハリを保つ対策として最も重要なのが生活習慣です。

肥満や寝不足など、生活の乱れは肌の状態を悪化させるので、バランスの取れた食事を摂り、睡眠をしっかり取りましょう。

特に午後10時から午前2時は肌の再生が行われる時期です。

いわゆる「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間ですね。

この時間帯に眠ることでホルモンの分泌が促されるうえ、ストレス解消にも効果があります。

普段の姿勢が悪いと、重力に対抗する筋力が衰え、結果として発生する肩こりやむくみも、顔のハリを失わせます。

背筋を伸ばした姿勢を常に心がけましょう。

食生活の乱れも、肌のハリを失わせる原因なので、一日三食の規則正しい食生活は大切です。

肌のケアに効果的と言われている成分である、ビタミンやミネラル、コラーゲンを意識的に摂取しましょう。

主に肉や魚、緑黄色野菜などに多く含まれています。

また、抗酸化作用があると言われる食物を摂るのもおすすめです。

具体的には、アボガド、バナナ、人参、キャベツ、緑茶、ブルーベリー、アーモンド、カボチャなどがあげられます。

多忙な友人は、疲労を感じるとマッサージに行きます。

相性が良かったらしく、高い効果を実感できたのが理由です。

何より、お金を払って施術してもらうことで意識が高まり、マッサージ後しばらくは、普段より健康状態に対して敏感になるとか。

最近は、安価で入店の敷居も低い女性専門店が増えましたし、初回はサービス価格を設定している店もあります。

初回体験で効果を実感したら、利用してみるのも良いでしょう。

まとめ

女性にとって、美しくありたいとは当然の願いです。

ただ、その美しさを保つためには、当然ながら努力が必要です。

適度なエクササイズ、肌に合ったスキンケア、効果的な食物摂取、ストレスフリーの規則正しい生活…どれも続けるのは大変ですね。

だから、できるだけ常に「美しくありたい」と思い続けて下さい。

そして、美しくあるために必要な行為を止めないで下さい。

美しさは、美しくありたいと願うあなた自身がつくるものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする