頑張って腹筋してるのにデブな人必見!それじゃ痩せないかも!?

スポンサードリンク

肥満解消を目標に、毎日頑張って腹筋をしています。

それなのに、何故か全く効果を実感できません。

一体、何がいけないのでしょうか?

今回のお話は、そんな腹筋男性の悩みを解決する方法です。

腹筋だけではデブのまま!?

スポンサードリンク

ところで、腹筋を鍛えれば逞しくなれるのでしょうか?

上腕二頭筋や大腿四頭筋の立場はどうなるのでしょうか?

そう思って調べてみますと、どうやら腹筋だけでは駄目のようです。

体全体をまんべんなく鍛えることで、腹筋も鍛えられるわけです。

正確に言うと、効果的なトレーニング以外は殆ど無駄らしいですね。

それどころか、逆に腰や膝などを痛める危険もあるようです。

身も蓋も無い答えですが、肉体改造の抜け道は存在しません。

逞しくなるにしても痩せるにしても、それなりの手順が必要です。

まずは覚悟を決め、知識を蓄え、最後に実践トレーニングですね。

腹筋をスリムにしたいならすべきこととは!?

一番簡単なのが、ジムに通ってプロに任せることです。

お金はかかりますが、元を取る気でトレーニングしましょう。

そこまでやる気が無い方は、相応の勉強が必要です。

とは言え、初心者が手軽にトレーニングを行う方法もあります。

以下の三つが基本運動と、運動を行う際のポイントになります。

なお、最後のクランチが腹筋に相当します。

腕立て伏せ

肩から足まで一直線になるイメージで行ってください。

腕と胸の力だけで上下に移動します。

体を上げる際、肘は伸ばしきらずに少し曲げた状態にします。

スクワット

足を肩幅に開いて立ち、背筋を伸ばしたまま足を曲げます。

その際は、椅子に座るような動きのイメージで行いましょう。

お尻を下げ、上半身は前傾状態で腕を前に伸ばします。

膝を直角に曲げ、爪先から突き出ないように注意してください。

爪先から膝が突き出た状態だと膝を痛める危険が高いです。

クランチ

仰向けに寝た状態で股と膝の関節を90度に曲げます。

天井に向かった足を、膝で曲げて床と並行にする格好です。

手を耳に当てた姿勢で上げた頭と肩を、腹筋の力で持ち上げます。

動作的には、ちょっと体を丸める感覚で充分です。

ちょっとの時間キープしてから、ゆっくり元の姿勢に戻します。

ただし頭と肩は完全に下ろさず、再び体を丸めます。

いずれも重要なのは反動を付けず、ゆっくり行うことです。

また、回数は8~12回を1セットとして行います。

慣れてきたら負荷を増やしましょう。

まずは正しいフォームをマスターするのが重要です。

ネット動画などでフォームの注意点などを確認しましょう。

自分では分かりづらいので、側で誰かにチェックしてもらいます。

チェックしてくれる人がいない場合、動画撮影をするのもありです。

蛇足ながら、筋肉痛の最中は筋トレを止めた方が良いです。

筋肉痛はつまり、筋肉細胞が破壊された状態です。

負荷をかけすぎれば、更に壊れることになって危険です。

食事や休養、また軽いストレッチなどで回復に努めましょう。

痛みが出る前に回復効果のある入浴剤で入浴するのも良いです。

その際は、軽いマッサージで筋肉をほぐしましょう。

また、筋肉痛を起こす部位は鍛え方が足りないと考えられます。

トレーニングで筋肉痛が出なくなったら、鍛えられた証拠です。

次のステップに進むため、負荷を増やしてみましょう。

そうすれば、あなたの体は、やがて筋肉痛知らずとなるでしょう。

まとめ

体は正直です。というか、嘘をつきません。

だから効果的なトレーニングさえ行えば、成果は必ず出ます。

成果が出れば、きっとトレーニングのモチベーションも保てますね。

そうして積み重ねたトレーニングが、あなたの体を逞しく変えます。

さあ、目指せシックスパック!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする