ベビー服にいくらかける?子供服にかける値段の平均相場を大公開!

スポンサードリンク

ついこの間買ったばかりだと思っていた子どもの洋服がもうサイズアウトしている…。

こんな経験、ありませんか?

子どもが1人だけならまだしも、二人、三人と複数いると、洋服代もバカになりませんよね。

面と向かってママ友には聞けないけれど、皆子どもの洋服代にいくらかけているのか気になる…

そんなママさん、今回の記事は必見です!

ベビー服にいくらかける?年齢別値段相場!

スポンサードリンク

内閣府の調査による、子供の年齢別洋服代の平均は、以下のようになっています。

この数値は一ヶ月の値段です。

  • 0歳 16550円
  • 1歳 10219円
  • 2歳 9621円
  • 3歳 7152円
  • 4歳 6737円
  • 5歳 6628円

それでは、順番に見ていきましょう。

0歳 16550円

何も持っていない第一子ならもちろん、第二子以降でも、新生児には新品の洋服を買ってあげたい。

そう考えるパパやママが多いのではないでしょうか。

また、上の兄弟と性別が違ったり、同性でも季節が逆だったりすると、お下がりにも回せず、新たに買い足す必要があります。

なので0歳~5歳のなかで、一番高額となっているのかもしれませんね。

1歳 10219円

0歳の頃に着ていたものは、もう着れなくなってしまい、新たに買い足す必要があります。

よちよち歩きはじめる赤ちゃんも出てくる時期ですね。

洋服の他に靴代もかかるようになります。

2歳 9621円

0歳、1歳に比べると体の成長も緩やかになり、0歳、1歳のようにしょっちゅう買い足す必要もなくなってくるとはいえ、1歳の頃とあまり出費は変わりません。

男の子はより男の子らしいものを、女の子はより女の子らしいものを着せたくなってくる時期ですね。

3歳 7152円

ぐっと金額が下がりますね。

3歳代は、おむつがとれるお子さんが多いためかもしれません。

ママも、安いお店などに詳しくなり、買い物上手になっているのかもしれませんね。

4歳 6737円、5歳 6628円

4歳、5歳ともなれば多くのお子さんが、幼稚園や保育園に通い出している頃ですね。

制服があるところも多いので、その分出費を抑えられるのかもしれませんね。

子供の洋服代を節約するためのオススメ方法

子供には可愛い服を着せたい…。

でも、食費や習い事だってかかる…。

できることなら洋服代は節約したい!

そう考えているママさんは多いですよね。

もちろん筆者もその一人です。(笑)

次は、子供の洋服代を節約するためのオススメ方法について、ご紹介します。

フリマ

お休みの日などに、色々なところで開催されているフリマ。

でも、古着だしなぁ…と敬遠しているあなた!

すぐサイズアウトしてしまう子供服は断然フリマがオススメです!

すぐサイズアウトしてしまう=着用回数が少ない、ということです。

つまり、比較的きれいなものも多く出品されています。

また、自分の好みにあったショップだと、大体同じような服が出品されているので、あちこち回らず効率的にお買いものができます。

また、値切れるのもフリマのよさ!

値段交渉してみる価値はありですよ!

そして、フリマに行くならなるべく早く行くのがオススメです!

やはり、いいものはすぐになくなってしまいますからね。

お下がり

兄弟や親せきはもちろん、近所の人や幼稚園のママさんに聞いてみるのもおすすめです!

筆者の長女の幼稚園では、結構頻繁にお下がりのやりとりがあります!

あげる方ももらう方もメリットがありますよね。

ただ、お下がりをあげる方はそこまでボロボロでないものを選ぶ。

もらう方もちょっとしたお返しを渡す、などの最低限のマナーは守りたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

子どもの洋服代の平均は、思っていたより高かったでしょうか?

それとも低かったでしょうか?

平均はあくまでも平均です。

ご自身の状況と照らし合わせながら、フリマやお下がりを利用して、上手にお買い物ができたらいいですね!

スポンサードリンク