冷凍庫の霜防止グッズ4選!冷凍庫に霜がつく原因と影響は?100均にも売ってる霜防止シートがおすすめ!?

生活
スポンサーリンク

放っておくとどんどん分厚くなってしまう、冷凍庫の霜。

いざ、霜取りをしようとすると、硬くて全然とれなかったり、溶かすと水浸しになってしまったりして大変ですよね…。

 

私も、霜が厚くなるまで放置してしまい、霜取りをする時に後悔したことがあります…。

今回は、そんなめんどくさい霜取りをしないために、オススメの霜防止グッズや、霜がつく原因や影響について説明していきたいと思います!

冷凍庫のおすすめ霜防止グッズ4選

スポンサーリンク
では、おすすめの霜防止グッズを、4つ紹介していきたいと思います!

 

サラダ油

スプレー式のサラダ油を、冷凍庫の壁に薄く振りかけるか、サラダ油をキッチンペーパーにつけて薄く塗る方法です。霜がつきにくくなるし、もし霜がついてしまっても、拭けば簡単にとれるようになるのでオススメです♪

 

霜防止シート

シートを貼ることで、霜がつきにくくなり、霜取りも楽にできるようになるそうです!冷凍庫の霜防止専用のシートでなくても、冷蔵庫用のシートならホームセンターやネットショップや100均などで購入できるので、代用できそうですね!

 

冷凍庫の仕切り

直接的に、冷凍庫の霜がつかなくなるグッズではありませんが、冷凍庫を詰めすぎず収納することで、霜がつきにくくなります。こちらも、専用のものでなくても、100均のカゴなどをうまく使うことで、冷凍庫がギュウギュウにならないように工夫できそうですね!

 

冷凍庫のドアアラーム

冷凍庫のドアを開けっぱなしにするのはもちろんのこと、きっちり閉まらず隙間ができていると、外気が冷凍庫内に入り込み、霜ができてしまいます。

ドアの隙間が開いていると知らせてくれる機能が、もともとついている冷蔵庫ならこちらは必要ありません。もしついておらず、ドアの隙間や開けっ放しの心配があれば、アラームを使用してみるのもよいかもしれませんね。

 

冷凍庫に霜がつく原因と影響

スポンサーリンク
そもそも、なぜ冷凍庫の霜がついてしまうのでしょうか。

冷凍庫についている霜は、空気中の水分が凍り付いたものです。

冬場、外が寒く、家の中は暖房で暖かい時に、窓が結露でびしょびしょになりますよね。あれと同じように、冷たい冷凍庫内に、暖かい空気が触れると結露が起こり、それが凍り付いてしまうんです。

冷凍庫を頻繁に開け閉めしたり、長時間開けっ放しにしていると空気が入り込み、霜がたくさんついてしまうんですね。

 

また、暖かいものをそのまま冷凍庫に入れる場合も、結露しやすく、霜がついてしまいます。

冷凍庫を使う際は、開け閉めは最小の回数と時間に、暖かいものはしっかり冷ましてから冷凍庫に入れるようにしましょう!

 

冷凍庫に霜がついてしまうと、正常な冷却機能が発揮できず、食品の質が落ちたり、電気代が余計にかかったりする可能性があります。

単純に、霜がついた体積分、狭くなるので、入れれる物の量が減るのもデメリットですよね。

冷凍庫の霜は、冷凍庫や食品に悪影響を及ぼすことがあるので、早めにとるようにしましょう!

 

まとめ

今回は、冷凍庫の霜対策や、霜がつく原因と影響について説明しました!

 

冷凍庫の開け閉めや、冷凍庫内での食品の保存の仕方など、気を付けていても多少はついてしまうのが普通です。

 

霜があまり分厚くなってしまうと取るのが大変で、無理やり取ろうとして冷凍庫がこわれちゃった!なんてことになると大変ですから、こまめに霜取りをしておくよう心掛けたいですね!