包丁研ぎは100均で十分!?100円とは思えない切れ味を復活!

スポンサードリンク

最近、包丁の切れ味が悪い。

けれど、包丁研ぎって結構高い気がする。

ああ、最近は100均でも売っているのか。

ところでコレ、本当に使えるの?

今回は、そんなあなたの疑問にお答えします。

100均の包丁研ぎで切れ味は復活する?

スポンサードリンク
まずは、あっさり結論を述べてしまいます。

100均の包丁研ぎでも、包丁の切れ味は回復します。

台所仕事に使うレベルとしては、充分な切れ味まで回復させることはできます。

ただし、その切れ味は長く続きません。

100均の包丁研ぎは刃先を尖らせますが、歪にします。

その点、きちんと研がれた包丁には及びません。

刃先を歪にすることで、刃物自体の寿命も縮みます。

結果として、この時点で思考の分岐が発生するわけです。

・やっぱり100均は止めて、高い包丁研ぎを買う。

・切れなくなったらまた研ぐから、100均で充分。

以降は、後者の意見を選んだ方の為のお話になります。

100均の包丁研ぎには、いくつか種類があります。

棒状のものは研ぐのにコツがいりますし、時間もかかります。

ハンドルを押さえて包丁を差し込み、動かすタイプがおすすめです。

簡単ですし、かなり切れ味も回復します。

四角い砥石タイプに関しては、初心者にはおすすめ出来ません。

砥石を使って刃物を研ぐのは、経験に基づいた技術が必要です。

独学で、それをマスターするのは非常に厳しいです。

どれ位厳しいかというと、「研ぎ師」という職業が成り立つ程です。

包丁研ぎを極める気がないのでしたら、手を出さないのが無難です。

100均の包丁も研げば名刀に早変わり!?

私の父は元大工で、仕事道具の刃物を自分で研いでいました。

それ故、刃物と砥石にお金を惜しまないという信条の持ち主でした。

良い刃物を良い砥石で手入れしながら、鋭利な切れ味を常に保つ。

それによって初めて、迅速で確実な仕事内容を遂行出来る。

毎日使う道具ですから、まあ当然の認識ですね。

だから私自身も、刃物と砥石は高価なものが良いと思っていました。

しかし100均の包丁研ぎを使ってみてビックリしました。

100均包丁も、これ程の切れ味を示せるのかと非常に衝撃でした。

ただ、この切れ味はすぐに失われてしまいがちです。

なぜなら、100均の包丁研ぎで簡単に研いだだけでは、刃先をちょこっと修正しただけに過ぎないのです。

なので、何回も簡易包丁研ぎを使っていると刃先がドンドン太くなっていってしまうんです。

結果的に全く切れない包丁になってしまいますので、そうなったら砥石できちんと研がないと切れ味が回復しないのです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

刃物というのは極めて繊細なものです。

それこそ、手入れ次第で名刀にも、なまくらにもなります。

あとは、使う人間が、どれだけの切れ味を求めているか。

切れなくなったら、すぐに研ぎ直すのを面倒と思わないか。

結局は、その辺が一番の問題となるでしょう。

とりあえず、もう100均の包丁研ぎには満足できなくなった。

そんな時点で、グレードアップを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする