1 ヶ月の食費をかしこく節約しよう!夫婦2人の月平均金額は?

スポンサードリンク

2人暮らしの夫婦生活。

お子さんがいない分、食費は安いのよ。っていう印象がありますよね。

実際、2人暮らしの夫婦の食費って、どのくらいなんでしょうね。

2・3万なのか。

5万以上なのか。

他の2人暮らしのご夫婦に直接聞けないですよね。

友達付き合いで、とっても仲が良かったら別ですが。。。

どのくらいが相場なのか、知りたいですよね。

毎月の生活が充実しているなら、今のままでいいかもしれません。

でも将来や老後の事を考えると不安なご時世、少しでも豊かな生活を送りたいと思いませんか。

そんな2人暮らしのご夫婦の食費の相場とちょっとした節約方法を教えちゃいます。

夫婦2人の食費の月平均金額は?

スポンサードリンク
夫婦2人暮らしだと、お互い働いていることが多いですよね。

夫婦2人暮らしと言っても、共働きのご家庭、旦那さんか奥さんのどちらかが働いているご家庭、いろんなスタイルのご家庭があると思います。

なので、生活スタイルで食費も変わってきます。

少しでも自炊している2人暮らしのご家庭だと、食費は3万円前後。

お惣菜やお弁当、外食が多い2人暮らしのご家庭だと、食費は、5万前後。

ただし、外食ばかりだともっと掛かっているかもしれませんね。

色々な生活スタイルを考慮すると2人暮らしの食費の平均は、2万~5万円と幅広い金額となります。

1日あたりにすると、だいたい1000円~1600円前後の食費がかかるということになりますね。

1日あたりの食費が1000円だとします。

それを2人で割ると…

1日1人の食費が500円。

1食あたりだと…

1人170円…

それは安すぎる!!と思いますよね。

ランチで1000円なんて使ったら…

金額ばかり気にすると、美味しい物が食べたくても食べられなくなっちゃうし…

色々考えると、はぁ。と、つい溜息ついちゃいますよね。

溜息つく前に、少しでも節約するコツを次で、教えちゃいます。

夫婦二人分の食費を節約するコツは?

先ほどお伝えしましたが、夫婦2人暮らしの食費の平均は、2万~5万円。

どうやって節約するか迷ってしまいますよね。

生活スタイルが違えば節約方法も、それぞれで違ってはきますが、どんなご家庭でもできる食費を節約するコツを教えちゃいますね。

外食を減らす

外食を減らせば、節約できるのはわかってます!

と思った方が、多いとは思います。

毎日過ごしていれば、お昼用のお弁当を作るのがしんどかったり、残業続いていて、出来合いの物に頼る時、付き合いもありますよね。

安心してください。外食を全部無くして!なんて言いません。

外食を無くすのではなくて、外食を減らすと考えてください。

毎日外食の方

週末や定時近く上がれた日は料理をするようにする。

ランチ

週に何日かは外に行かずに、社食で食べたり、お弁当を作っていく。

上記だけ実践するだけでも、節約できますよ。

お弁当は節約になるのは、わかっているよ。

でも、朝起きれない。

と言う方も多いですよね。

そんな方におススメなのが、夕食の残りを詰めるだけ。

夕食は残らない。と言う方は、食べる前に、お弁当に詰めてしまうという裏ワザもあります。

これだと、夕飯の食べ過ぎを防いで、ダイエットにもなっちゃうかも。

 食材や惣菜をまとめて買い物・料理する

毎日、帰宅時間が遅いって方や共働きのご家庭でお互いの帰宅時間が読めないというご家庭におススメの節約方法

節約でよくある方法で良く耳にしている方もいますよね。

【休みの日にまとめて作って冷凍しておく】という方法

週末や休みの日に、1週間分の献立を決めて、まとめて買い物して、まとめて料理を作って冷凍するだけ。

料理が苦手な方でも、野菜切って、簡単な味付けで炒めておくだけとか、でも良いんです。

それも億劫な方は、スーパーやお惣菜屋さんとかで安くなっているチルド惣菜を購入し冷凍するだけでも良いですよ。

でも、食材をまとめて買う時の注意点があります。

それはスーパーに行って余計なものをつい買ってしまわないこと。

つい衝動買いしてしまうのは、とってもわかります。

せっかく節約しようと決意されたなら、ちりも積もれば…っと言うので、少し我慢しましょう。

我慢は、少しで良いですよ。

我慢し過ぎて、かなりの衝動買いすると、元もこうもないですので。

最後に

 

忙しい毎日。

仕事が忙しくて、

「何が食べたい?」

「どっちが食べる物を買ってくる?」

と聞かれるとイラっとしてつい喧嘩になりそうになったりしてませんか。

夫婦2人なんですから、少しでも喧嘩の種は、無くしたいですよね。

帰ってからレンジでチンするだけで食べられる物があるとお店の閉まる時間とか気にしなくて良いからお金だけでなく、気持にも余裕ができるかもしれません。

今回お伝えした食費について、少しでも活用いただけると、嬉しいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする