休日の過ごし方で他に差がつく!独身男性の今やるべきこと!【必読】

スポンサードリンク

30代の独身男性諸君、休日の過ごし方を意識したことはあるでしょうか。

会社勤めをしている人であれば、仕事への責任感も増し、役職もついてくるでしょう。

平日は忙しいから休みはゴロゴロ、そんな声も聞こえてきそうです。

でも、少しだけ考え方を変えてみてはどうでしょうか。

ゴロゴロするだけが疲れをとる手段ではないですし、休みの日にしかできないこともたくさんありますよ。

私の体験を交えつつ、他の人と差がつく休みの日の過ごし方を書いてみたいと思います。

独身男性が今やるべき休日の過ごし方とは?

スポンサードリンク
平日は毎日忙しく働き、金曜日の夜は上司の悪口をツマミにして飲みに繰り出し、次の日は遅い時間まで寝ている。

その勢いで土曜日を過ごし、夜になるとお酒を飲み、日曜はまた遅い時間まで寝る…

こんな過ごし方をしている人、意外と多いのではないでしょうか。

飲む量を少し減らして、休日は朝から活動できるようにすることをお勧めします。

運動をする

では、休日に何をすればいいのか…お勧めの一番手はスポーツジムへ行くことです。

別に筋骨隆々になれとか、マラソン大会に出ろとかを言うつもりはありません。

30代にもなると体力的に無理が利かなくなります。

疲れも溜まりやすくなりますし、ストレスも抱え込みやすくなります。

食生活も不規則になりがちなので、肥満と言う言葉もチラホラ。

定期的に運動することによって、体力も付きストレス発散にもつながり、肥満を防ぐことが出来ます。

運動が苦手と言う人であれば、ランニングマシーンでウオーキングをするだけでも違います。

30分から始めて徐々に時間を増やして行けばよいでしょう。

30分歩くだけで結構な運動量ですので汗もかきます。

ガッツリと運動したい人は、ランニング、筋トレ、バイク、水泳など一通りこなすと疲れもピークになります。

仕事のことが頭をよぎることもないでしょう(笑)

引き締まった体を手に入れ体力もつくと、自然と自信がついてくるもの。

体力もつくので体を動かしながら疲れを取ることも可能になります。

また、30代になると成人病と言うことも意識しなければなりません。

適度な運動をすることで代謝が上がります。

よって運動は効果的とも言われていますので、ジムで体を動かすことは休日の過ごし方として大いにありだと思います。

ちなみに私は、スポーツジムに通っていた時、同世代や少し年代が上の人たちと交流を図ることが出来ました。

何気に話しかけたところから関係が広がり、一緒にお酒を飲むくらいにまで関係を構築できました。

仕事をしているだけでは接することのない、業種や業界の人たちとの交流は、自分にも刺激になりましたよ。

読書をする

次にお勧めは読書です。

なんだ…と思うかも知れませんが、読書は手軽な自己啓発の手段として多くの人が実践しています。

平日はネットや新聞を読むのが精いっぱいの人もいるでしょう。

30代の会社員であれば、社内外の折衝ごとの際はしっかりとした発言や文章力が求められます。

それを高めるには読書がうってつけ。

本を読むことで知識も身に付きますし、単語力のアップや文章力も身に付きます。

だからと言って次から次と本を買う必要はありません。

図書館を利用すれば、様々なジャンルの本と出合うことが出来ます。

お金をかけずに自己啓発が可能です。

本を読むことに気乗りしないのであれば、新聞を隅々まで読むこともありだと思います。

休日の過ごし方上級者編!

30代は人生のターニングポイントを迎える人も多いでしょう。

勤務している会社で、更なる昇進を目指すことが現実味を帯びてくるのも30代ですし、独立して起業を考えることが多くなるのも30代ではないでしょうか。

今の仕事に有利な資格を取得、あまり馴染みのない分野の勉強、語学力の習得、キャリア形成する上でやっておいて損はないですよね。

ですが、独学で満足いく結果を得るのは難しい部分もあるので、通信教育・通信講座を受けることはどうでしょうか。

カリキュラムが定められていて、中には休日だけで消化することが難しい場合もありますが、まじめに取り組めばおのずと知識の蓄えにつながります。

知識が身に付けばもっと知識を得たいという欲求が働くものです。

私は現在の仕事に生かせると思い、通信講座でIT関連の資格取得を目指しました。

資格を取得することは出来ませんでしたが、その時に勉強した知識は数年たった今でも業務に生かせています。

まとめ

いかがでしょうか。

多少お金がかかることですが、自分に投資すると意味では無駄な使い方ではないと思います。

気の合う仲間たちと過ごす時間も大事なことですが、自分自身と向き合う時間を作ることも、大いに大事な世代になってくると思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする