新幹線のチケット購入は何日前からできる?購入の手順を簡単に解説!

スポンサードリンク

新幹線のチケットはどこで購入するのか、何日前から購入できるのか、往復券や割引などはどうなっているのか…など、普段から買い慣れていないと、たくさんの疑問が出てきます。

そこで、今回は新幹線のチケットの購入について調べてみました。

今後新幹線を利用する機会があれば役立ててくださいね!

新幹線のチケット購入は○日前から!購入の手順はこちら!

スポンサードリンク

新幹線のチケットは基本的に、乗車する日の、1ヵ月前の午前10時から購入可能になります。

販売場所はJRの窓口である「みどりの窓口」やJRの券売機のほか、旅行会社や金券ショップ、ネットでも購入できます。

新幹線に乗る時に必要なのは「乗車券」と「特急券」で、「特急券」には自由席、指定席、グリーン席があります。

何泊か宿泊する旅行などで、往復の出発日が違う場合、確実に席を押さえておきたいなら、行きと帰りの特急券をそれぞれ1ヵ月前に買いに行くことになります。

窓口や券売機などに2回行く必要があるので、ちょっと面倒だなと思うのであれば、帰りの日の1ヵ月前に往復分をまとめて購入してもいいです。

大型連休でもない限りは大丈夫ではないでしょうか。

乗車券は切符と同じなので売り切れる心配はありませんから、当日でも購入できます。

日付が決まっているのなら、みどりの窓口でも旅行代理店でも、希望の日や乗車する便などを簡単に手配してもらえるのでおすすめです。

旅行代理店だと、宿泊もついたパックや旅行プランなどが選べるので便利です。

宿泊施設を利用する場合は検討してみるといいでしょう。

「みどりの窓口」での購入手順

利用日時と乗降車駅と人数と席の種類(指定席、自由席、グリーン席)を伝えると、最適な便の新幹線を教えてもらえ、空席があれば購入できます。

機械やネットが苦手な人は、有人窓口から購入するのが一番簡単ですが、時期によっては早くから並ばないと購入できない場合もあるので、注意しましょう。

JR券売機での購入手順

主要駅には「指定席券売機」「みどりの券売機」というものが設置してあり、こちらでも新幹線のチケットを購入することができます。

「新幹線指定席」を選択し、新幹線名や乗降車駅、日時、人数を選択すると候補の便が表示、座席選択画面になり座席も選択できます。

続いて、乗車券も購入できますので、新幹線以外の在来線を使用する場合には、そのまま乗車券も購入してしまう方がお得になります。

最後に支払画面になり、お金を入れれば「乗車券」と「特急券」の両方を購入できます。

新幹線のチケット購入はネットでもできる!

先ほども書きましたが、新幹線のチケットはネットでも購入できるんです。

JR各社の公式サイトでWeb登録をする必要がありますが、窓口に行く手間がかからず、簡単に購入することができます。

ネット予約では往復割引は適用されませんが、早期割引がほとんどなので、利用日時が分かり次第予約すれば、往復割引よりもお得にチケットを購入することができます。

割引のポイント!

往復券の場合は帰りの日付の1ヵ月前に購入可能になりますが、往復割引が適用されるのは乗車券のみです。

乗降車する駅の距離が601km以上の場合に乗車券のみ1割引きになります。

東京駅からだと西日本方面の東海道・山陽新幹線の場合は、新神戸駅までは割引が適用されず、西明石駅から往復割引が適用されます。

また、北日本方面の東北・北海道・秋田新幹線の場合は、いわて沼宮内、角館までは割引が適用されず、二戸駅、大曲駅から割引が適用されます。

往復割引を利用する場合は、往復分を同時に購入する必要があります。

また、復路の日時の期限もありますので、帰省などで利用する場合、その期間を過ぎると割引の対象にならないので注意しましょう。

具体的には、片道の距離が基準で、601~800kmで10日、801~1000kmで12日、1001~1200kmで14日、1201~1400kmで16日、1401~1600kmで18日、となりますので、参考にしてください。

新幹線の指定席のチケットは、1回だけ無料で変更することが可能なので、もし日程に変更が出た場合は利用すると良いでしょう。

2回目以上は払い戻しをしてから買い直しになりますが、手数料がかかるので注意しましょう。

指定席の新幹線に乗り遅れてしまった場合、自由席なら同じ日の新幹線なら買い替えなく乗ることができますよ。

割引利用で賢くゲット!

せっかくある割引なので、購入する際には良く調べてフルで利用しましょう!

券売機やネットを利用する方法が良く分からないのであれば、「みどりの窓口」で購入するのが一番ラクだし確実です。

電車の切符類はどういう方法で購入しても同じものなので、安く買えればそれに越したことはないですよね。

お得に購入して、浮いたお金で旅先をもっと楽しんじゃいましょう!

スポンサードリンク